猫が食べるのに痩せる!可能性のある病気とその見分け方!

猫が痩せてきた?

 

猫は、何らかの病気があったり、
老齢によって食欲が落ちて
きたりすると痩せてきます。

 

食欲がなくて食べてないため
痩せてくるのはある意味当然の結果ですよね。

 

しかし、これにもまた食欲が
なくなる原因である
何らかの
病気がある
ということです。

スポンサーリンク


また、食欲があって、ガツガツ
食べているのに痩せてくると
いう状態になることもあります。

 

食欲は健康のバロメーターなので
つい安心してしまいがちですが、
食べているのに痩せてくると
いうのも、何らかの病気の症状です。

 

食欲があるのに痩せる!?

 

この場合は、
食欲があるから大丈夫ね・・
もう歳だから痩せてきてるのね・・
なんて思ってしまう飼い主さん
が非常に多いのです。

 

そのため、病気だとは思わずに
そのまま放置
されてしまい、
かなり進行してから病気が発見
されることも少なくありません。

 

もともと猫は、その野生の習性
から、病気や体の不調があって
もそれを隠そうとします。

猫が病気を隠すのはなぜ?野生の名残りからくるその理由とは!

 

ですから、何らかの異常に
気付いて病気が分かったとき
には、もうすでに進行して
悪化していることが非常に多いのです。

 

これが、食欲もあって・・
の状態であればなおさら発見が
遅れるのもしょうがないとも
言えますが。。

 

食欲が増す病気もあるのだと
いうことを覚えておいてくださいね。

 

食べているのに痩せてくる病気は?

 

猫さんが食欲もあり、ちゃんと
食べているのに痩せてくる・・
状態で考えられる病気としては
以下のものが挙げられます。

スポンサー リンク


<猫の糖尿病>

糖尿病は、インスリンの分泌量
低下や
遺伝的要因など
で、
インスリンを十分に作れなくなり、
その結果、血糖値が異常にあがる病気です。

中年~高齢期の肥満傾向のある猫
が発症
しやすい特徴があります。

糖尿病も状態によって、症状も
色々ですが、主に見られるのは
多飲多尿で、病気がだんだん
進行していくと食欲不振も見られます。

 

<猫の甲状腺機能亢進症>

猫の甲状腺機能亢進症は
甲状腺ホルモンの過剰分泌
よって起こる病気
です。

特に10歳以上をすぎた猫に起こる
ことが多いです。

原因としては、甲状腺の過形成、
甲状腺の腫瘍
などが挙げられます。

特徴的な症状として、食欲増進
落ち着きがなくなる(逆に元気に
なったように見える)があります。

また、多飲多尿も見られます。

 

<腸内寄生虫症>

猫の腸内に寄生するもので主なものは、

*猫回虫(ねこかいちゅう)

*猫鉤虫(ねここうちゅう)

*瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)

*マンソン裂頭条虫(まんそんれっとうじょうちゅう)

*コクシジウム(原虫)

*トキソプラズマ(原虫)

などが挙げられます。

 

通常、健康な成猫であれば、
腸内寄生虫に感染していても
あまり症状が出ることはないですが
抵抗力の落ちているときや、他の
病気に感染
しているときなどは、
嘔吐下痢などの症状が見られるようになります。

 

また、大量に寄生している場合や、
マンソン裂頭条虫などの大型の
寄生虫に感染している場合には、
栄養分を吸い取られ痩せてくる
こともあります。

猫の寄生虫を写真や画像で見る・原因や症状も詳しく解説!

 

上記に挙げた病気はいずれも
血液検査検便(目視による虫の
卵発見など)によって診断ができます。

 

食べているのに痩せてくる場合
早期に検査を受けましょう。
また、高齢にも関わらず異常に
食欲が増してきた
ときも同様です。

 

また、猫の場合は心因性(ストレス)
の過食
や嘔吐などを繰り返すことも
ありますが、そのような場合もまず
は、検査をしっかりと受けることが大事です。

 

ストレスね・・と勝手に判断せず、
病気の可能性を潰していきましょう。

 

心因性の過食と判断できるのは、
他の病気がないことを確認できてからです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です