猫の病気

猫の耳血腫の原因や症状と治療法!耳たぶの腫れに要注意!

 

猫の耳血腫とは?

 

猫の耳血腫(じけっしゅ)は、
耳介(じかい)の軟骨が何らかの
原因によって、折れ曲がったり、

亀裂が入ることで、耳介の内部で
出血し、血が
溜まった状態になり、
耳が腫れてしまう病気
です。

 

耳介(じかい)は、いわゆる
耳たぶ全体のことで、皮膚と
軟骨によって形成
されています。

 

耳血腫は、放置したり、治療
が遅れたりすると耳介の軟骨が
変形
してしまい、治ったあとでも
耳のカタチがいびつになって
戻らなくなってしまいます。

スポンサーリンク


症状は?

 

猫の耳血腫は、耳介の内部に血が
溜まっている
状態
なので、耳たぶ
全体がぷっくりと腫れます。

 

見た感じは、餃子やラビオリの
ような感じで中にぷっくりと
何かが入ってて、皮で包んである
イメージです。

 

触るとぶよぶよとしていて、
熱を持ったように熱く感じられる
こともあります。

 

また、血液の溜まった重みから、
耳が垂れ気味(伏せ気味)になる
こともあります。

 

猫は違和感から、しきりに
引っ掻いたり、頭を振ったり
しますが、耳血腫そのものの痛みは
さほど強くないとされます。

 

原因は?

 

耳血腫の原因の多くは外耳炎によるものです。

猫の外耳炎の原因や症状と治療法!耳の汚れや悪臭に注意!

 

耳ダニの感染や、細菌真菌など
の感染により、外耳炎が起こり、
痒みのために猫が自分で耳を
引っ掻いたり、頭を振ったりする
ことで、耳介の軟骨が折れたり、
亀裂が入り、軟骨の間に血が
溜まっていき、血腫ができます。

 

また、猫同士のケンカなどによる
耳介の外傷が原因になることもあります。

スポンサー リンク


治療法は?

 

耳にたまっている血液を抜きます。

注射器を耳介に刺して、中の血
を出すようにします。

 

耳介の軟骨の炎症を抑えるために
ステロイドのお薬などを中に
入れることもあります。

 

また、抗生物質なども使い、
化膿を抑えます。

 

そして、耳血腫の原因となった病気
(外耳炎等)
の治療も併用して行っていきます。

 

治りが悪い場合、再発を繰り返す
場合
などには、麻酔をしての
外科的な処置が行われます。

 

軟骨と皮膚を縫い付ける方法
ですが、液体(血液など)が溜まら
なくするように、細かく10ヶ所
ほど縫い合わせて
いきます。

 

この手術をすると、治ったあとも
ほんの少し耳たぶのカタチが変形
して仕上がってしまうこともあります

 

また、治療中も、耳を気にして
引っ掻いたりしてしまう場合は、
エリザベスカラーの装着が必須に
なることがほとんどです。

 

猫のエリザベスカラー装着!食事や寝るときにはどうすれば?

予防法とまとめ

 

猫の耳血腫は、再発率が非常に高い病気です。

 

そのため、耳血腫の原因となった
病気を
しっかりと治療することが大事です。

 

また、耳を痒がる素振り
見られたらすぐに病院に連れて
行って、耳の中の検査をして
もらいましょう。

 

特に一度でも耳血腫になったこと
のある猫さんは要注意です。

 

また、常日頃から、痒がって
いなくても、耳の中をチェック
するように心がけましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 猫の腎不全の治療、予防のカギ!血中たんぱく質AIMとは?
  2. 猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?
  3. 猫の寄生虫で人間に感染する種類と、その場合の症状は?
  4. 猫が慢性腎不全から回復することはある?治療や経過について!
  5. 猫のてんかんと気圧や気温との関連性!発作を誘発するのは?
  6. 猫のフィラリア症!予防の薬は必要?症状や治療法なども!
  7. 猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!
  8. 猫が中毒になる食べ物と植物や花(菊やユリ)の種類や症状は?
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

症状から見る猫の病気

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫専門病院

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP