猫の病気で空気感染するのは?その予防法や気をつけること!

猫の病気の感染経路

 

猫の病気には、さまざまなものがあります。

他の猫や動物から感染する病気
としては、ウイルス細菌
真菌外部寄生虫腸内寄生虫
などがあります。

 

感染経路も、色々あります。

・接触感染(猫同士の接触)

・経口感染(食器や、グルーミングなど)

・胎盤感染(母猫から妊娠中に子猫に感染)

・血液感染(ケンカなどによる咬傷など)

・空気感染・飛沫感染(咳やくしゃみなどで飛散)

スポンサーリンク


<空気感染(飛沫感染)する病気>

 

猫の病気で空気感染するものと
しては、ウイルスや細菌による
疾患が挙げられます。

 

主なものは、いわゆるネコ風邪
と呼ばれる

・猫のウイルス性鼻気管炎

・猫のカリシウイルス感染症

・猫のクラミジア感染症

などです。

 

<猫のカリシウイルス感染症>

猫の鼻水やくしゃみ、目ヤニ
などの症状
は多くがカリシウイルス
感染症
によるものです。

ウイルス性鼻気管炎と同様、
インフルエンザのような部類に入る病気です。

 

<猫のウイルス性鼻気管炎>

猫風邪と言われる、猫の代表的な
ウイルス疾患
の一つが、ウイルス性鼻気管炎です。

ヘルペスウイルスの感染によって発症します。

猫では非常に多い病気で、この病気
にかかったことがない猫はいない
のでは?と言えるくらいの感染率です。

風邪という言われ方をしますが
ウイルス疾患なので、人で言うと
インフルエンザのような部類に入ります。

 

<猫のクラミジア感染症>

クラミジアは細菌とウイルスの
中間に位置する
病原体で、
人畜共通の感染症の一つです。

一度感染をしてしまうと病原体
は全身に存在するので、分泌液
便中にもクラミジアを排出して
しまいます。

スポンサー リンク


<感染予防と注意すること>

 

上記に挙げた病気は、
非常に感染力が強くほとんどの
猫が一度はかかっている
と言われる病気です。

 

特に、多頭飼育の猫さんなど
の場合は、一匹がくしゃみをする
と一発でその部屋にいる他の

猫さん全部に感染するとも言われています。

 

そして、一度体内に入った
ウイルスは、症状が
治っても
そのまま残り続けます。

 

そのため、なんらかの原因で
体力が落ちたり、免疫力が弱く
なったときなどに症状が発症する
ことがあります。

 

また、しっかりと治療を
行わなかった場合などは慢性化して
常に鼻水やくしゃみ、涙目などの
症状がある子もいます。

 

多頭飼育などで、これらの症状が
顕著に出ている場合は、隔離(部屋
を分ける)
しておくのが安心です。
また、新規に猫を迎え入れるときなども同様です。

 

外猫のほとんど(99%)は、
これらのウイルスを
持っています。

 

<ワクチン接種で予防する>

 

これらの病気には予防注射があります。

もちろん体内に入ったウイルスを消滅させる
ことはできません。

 

しかし、予防注射を定期的に接種
していくことで、そのウイルスに
対して免疫をつけ、症状を抑える
(症状を出にくく)ことができます。

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

 

実際、毎年一度の予防注射を
打ち続けていくと
他の疾患がない
限り、猫カゼの症状が出ることは

ほとんどないです。

 

また、症状が出たとしても軽い
もので、治療せずとも早期に治る
ことが多いです。

 

猫の病気は、治療よりも予防が大事です!

予防できる病気はしっかりと予防をしましょう!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です