猫の目の瞬膜が突出している!考えられる原因や病気は?

猫の瞬膜が出るのは異常?

 

猫は病気などにより、目に異常が
出ることが多くあります。

瞬膜の突出もその中の一つの症状
です。

 

通常、健康な猫の場合は瞬膜は
目頭の所で見え隠れする程度
目立つものではありません。

 

それが多少の差はあっても
明らかに露出している場合
何らかの異常と考えられます。

スポンサーリンク


瞬膜とは?

 

瞬膜は第三眼瞼(第三のまぶた)
と呼ばれ、まぶたの内側にある
白い膜です。

WS000001
出展:http://www.geihinkan-amc.jp/

まぶたと同じような役割があり、
まぶたを閉じるときに瞬膜が出て
眼球を覆い保護しています。

 

良く「白目になっている」
なんて言われるときに見えて
いるものが瞬膜ですね。

 

目を覚ましたばかりのときや
寝ようとして目を細めている
ときなどには瞬膜は見られます。

 

通常、瞬膜は白っぽい色ですが
炎症を起こしているときには
ピンク~赤っぽく腫脹して
ボッコリと突出します。

この状態は「チェリーアイ」と
呼ばれます。

WS000003
出展:http://www.suzuki-animal.jp/

 

瞬膜が突出する原因は?

 

瞬膜の露出で多いのは瞬膜の炎症
よるものです。
原因は、ウイルス疾患などからくる
結膜炎やケガによる炎症などが挙げられます。

猫の結膜炎は治りにくい?原因や症状と治療やかかる費用など!

 

また何らかの慢性疾患や栄養不良
による体全体の体調不良に関わって
瞬膜の露出が見られる場合もあります。

 

また、ストレスなどが原因になる
こともあり、さまざまな要因が
関わってきます。

 

片側の目の瞬膜だけが露出して
いる場合は異物混入やケガなど
の原因が多いです。

 

両側の目の瞬膜が露出している
場合は体全体の不調や先天性
ものなどが考えられます。

スポンサー リンク


症状は?

 

猫の場合は目の違和感や痛みなど
があると自分で引っ掻いてしまう
ため、炎症がひどくなったり傷付け
てしまったり悪化することが多いです。

 

瞬膜が露出する前には、目ヤニ
などが多くなったり、目を気に
する素振りが見られることもあります。

 

また、片目だけの場合は異物ケガ
などの刺激によるものが多いため、
しきりに前足で目をこすったりする
ようになります。

猫のまぶたが赤く腫れる!眼瞼炎の原因や症状と治療について!

 

治療は?

 

瞬膜が露出する原因を見つけて
治療します。

 

通常は瞬膜の炎症を抑える点眼薬
原因になっている病気の治療
すればほとんど治ります。

 

しかし、露出部分があまりにも多い
場合や、露出している状態が慢性化
している場合などは、治療に時間が
かかることもあります。

 

また、治療をしても完全に元通りに
治らないような場合もあり、その時
には状態に応じて外科的に処置する
場合もあります。

 

これは瞬膜を切除する方法と
瞬膜が出てこないようにまぶたの
裏側に縫い付けてしまう方法があります。

WS000005

 

予防法は?

 

猫は目の症状が出る病気が非常に
多いです。

 

少しの異常でも発見したら早めに
診察を受けて治療することが大事です。

 

最初は大した症状ではなくても
猫は自分で症状をひどくしてしまいます。

 

そのため、しっかりと猫の状態
を観察しておくことも大事です。

 

目の症状は飼い主さんも比較的
容易に気付くことができますので
早期治療が可能な病気です。

 

目の症状以外に他に何かおかしい
ところはないかを良くチェックして
早めの受診を心がけましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です