猫カフェを経営するのに必要な免許や資格と許可の取得は?

猫カフェをやりたい!

 

猫が好きだし・・
ずっと猫に囲まれていたい・・
だったらそれを仕事にできれば・・

 

なんて考えてしまう人も多いの
ではないでしょうか?

 

空前の猫ブームと言われる今、
各地に猫カフェも急増中ですね。

 

好き・・が仕事にできたら
それは幸せなことですし。

スポンサーリンク


でも猫カフェは誰でも始める
ことができるの?

必要な資格や免許などはある?

 

そんな疑問を解決していきましょう!

ws000005保護猫カフェとは?殺処分0を目指し保護猫と里親の架橋に!

猫カフェ開業に必要な資格は?

 

これは猫カフェの営業形態にも
よります。

 

猫カフェにも色々とあり、
猫と遊べる、過ごせるスペースを
解放しているだけで、ドリンク
などはペットボトルのものを販売
しているところもあります。

 

このような形態であれば飲食店には
なりませんので、「動物取扱責任者」
の取得と「動物取扱業」の届出で
大丈夫です。

 

しかしカフェとして飲食の提供など
する場合は「食品衛生責任者」の
資格、「飲食店営業許可」の取得も
必要になります。

WS000000

食品衛生責任者と飲食店営業許可

 

食品衛生責任者は、食品衛生協会が
行っている講習を受けるだけでなれます。

講習も一日で終わるのでハードルは低いです。

また、調理師や栄養士といった資格が
あれば問題なくなれます。

 

そして、店舗が完成したあとで
保健所の衛生状況の検査を受け、
消防署への届出など終え、
「飲食店営業許可」を取得します。

 

これらは特別な勉強もいらないため、
比較的容易に資格は取れます。

 

ただし、開業する場所の保健所に
よっては衛生管理の決まりが異なり
厳しいところもあります。

 

猫のいるスペースと飲食のスペース
を完全に分けなければいけなかった
りサービスに関わる事柄まで決まり
ごとがある場合もあるため、事前に
良く確認しておく必要があります。

 

ws000004男性お断りの猫カフェが増加!?その背景にある問題や実情とは!

動物取扱責任者と動物取扱業

 

動物取扱責任者は特別な国家資格
などではなく、ある一定の条件を
満たしていれば大丈夫です。

 

下記の3つの条件のうち1つでも
当てはまればOKなのです。

 

*営もうとする第一種動物取扱業の
種別ごとに半年以上の実務経験があること。

これは猫カフェやペットショップなどで
半年アルバイトでもしていれば大丈夫ですね。



*営もうとする第一種動物取扱業の
種別に係わる知識及び技術について
一年間以上教育する学校法人、その
他の教育機関を卒業していること。

これはペット関連の専門学校に通う
必要がありますね。

 

*公平性及び専門性を持った団体が
行う客観的な試験によって営もうと
する第一種動物取扱業の種別に係わ
る知識及び技術を習得していること
の証明を得ていること。

これは通信教育や民間の機関で資格
を取ることはできますね。

 

こちらの通信教育で動物取扱責任者の
ライセンスが取れます。

無料で資料請求もできますよ↓

たのまな

介護士、飼育管理士、トリマー、看護士、
販売士、ペットシッターなどなどさまざま
な分野に分かれていますが基本的にどれでも
規定の講座を終了し、検定に合格すれば
大丈夫です。

 

以上が猫カフェ開業に当たって必要
な資格になります。

 

その他は、通常の事業開業に係わる
開業届や、スタッフを雇入れる場合
などに関する手続きが必要になります。

スポンサー リンク


生き物を扱う責任

 

猫カフェ開業にはもちろん
最低限必要な資格はいります。
そして当然資金も必要です。

 

さらに猫という生き物を扱うこと
の重大さを考えることが何より
大事なことです。

 

もし事業がうまくいかなかった
からといって閉店!で終われる
ことではないのです。

 

もちろんすべての猫さんをその後
自分で大事に飼育していけるなら
問題ありません。

 

しかし、それが難しい場合は、
その先のことも考えておかなければ
なりません。

 

うまくいくつもりで開業するのは
当然ですが、しかし先は何があるか
分かりません。

 

そのような意味では猫カフェ事業は
他の事業よりも慎重に考え、準備
する必要があるのです。

 

また、猫は当然ながら生き物です。
病気もします。
お金もかかります。
歳もとります。

姿、形が変わらない商品ではないのです。

 

その猫を扱うということは、
誰よりも猫のことを知っていなけ
ればいけません。

 

猫という動物・・
進化から歴史・・本能、生態に
ついてまで詳細に勉強する必要が
あります。

 

まぁこれは猫好きな人にとっては
苦ではないと思いますが。

 

目先の開業に向けてではなく、
数年先、十数年先をしっかりと
見据えてプランを立てていく必要
があります。

 

猫カフェは安易に開業していい
種別の職種ではありません。

 

生き物を扱うという責任と重みを
しっかりと胸に刻み、猫と人が幸せ
に触れ合える空間を目指してくださいね♪

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

2 COMMENTS

かずやー

突然のコメント失礼します。
記事読ませていただきました。

友人が猫カフェ的なものを開きたいと言っているのですが、カフェ的な要素は考えてないみたいです。
猫との触れ合いだけを目的としたものを作りたいみたいです。

友人曰くペットボトルで飲み物を販売する場合は食品取扱責任者の資格はいらないと言っていたのですが、どうなのでしょうか?

もしよろしければ返信ください。

返信する
urumi

かずやー さま

お便りありがとうございます。

仰るとおりです。ペットボトルで飲み物販売は食品取扱責任者の資格は必要ありません。

猫たちと触れ合うのにカフェ的要素はなくてもいいですよね~確かに。

猫たちもお客様も幸せになれるようなお店を目指してほしいと思います。
陰ながら応援していますね!

何か分からないことあればいつでもコメントくださいね。私で分かることであれば助言できると思います。

ネコホスピタル 秋山

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です