猫の病気

猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!

人畜共通感染症(ズーノーシス)とは?

 

猫に限らず、動物から人間に感染
する
、または感染すると思われる
疾患
のことを「ズーノーシス」
(人畜共通感染症)と言う呼び方をします。

 

このズーノーシスは別名
「ペット感染症」と言われ、
ペットの飼育頭数の増加や多様化
に伴い日本でも注目を集めてきています。

スポンサーリンク


感染の方法はいろいろで、
病気を持っている動物に噛まれる
ことによって感染するものもあれば
空気感染するものもあります。

 

また、感染元となる動物は症状が
出てないのに、人間に感染すると
重大な症状を引き起こす
ものもあり
病気によってさまざまです。

 

例えば犬で有名な代表的な
ズーノーシスに「狂犬病」がありますね。

 

日本ではもう何十年も発症は
ありませんが、海外では今でも
人間への感染が多く見られる地域

もあります。

 

また、「鳥インフルエンザ」など
もそうです。
実は、このズーノーシスは意外に
たくさんの種類があるのです。

 

猫から感染する病気は!?

 

猫から感染するズーノーシスも
さまざまなものがありますが、
主に挙げられるのは、

 

<猫のトキソプラズマ症>

 

猫からの感染として有名な病気です。

トキソプラズマという寄生虫(原虫)
が感染する病気で、妊婦に感染すると
胎児に影響を与える
ということで
心配される病気です。

 

また、人間の脳にも影響を及ぼして
いると言うことで近年注目されてきています。

 

トキソプラズマに感染した動物の肉
(豚肉や鶏肉)
を生で食べたり、
感染した猫の便から排泄された

トキソプラズマのオーシスト
(卵のようなもの)が
口から入ることで感染します。

猫のトキソプラズマの検査と費用や原因と症状、治療は?

スポンサーリンク


 

<猫の腸内寄生虫>

 

猫のおなかに寄生する虫の卵は、
猫の体(口や肛門のまわりなど)に
付着しています。

 

そのため猫さんと濃厚なスキン
シップを行い、手を洗わずにいれば
偶発的に手指に付着した虫卵を
飲み込んでしまうことで、人にも
感染する
ことがあります。

回虫や鉤虫、条虫などが挙げられます。

猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!

 

<猫の外部寄生虫>

 

猫の皮膚に寄生するもので
主なものはノミ・マダニ・シラミ・
疥癬(かいせん)・耳ダニ

などが挙げられます。

 

これらの寄生虫は、
人間も刺されたりと影響が出る
ことはありますが、人間の皮膚
では繁殖できないため長期に渡って
寄生することはありません。

猫のノミ,ダニ,シラミなど皮膚に付く寄生虫の画像や症状!

 

<猫の真菌症(白癬・カビ)>

 

皮膚糸状菌症は、真菌症・白癬・
猫カビ
などとも呼ばれ、
治りにくい猫の皮膚病の一つとして挙げられます。

 

その名のとおり皮膚糸状菌という
真菌に
感染することにより、
皮膚にさまざまな病変を伴う病気です。

 

人間にも感染する可能性があります。

肌の弱い人や、抵抗力の弱い子供や
高齢の方
などは注意が必要です。

猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?

 

<猫のクラミジア感染症>

 

クラミジアは細菌とウイルスの中間に
位置する
病原体で、人畜共通の感染症の一つです。

 

一度感染をしてしまうと病原体は
全身に存在するので、分泌液便中
にもクラミジアを排出してしまいます。

猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?

 

<猫ひっかき病>

 

バルトネラと呼ばれる細菌により
人間に風邪に似た症状を及ぼす感染症
です。

 

名前のとおり、猫に引っかかれたり
噛まれたりした後(約2週間後)に、
リンパ節が腫れる症状が見られ、
頭痛や発熱などの症状
が現れます。

猫ひっかき病の予防はノミの駆除が効果的!原因や症状と治療!

 

<パスツレラ症>

 

パスツレラと呼ばれる細菌が猫に
噛まれたときに感染する病気で、
噛まれた傷がひどく化膿する症状が見られます。

 

<Q熱>

 

リケッチアと呼ばれる細菌の
仲間
に感染することにより
邪のような症状
が見られます。

マダニなどが媒介する病気です。

スポンサーリンク


上記のような人畜共通感染症は、
基本的に飼い猫の健康管理を
しっかりとしていればほとんどが
防げる病気です。

 

予防できるものはしっかりと予防!
(予防接種や駆虫など)

室内飼育を徹底する!

 

また、トキソプラズマなどは、
抗体検査をしておいて、その後に
感染しないよう飼育を
気をつければ防げます。

 

猫も人間も言ってしまえば、
同じ哺乳類の動物です。
同じように移る病気があっても当然です。

 

これは人間同士でも言えることですよね。

 

ですから、猫から感染する可能性の
ある病気
のことをちゃんと知って、
予防できるものはしっかり予防して、
私たち人間が気をつけていくことで、
なんの問題もなく、楽しく生活して
いくことはまったく難しいことではありません。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の脂肪肝(肝リピドーシス)の症状や治療は?肥満猫は要注意!
  2. 腎不全の猫のケアや看病!少しでも楽に長生きさせたいから!
  3. 猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?
  4. 子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!
  5. 猫の妊娠と出産の流れ!兆候や陣痛,異常時の介助,事前準備など!
  6. 猫の発情期!頻尿や粗相の原因や対処法は?血尿になる?
  7. 猫の腎不全の症状!末期に見られる痙攣(けいれん)の原因は?
  8. 子猫を保護したら?授乳や排泄など育て方~成長するまで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP