猫の嘔吐と食欲不振!原因や考えられる病気と受診のススメ!

猫の吐き気と不調について

 

猫はさまざまな理由がありますが
基本的にはよく吐く動物です。

 

体調が悪いときはもちろん、
体調を整えるためや健康を維持
するためにも吐くことがあります。

 

つまり、病気でも吐くし、
健康な猫でも吐くことはある
ということです。

スポンサーリンク


もちろん個体差があるため、
まったく(ほとんど)吐かない
猫さんもいますが。

 

健康な猫が吐く場合

 

猫の問題のない吐き気として
多く挙げられるものとしては
以下の状態があります。

WS000001

*胃の中に溜まった毛玉を吐き出すため

猫さんは自分で体を舐めて
毛づくろいをするために、
自分の毛を飲み込んでしまいます。

 

その毛が便と一緒に排泄される
子もいますがそのまま胃の中に
溜まっていく子もいます。

 

そのような場合には定期的に
その毛玉を吐き出すことで猫さん
は自分の体調維持をしているのです。

 

この毛玉を吐き出させるために
あえて「猫草」などを与える場合
もありますね。

 

ただし、あまりに毛玉が溜まり
すぎて毛球症になってしまうと
吐き出そうとしても吐き出せなく
なり、頻繁な嘔吐や食欲不振
起こすこともあります。

 

*一気に食べ過ぎたとき

猫さんは自分で食べ過ぎたな
と感じたときに吐き出すことがあります。

 

これは食事の直後に見られる現象です。

もちろん食べたフードは未消化の
まま吐き出されます。

 

そして多くはその後また何事も
なかったかのようにご飯を催促
したり、残りを食べたりします。

 

これも猫の正常な生体反応です。

 

*空腹時に胃液や胆汁を吐く

これは特に朝方の食事前などに
多く見られますが、胃が空っぽで
胃液や胆汁が逆流してくることに
よって嘔吐をするものです。

 

この場合もその後何事もなかった
かのように普通に食事をとること
がほとんどです。

 

 

以上のように、問題のない吐き気
の場合は
他に何も症状が出ていない
状態で、食欲や
元気もフツーにある
場合の一過性の嘔吐
です。

スポンサー リンク


嘔吐&食欲不振が見られる場合

 

状況にもよりますが猫は本来、
食欲にムラがある動物です。

 

自分の体が要求している以上の
ものを食べることは基本的にありません。

 

その時の体の状態などから自分
の食事の量を自分で調節しているのです。

 

これは、猫の本能とも言うべき
野性時代の生態によるものなので
心配はありません。

 

ただし、この食欲不振(ムラ?)
の状態に嘔吐も重なってくる場合
には注意が必要です。

 

嘔吐&食欲不振が同時に見られる
場合は、吐き気の回数や、
どのくらいの期間食事を食べない
かにもよっても変わってきます。

 

また、その他になにか症状が
出ていないかしっかりと注意
して観察する必要があります。

 

*1日3回以上の吐き気+1日以上食事を食べない

この場合、1日経っても症状が
続いている場合は受診しましょう。

 

*1日1~3回程度の吐き気+食事を少量

(まったく食べないわけではないが食欲減退)

この場合は2~3日経っても症状
が改善しない場合は受診しましょう。

 

*繰り返す吐き気+食事を食べない
(嘔吐物に異物、異臭、血が混じるなど)

この場合は早急に病院に連れて行きましょう。

 

その他、毎日頻繁に吐くわけでは
ないが、週に2回以上の吐き気や
食欲不振(食事量減退)
の状態が
断続的に続く場合
も、あまり長く
様子を見ずに病院に連れて行き
検査を受けましょう。

 

*上記に挙げた内容はあくまでも
目安としてです。

その他、何らかの気になる症状が
ある場合などは早めに受診すること
をオススメします。

 

 

考えられる病気

 

猫の嘔吐&食欲不振で考えられる
病気は非常にたくさんのものが
ありますが、一般的に猫に多く
見られる代表的なものを挙げておきます。

 

<ネコ汎白血球減少症(パルボウイルス>

混合ワクチンを接種していれば
心配ありません

猫のパルボウイルス感染症の原因や症状,治療にかかる費用は?

 

<慢性腎不全>

主に5~6歳以上の中齢~高齢猫
に多く見られます。
多飲多尿・食欲不振・体重減少など

猫の慢性腎不全!初期に分かりやすい症状や治療法は?

 

<糖尿病>

主に5~6歳以上の中齢~高齢猫
に多く見られます。
多飲多尿・食欲不振・体重減少・黄疸など

猫の糖尿病(1)費用が心配!治療や治療費と原因や症状は?

 

<猫の便秘>

便が2日以上出ない、食欲不振、
トイレで長くキバる、声を上げて鳴くなど

猫の便秘の原因は?解消法や便秘にいいフードや薬は?

 

<尿毒症(尿石症による尿道閉塞・急性腎不全)>

食欲不振、血尿、尿が出ない、
何度もトイレに行く、キバるなど

猫の尿石症・尿毒症は命にかかわる?原因や治療は?(前編)

 

<寄生虫(回虫、条虫など)>

下痢、食欲不振、ノミの寄生など

猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!

 

<甲状腺機能亢進症>

食欲旺盛なのに痩せてくる、
多飲多尿など。
症状が進行してくると食欲不振、
元気消失など。

猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療と治療費は?

 

<猫の毛球症>

特に長毛種の猫に多く見られ、
悪化すると胃腸炎を起こすことも。

猫の毛球症・毛玉(ヘアボール)の原因や症状と予防法は?

 

<猫の中毒症>

中毒物質によって症状は
変わりますが下痢やよだれ、
けいれんなどが見られることも。

猫が中毒になる食べ物と植物や花(菊やユリ)の種類や症状は?

 

猫の嘔吐&食欲不振が見られる
場合は、状態をよく観察して、
早めに病院に連れていくようにしましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です