猫のニュース・エンタメ

猫の島!男木島の猫が増えすぎにより全ての猫に不妊手術を決行!

 

猫の楽園の猫が増殖!?

 

猫の島は日本全国に存在し、
さまざまな違いはあれど、
猫好きにとっては猫の聖地・楽園
とも言われ、盛り上がりを見せています。

 

TVでも放送されたり、海外の
メディアでも紹介されたりもあり、
その知名度と人気は近年特に急上昇しています。

 

スポンサーリンク


 

特に有名なのは、愛媛の青島
や宮城の田代島などですが
その他にもたくさんあります。

 

島に住む島民の数よりも猫の方
が多い島もあります。

 

青島などは島民16人に対して
猫は100匹以上とされていますし、
田代島でも島民の数と猫の数が
ほぼ同じだということです。

 

猫がいっぱいであらゆるところに
ネコ・ネコ・ネコの環境なんて、
ネコ好きにとってはまさに
パラダイスだと思ってしまいますよね♪

 

しかし、その島の住民の方たちは
さまざまな問題にも直面しているのです。

 

そして今回、島の猫の増えすぎに
よって様々な弊害がもたらされ、
島の猫すべてに不妊手術をすること
になったのが
香川県の男木島(おぎしま)です。

WS000000
出展:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

猫の島の現状

 

今現在日本には猫の島と呼ばれる島
が20ヶ所近くあります。

 

そしてその島によって事情は変わる
のですが、猫目当ての観光客に
よって島の住民の生活の妨げに
なったりすることもあるようです。

 

元々が観光名所としての場所で
あれば、多く観光客が訪れること
により、利益をもたらしますが、
そうでない島の場合は穏やかな
暮らしが脅かされることにもつながるのでしょう。

 

これには猫目当てに訪れる
観光客のモラルの問題も指摘されています。

 

猫を追いかけて、島民の住居の
敷地に無断で
入ったり、ゴミを
持ち帰らず捨てていったり
などと
いうこともあるようです。

 

これには各島ごとにルールを
決めて観光客に注意を促している
ため少しは改善されてきているようですが。

 

そして、たくさんの猫の食事
などについてもなかなか大変な
ものがあるようですね。

 

これも島によって変わってくる
のですが基本的には観光客に勝手
にエサを与えないようにとされて
いるところが多いです。

 

与える場合には決められた場所で、
その他キャットフードの差し入れ
という感じで決められたボックス
に袋ごと入れておいて島の住民の
方が決まった時間にそこから猫たち
にエサを与えるなどがあります。

 

しかし、なかなかそういった
ルールも守られないことも多いようですね。

 

スポンサー リンク


 

また、猫は当然ですが勝手に繁殖します。

つまりどんどん猫の頭数が増えて
いくということですよね。

 

それでなくても島民の数が少ない中
猫が増えすぎてしまっては、需要
と供給のバランスも保てなくなります。

 

島の猫たちは、なんとなく住民たち
がエサを与えたりの世話はして
いますが、基本的には野良猫です。

 

エサが足りずにお腹がすけば、
エサを求めてゴミを漁ったりもします。

 

また、頭数が多ければその分糞尿
の量も多くなります。

 

衛生面やその他、島民の穏やかな
暮らしが脅かされるような状態
になってくることもあるということです。

 

もちろんそのようなことはなく、
いい感じに猫との共生ができている
島もあるのですが。

 

youtube  baltJ

男木島の場合

 

男木島は瀬戸内海に浮かぶ
人口約180人の過疎の島です。
そして猫の数は200匹以上です。

 

観光にも適した島ですが、
約3年前に有名な写真家が著書で
紹介してから、猫目当てで訪れる
観光客が増加した島です。

 

猫は数十年前から徐々に増え始め、
観光客らが
エサを与えることに
よりさらに繁殖がすすみ、
さらに
増加、猫によるさまざまな被害が
増え
始めたようです。

 

農作物の食い荒らしや、漁綱を
破るといった被害が相次ぎ、
それとともに糞尿被害など苦情が
相次いでいたということです。

 

さらに島の猫たちも健康状態も
良くない子が目立ち、やはり頭数
が増えすぎたことによる弊害が
起きているようです。

 

このような現状から、地元の男木
地区コミュニティ協議会が猫たち
の手術を決めたということです。

 

資金は猫の不妊手術を担う
公益財団法人の「動物基金」が
援助。

 

不妊手術とともに、健康診断や
ノミ・ダニの駆除なども行う予定
で、6月1日より3人の獣医師が島
に入り活動を行っていくようです。

これもすべて島に住む猫と人のためですね。

猫と共存してきた島だからこそ
の猫を守るための大きな決断だったと思います。

 

この協議会の会長は、
猫に罪はなく、増やした人間に
責任がある。
これ以上増やせないが
今いる猫の命と健康
を守りたい
と仰っているそうです。

 

温かい言葉ですね。
きっと猫好きな会長さんなのでしょう。

 

無事に不妊手術を終えて、
猫さんたちと島民の方々が健康で
幸せに暮らせるようになるといいですね。

WS000004猫の島!全頭に不妊手術の実施が行われた男木島のその後は?

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 地域猫って?その活動と問題点や今後の課題について考える!
  2. 保護猫カフェとは?殺処分0を目指し保護猫と里親の架橋に!
  3. 茨城も立ち上がった!犬猫の殺処分ゼロに向け条例案を提出!
  4. 殺処分、不幸な猫を増やさない!和歌山でプロジェクト始動!
  5. ハリケーンの中救助された子猫!靴下のセーターを着てご満悦!
  6. 神戸ふるさと納税で猫グッズがもらえるにゃっ!寄付額や商品は?
  7. 福島の芦ノ牧温泉駅で活躍するモフモフ猫駅長らぶが大人気!
  8. 保護猫活動に大阪市獣医師会が取り組み!子猫リレー事業!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP