猫が病気を隠すのはなぜ?野生の名残りからくるその理由とは!

猫は病気が分かりにくい!?

 

猫に多い病気には、さまざまな
ものがありますがその多くが
発見したときには、かなり症状が
進行
している状態のことがほとんどです。

 

もちろん、見た目で分かる
外傷や皮膚の病気目の病気
鼻水やヨダレなどの症状は、
比較的早期に発見することができます。

スポンサーリンク


しかし、内臓疾患などは、
非常に分かりにくく、病気が分かった
ときにはすでに手遅れ
になって
しまっていることなども多くあります。

 

猫は、人間のようにしゃべれません。

また、しゃべれたとしても、
不調を訴えるようなことはしないのです。

 

それはなぜでしょうか・・?

猫の睡眠時の状態!寝言や寝息、いびきなど病気の可能性は?

 

猫は自分を守るために病気を隠す

 

猫は、犬と違い、群れを作らず単独
で狩りをして
生きてきた動物です。

 

獲物を捕食するのも、体を休める
のも、身の回りのことすべて、
自分自身で判断して生活してきました。

 

自分の体を守るのも自分しかいないのです。

助けてくれる仲間もいませんから。

 

そんな中で、猫は生まれ持って
身につけているハンターとしての
強力な武器や感覚器官を使って

小動物を捕まえて生活していたのです。

 

いわば生粋のハンターです。
しかし、自然界は、弱肉強食の世界です。

喰うのも喰われるのも紙一重と
言えるでしょう。

 

猫にも当然その危険はあります。
自分より体の大きな肉食獣
(ハイエナなど)にも狙われますし、
ワシヤタカなどの猛禽類に
やられてしまうこともあります。

 

自然界では弱ったり、スキを
見せたものから
狙われて襲われます。

 

そのため、猫は何か体に問題
(不調)があっても
それを見せる
ことはできない
のです。
なんともないフリをして生活をするのです。

 

これが、猫が病気を隠すと
言われる理由ですね。
何の危険もない室内でゆうゆう
と暮らすイエネコでさえも、この
習性は持ち続けています。

 

猫と人間との歴史は長くもう
5.000年近く、人間の近くで
関わりを持って生活してきています。

 

そして、完全室内飼育も増えて
きている現代、我々人間と一緒に
家族として暮らすようになった
今でもなお、野生の習性を多く
残しているのが猫
です。

 

そこが猫は神秘的謎が多い
される理由なのかもしれませんね。
実に興味深いところでもありますが。

 

その他の猫の不思議行動なども、
すべて野生の名残りから来ています。

スポンサー リンク


猫の病気を見抜くには?

 

このような理由から、猫は
たとえ飼い主であっても自分の
不調をさらけ出すことはせず隠すのです。

 

ですから、猫の病気を早期に
見つけてあげるには
常日頃から
猫の様子を良く観察
しているしか
ありません。

 

なんとなくおかしい・・
そう感じたらすでにそれは
何らかの病気の初期症状であること
がほとんどです。

 

この時点で病院を受診して検査
をすれば、初期で何か異常が発見
できるかもしれません。

 

しかし、実際にはその段階で
病院に連れていく飼い主さんは
少ないのが現状ですね。

 

元気や食欲がなくなるのは、
ある程度進行してからです。

 

また、食欲などは、個体差も
あり、もともと猫はムラ食いの
傾向(これも野生の名残りです)
もあるため、基準にはなりにくいとも言えます。

 

病気によっては、
特徴的な初期症状もありますが、
これは、人間が見て気付きやすい
初期症状と言う
意味であり、この
時点でも実はすでに病気は初期では
なく進行してしまっていることがほとんどです。

 

一例を挙げれば、猫で非常に多い
病気の慢性腎不全や糖尿病などで
分かりやすい気づきやすい初期症状
で一番多いのが、多飲多尿です。

 

少しの異変でも気付くためには、
普段の猫さんの(元気なときも)
様子をしっかりと観察しておく
ことが大事です。

WS000000

 

定期的な診察と検査が最重要

 

そしてやはり、猫さんの病気の
早期発見には、何の異常が見られ
ないときでも、定期的な検査
しておくことが大事です。

 

完全室内飼育で5歳以下の猫さん
であればほとんどは大丈夫なの
ですが、先天性の病気や粗悪な
キャットフードなどを与えられて
いると若齢でも病気になっていることはあります。

 

そこは飼い主さんの判断ですが、
できれば、年に一回予防注射のとき
にでも一通り検査しておくと安心かもしれません。

 

5歳以上になったら、最低でも1年に
一度は検査
を受けましょう。
とりあえずなんの異常もないようで
したら血液検査だけで大丈夫です
のでさほど費用もかかりません。

 

また、10歳以上になってきた場合
年に2回ほど検査を受けていく
と安心ですね。

猫の健康診断の項目や料金,頻度と必要性は?血液や尿検査など!

野生の習性のままに、
体の不調を隠してしまう

猫さんを病気から守ってあげましょう。

 

病気の早期発見・早期治療に
つとめ、いつまでも元気で長生き
してもらいましょう!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です