猫のけいれんやひきつけなどの発作の原因や考えられる病気!

猫がけいれん発作!?

 

猫が、急に意識を失った状態
なって倒れ、手足をピクピクしたり
全身の筋肉が収縮を
繰り返し、
口から泡を吹くなどの症状

見られたら、けいれん発作の可能性が高いです。

 

けいれんやひきつけの状態は
さまざまですが、口をパクパク
したり、顔面がピクピクしたり、
歯ぎしりや、失禁などが見られる
こともあります。

スポンサーリンク


ほとんどの場合は、
数分程度で落ち着き、症状は
見られなくなります。

 

このけいれん発作は、多くの場合
何らかの脳の障害により引き起こされます。

 

注意して観察すること

 

けいれんやひきつけが起きたら、
周りに危険なものがない静かな
場所に移動してあげてください。

 

失禁や、口から泡を吹いたり
するので、バスタオルペット
シーツ
などを下に敷いてあげると良いです。

 

そして、その時の状態をしっかりと
観察しましょう。

・発作は何分くらい続いたか

・発作が起きたときの状況

・発作前の猫の様子

・発作後の猫の様子

・発作は一回だけか、複数回あったか

以上のようなことは、病院での
診察(診断)の際に重要になります。

 

慌てずしっかりと見ておいて
あげましょう。
発作を起こしているときは、
猫の顔や体には触れずに見守ってあげましょう。

 

病院に連れていくのは、発作が
治まってからで大丈夫ですが、
何回も繰り返す場合や、数分経って
も治まらないときなどは、
すぐに病院に連れて行きましょう。

 

また、何か有毒性のものや異物など
を食べたり
舐めたりした可能性が
ある場合
には、早急に病院
に行きましょう。

スポンサー リンク


猫のけいれん発作の原因は?

 

猫のけいれんやひきつけなどの
発作が起きる原因はさまざま
ですが、多いのはてんかんなどで、
脳の神経に異常が起きる場合です。

 

脳の腫瘍や、先天的な異常などの
場合もあります。

 

また、他の内臓疾患(腎臓や肝臓
など)によってもけいれんなどが
引き起こされることがあります。

 

さらに、中毒物質の摂取や、
交通事故などでも同様の症状を
起こすこともあります。

 

これらは、血液検査や脳波検査、
レントゲンや
CT検査などをする
ことによって、診断できます。

 

考えられる病気

 

<猫のてんかん>

猫のてんかんとは、慢性の脳の
病気で
発症率は1%未満とわりと少ないです。

脳内の神経回路がショートして、
突然発作が
起きる病気です。

原因としては、若齢の猫で発症する
場合は
ウイルス疾患による髄膜炎,
猫虚血性脳症
によるものが多いです。

 

<猫の中毒>

猫の中毒とは、何らかの薬物や
化学物質、
食べ物などを食べたり、
舐めたり、吸い込んだり
して、
体のどこかに機能障害を生じた状態
のことです。

人間は大丈夫でも猫は身体が
小さいので、
少量の物でも中毒
を起こす可能性があります。

 

<猫の熱中症>

猫も、人間と同じように熱中症になります。

猫は本来、暖かいところを好み
ますが、汗腺が
足の裏(肉球)に
しかないため、発汗によって

体温調節をすることができません。

特に、完全室内飼いの猫には注意が必要です。

 

<猫の伝染性腹膜炎>

猫の難治性3大疾病の一つです。
*他に猫エイズ、猫白血病

原因はコロナウイルスです。

このコロナウイルスが猫の体内
で突然変異した
ものが猫伝染性
腹膜炎(FIP)ウイルス
です。

 

<猫のクリプトコッカス症>

クリプトコッカスという真菌(カビ)
の感染により発症する病気です。

猫だけではなく、ヒトや犬にも
感染する人畜共通の
感染症です。

通常、健康な猫が感染することは
あまりないですが他の病気で
抵抗力がおちているときや、免疫力
低下したとき感染しやすくなります。

 

<猫の糖尿病(低血糖症)>

猫の糖尿病は、症状がなかなか
出にくい病気です。

静かに少しづつ進行していることがほとんどです。

早期発見が非常に難しい病気の一つです。

また、診断と治療が難しく、獣医師
泣かせの病気とも言えます。

 

<猫の尿毒症(尿石症)>

猫に多い病気の一つ尿路結石症があります。

腎臓や尿管、膀胱に結石ができる
病気
で、この結石が尿道につまり、
尿道を閉塞、オシッコの排泄が
できなくなる
ことで、
尿毒症・急性腎不全
となります。

 

<猫の脂肪肝(肝リピドーシス)>

猫の脂肪肝(肝リピドーシス)は、
脂質代謝異常によって、肝臓の
細胞のほとんどが、脂肪になって

しまい、正常な働きができなく
なってしまう病気
です。

そのほとんどが、重度の肥満猫に発症します。

通常、食事を食べれない状態が
数日続いても
正常な肝臓であれば、
グリコーゲンを放出
するため、
血糖値は安定したままですが、
脂肪肝になっているとそれができません。

WS000002

猫さんが、けいれんやひきつけを
起こすと、ビックリして慌てて
しまうと思いますが、落ち着いて
対処しましょう。

 

そしてその後、何事もなかった
ように普通に戻っても、必ず病院を
受診
してけいれん発作の起こった
原因を検査してもらいましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です