猫のニュース・エンタメ

ペットビジネスの闇!猫ブームの裏側の悪質ブリーダーの実態!

猫ブームが抱える闇とは?

 

空前の猫ブームですね!
ブームと言うことは猫が大人気で
猫の需要が高まっているということです。

 

そして、華やかな猫ブームの裏で
悪質な繁殖行為が行われていると
いうこともあります。
これは裏の部分なのでご存知ない方
が多いのかもしれません。

スポンサードリンク


90年代後半から続くペットブーム。
その当時は犬がブームでした。

 

そして犬のブームはここ数年で
急速に落ち込み、今は猫ブームの
時代に突入しました。

 

猫は犬より飼いやすい、散歩も
必要ない。

飼育も楽で長いお留守番も平気。
犬よりはお金もかからない。
などと良いことばかりがメディアで
取り上げられ、またたく間に全国で
空前の猫ブームです。

 

そしてその勢いは犬ブームを軽く
超えていると言えます。

 

全国各地で猫まつりやイベントなど
が行われ、猫関連のグッズや書籍、
特集番組、映画にCMなどなど猫を
見ない日はありませんね。

 

猫女将の温泉旅館や看板猫、猫駅長
など猫目当ての利用客の増加により
地域活性につながっていることも
多いです。

WS000000

ペットショップの子猫の状況

 

そして猫を飼い始める方も増えて
きたのでしょう。
ペットショップでも子猫の扱いが
多くなりました。

 

以前はペットショップで販売される
子犬、子猫の割合は8:2ほどでした。
しかし今は5:5ほどになっています。

 

このまま猫ブームが続けばこの割合
はまたさらに猫が多くなることにも
なるでしょう。

 

そして子猫の価格が高騰しています。
軽く2~3倍には跳ね上がっている
ようですね。

 

ペットショップで売られる子猫は
いわゆる血統書付きの純血種
言われる猫たちです。

 

そしてこの純血種の猫を作り出し
ているのはブリーダーと言われる
繁殖者です。

WS000004

スポンサードリンク


猫のブリーダーの実情

 

猫のブリーダーには大きくわけて
2種類のタイプが存在します。

 

自分の繁殖した猫に絶対的な自信と
プライドを持っているブリーダー。

猫を商売道具としてただ繁殖させて
儲けることしか考えてないブリーダー。

 

まず前者ですが多くの猫ブリーダー
は始めは1種類ほどの猫のブリード
(繁殖)から始めます。

 

これは自分が好きな種類の猫で
あったり、魅力的だな・・
こんな猫を増やしてみんなに知って
もらいたいな・・などという思い
から始めることが多いです。

 

よりスタンダードに近い猫を目指し
さらに良い猫を作る、人になじみ
やすい猫を・・と繁殖を行うわけです。

 

本来は、これがブリーダーと呼ばれ
るものの基本です。
このようなブリーダーはプライドを
持って、繁殖をしてらっしゃいます。

 

そしてそのようなブリーダーは、
当たり前ですがその猫について
しっかりと勉強して知識を持って
らっしゃいますね。

 

また、むやみやたらに猫の頭数を
増やすこともしませんし、繁殖する
猫の種類も少ないことが多いです。

 

ただし、最初は猫愛とプライドを
持って始めたはずのブリーダーも
いつのまにか商売(儲けること)に
走ってしまっている方も多く
いらっしゃるのが現状ですが。

 

そしてもう一つのタイプの
ブリーダーですが、これが厄介な
悪質ブリーダーと呼ばれる輩です。

WS000001

悪質ブリーダーの実態

 

純血種の猫の繁殖には知識が必要です。

 

かけ合わせ(交配)によっては、重大
な遺伝性疾患を持った子猫が生まれ
てくる可能性が高くなるためです。

 

純血種の猫の多くはもとは突然変異
によって生まれてきたものです。
いわゆる奇形です。

 

そして、その特徴を持った猫を種と
して作り上げるために近親交配
繰り返し、長い期間を経て完成した
ものが純血種です。

 

そのため、先天性の遺伝疾患が出や
すいというリスクも併せ持っているのです。

 

そしてこのような遺伝性疾患の多く
子猫の時には分からず、成長過程
において発症することが多いのです。

 

しかしこれは、♂♀のかけ合わせや
祖先の系列などを分かった上で考え
きちんとした交配をすることにより
リスクは最小限に抑えることができます。

 

実際なんの問題もなく元気に長生き
している純血の猫さんのほうが多い
です。

 

しかし、一部の悪質ブリーダー達は
なんの知識もなくただ同じ猫種同士
を交配させ子猫を生ませ片っ端から
売り飛ばすのです。

 

ですから、病気を持っている可能性
の高い純血種の猫がペットショップ
などでも普通に販売されることに
なります。

 

ペットショップ側も仕入れる時点
ではそのような状況は分からない
ですから。

 

もし、そのような病気があった場合
大変な思いをするのは飼い主さんと
その猫さんです。

 

そしてこのようなブリーダーは猫を
子供を産ませる道具としか思って
おらず、その管理もずさんで病気も
放置です。

 

売れると分かった流行りの猫種を
どんどん売るためさまざまな猫種を
増やし、乱雑な繁殖を繰り返します。

 

そして、過酷な状況下で何度も何度
も子供を産ませられ、繁殖能力が
なくなった猫に用はないのです。

 

その後は「引き取り屋」で劣悪な
環境で一生飼い殺しにされるか、
ひどい場合は山などに捨てにいく
悪質ブリーダーもいます。

 

また、このような環境下で生まれた
子猫は当然ですが健康状態も悪く、
育ちも悪く感染症にかかって生後
まもなく亡くなってしまうことも多いです。

 

ペットショップのショーケースで
見るからにガリガリで健康状態の
悪そうな子猫を見かけることがあ
りますがそのような子猫は大体が
このようなブリーダー出身の猫さんですね。

 

また、ここまで悪質なブリーダーで
はなくても、さまざまな種類の猫を
多頭飼育し繁殖をしているところは
管理が非常に悪いことろが多いです。

 

結局、手がまわらないわけです。
そして商売に走ってしまうと、
猫一頭一頭にお金をかけたくない
のです。

 

ですから病気になっても満足に
治療もせず、病気が蔓延している
状態のところも多くあります。

 

そしてこのようなブリーダーは
もうその状態に慣れてしまっている
ため、それが良くないことなのだと
いう意識が非常に薄いのが特徴です。

WS000000

生き物で金儲けはムリ!?

 

そもそも、犬もそうですが猫を
繁殖させて売って金儲けができる
という考えが甘いのです。

 

猫は病気もするし、当然食事や猫砂
など日常的にお金もかかります。

 

また繁殖能力がなくなってからも
長く生きます。

 

歳をとれば病気も増えます。
定期的な健診も必要です。

 

そんな猫を多く抱えていたら、
当然お金はかかるわけです。

 

ですから、子猫を産ませて売れて
儲かったとしてもそれは一時的な
ものであり、生涯的に見れば儲け
にはならないのです。

 

もちろんこれは、最期までその
猫さんの面倒を見ればの話ですが。

 

だから、多くの繁殖猫を抱え
その猫たちがみんな高齢になった
ブリーダーたちはアップアップの
状態になるのです。

 

そしてその費用を稼ぐためにまた
若い猫を増やし子猫を産ませてお金
を稼ごうとする・・

 

どんどん猫は増えていく。

 

まさにとんでもない悪循環ですね。
そして行き着くところは飼育放棄
であったり引き取り屋でしょう。

 

そもそも生き物で稼ごうとすると
動物への愛情はなくなってきます。

 

ブリーダーというのは、誰よりも
強い愛情を持ってその動物と接して
いかなければなりません。

 

そして子猫を売っていくらという
お金の勘定はなしにして、すべて
自分たちが飼育していけるお金の
余裕がある人でないと始めるべき
ではありません。

 

もちろん生まれた子猫を売るのは
いいですが、そのお金に頼らない
で飼育していけるだけの財力がある
かということですね。

 

そうでなければ、相当苦労します。

そして最終的には上に挙げたよう
な状況に陥り、猫への愛情もなく
なり、動物がモノに見えてくる
ようになるのです。

 

悲しいことですね。
そしてそんな状況下で生まれて
くる猫さんがいることも悲しい
ことです。

WS000003

空前の猫ブームの裏ではこんな
現実があるのです。

 

猫ブームが続くかぎりこのような
状況は続くでしょう。

 

そして一番怖いのは猫ブームが
終わり、猫の需要がなくなった
ときに繁殖猫たちはどうなってしまうのか・・

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. ねこ寺で有名な御誕生寺の猫たちが写真エッセイ集に!
  2. 英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!
  3. 猫のカンパチ船長の年齢や種類,性別は?船の守り神として活躍!
  4. 多治見警察署の猫のお巡りさん達のお仕事とは?名前や年齢は?
  5. 資格取り消しの猫カフェ「ねこのて」がさらなる暴挙へ!
  6. 札幌に保護猫カフェ「猫サン カフェ」OPEN!NPO法人侍にゃぱ…
  7. 猫の日にいかが?可愛い猫モチーフのドーナツやスイーツ10選!
  8. 家族だから~ペットの忌引き休暇制度導入!アイペット損保!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP