猫になりたい!猫の生き方に憧れを抱く人々が急増中!

猫っぽく生きる!

 

近年、空前の猫ブームということ
もあり、猫に対する人々の意識も
高まってきています。

 

それに伴い、猫の不思議な行動や
生態、気ままな生き方、性格などが
クローズアップされ、魅力的な動物
として注目を集めているようです。

 

猫の生き方・・
媚びない・群れない・・

スポンサーリンク


自由気ままに生きているようで
でも実は寂しがり屋・・なんてのも
ありますね^^

 

猫はまっすぐに生きているんです。
正直なんですね。

 

そして過去を振り返ることもなく
後悔することもなく今を生きています。

 

誰に気を使うこともなく、何かを
羨むことも妬むこともなく、自分は
自分というスタンスを貫いている。

 

猫は今現在は人と暮らして、食事を
もらってますがすべてにおいて自立
した動物です。

 

そこがまたカッコイイと思われる
んですかね。

 

そして気分そのままにツンデレ
自由に生きてます。

 

それでいてここまで人間に愛される
動物というのは他にはいないのでは
ないでしょうか。

 

三食昼寝付き、何もしなくていい
ただそばにいてくれるだけでいい!
そう人間に思わせる猫はある意味
哺乳類最強でしょう^^

 

だから猫の飼い主はみんな、自分の
ことを猫の下僕と呼び、そんな生活
を楽しんでいるんですよね。

 

現代のストレス社会

 

そしてそんな猫の姿勢、生き方が
現代人の憧れとなっているようです。

 

猫になりたい。
次は猫に生まれ変わりたい。
などと言う飼い主も多いですが^^;

 

猫のような生き方をしたい!
と愛猫家なら誰しもが考えること
かもしれません。

 

そしてその背景には、現代社会の闇
があるのではないでしょうか。

 

ストレス社会と言われる現代・・
仕事に追われ、時間に追われ、
将来に夢も持てず、人間関係にも
疲れ、精神的にも肉体的にも疲弊
している人々がいかに多いか・・

スポンサー リンク


社畜なんて言葉がネット上で広がり
を見せているのも今の社会を象徴して
いますよね。

 

型にはまった生き方しかできない
日本人は多いですね。
しかし心の中ではみんな自由を
求めているんですよね・・

 

そして、猫の生き方はそんな窮屈
な人間たちの憧れなんですよね。

 

自由気ままで、でもしっかりと
自分を持って生きている猫。

 

過去を振り返ることもなく、
未来を心配することもなく、
今を精一杯生きる猫

 

ありのままの姿で、人間に
媚びへつらうこともせず、
自分の生き方は自分で決める猫

 

そんな生き方をしたいと思う人間
が多いのも当然でしょう。

WS000004

 

猫のように生きるということ

 

猫みたいになりたい!
ただ、これを逃げ道にしては
いけないですよね。

 

猫になりたいと言ってる人の
中には、ただ面倒くさいことを
したくない・人付き合いが煩わしい
など単に嫌なことから逃げようと
する考えの人もいます。

 

しかし、これはただ単に現実逃避
であり、それに猫の生き方を照ら
し合わせるのは猫にとって失礼です。

 

猫はグータラではありません。

 

猫の生き方は、祖先に遡っても
生きていくために培われた野生の
本能です。

 

猫は群れを作らず単独で狩りを
して生きてきた動物です。
猫の魅力的な体もそのパーツも
すべて優秀なハンターのそれです。

 

猫は群れないかわりに自分の行動
すべてを自分で判断し1匹で生きてきたのです。

 

野生の世界では、一瞬の判断ミスが
自分の身を危険にさらすことになります。

 

また狩りに失敗すれば何日も食事に
ありつけないこともあります。

 

病気になっても誰も面倒みてくれる
わけでもありません。
自分で体を休め回復を待つのです。

 

その生きていくための判断すべてを
猫は自分で決め、迷うことなく行動し
まっすぐに生きてきたのです。

 

猫は自分のことはすべて自分で
やります。

 

誰に頼るわけでもなく、誰のせいに
するわけでもなく、猫は自分の
すべてを自分の責任で行動しています。
まさに自立しているのです。
自分を信じているんですね。
そして自分に正直に生きている。

WS000004

猫になりたい。
猫のように生きたい。

 

つまりこの大前提として人間は、
己を信じる。
己に自信を持つ。
己に責任を持つ。

ということではないでしょうか。

 

これがクリアできれば、きっと猫に
近づける!

自由気ままに真っ直ぐに生きていく
ことができるのではないでしょうか!

 

こう考えると
「猫のように生きたい」ではなく
「猫のように強くなりたい!」
なのかもしれませんね。^^

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です