猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!

猫のアレルギー性皮膚炎とは?

 

猫のアレルギー性皮膚炎は、
なんらかの異物に対して、体の
免疫機能が過敏反応すること

より、皮膚が炎症を起こす病気
です。

 

ノミや食物、薬剤、花粉などなど、
なんでもアレルギーの原因になり
ますが、猫で最も多いのはノミのア
レルギー
とされます。

 

痒みにより激しく引っ掻くことで
二次感染を
起こし、皮膚症状を
どんどん悪化させる
などが見られます。

スポンサーリンク


症状は?

 

アレルギーを起こす原因物質に
よっても
症状は変わりますが、
一般的には、痒み、フケ、発疹、
赤いポツポツ、脱毛
などが見られます。

 

また、自分で引っ掻いてひどく
してしまうと出血してカサブタになったりします。

 

ノミが原因の場合は、腰部から
お尻にかけて
症状が現れ、強い痒み
や発疹、脱毛
が見られます。

 

食物が原因の場合は、多くは
頭部(顔)~頸部に症状が見られますが
全身に現れることも
あります。

 

何らかの異物(プラスチックや金属
など)に接触したと見られる
アレルギーの場合は、その接触部分に症状が現れます。

 

原因は?

 

猫のアレルギー性皮膚炎は、
アレルギーの原因になっている
アレルゲンに触れたり、接種したり
寄生されたり、吸引してしまうこと
で引き起こされます。

 

アレルゲンになりうるものには、
さまざまなものがありますが
多くは、

・ノミやダニなどの寄生虫

・食物中のたんぱく質

・プラスチックや金属、布製品など

・花粉やハウスダストなど

が挙げられます。

猫のノミ,ダニ,シラミなど皮膚に付く寄生虫の画像や症状!

 

また、アレルギーの原因は一つでは
ない場合も
多く、さらに個体差に
よって、発症の度合いも
異なります。

 

治療法は?

 

猫のアレルギー性皮膚炎の治療は、
基本的には原因となっている
アレルゲンを特定し、取り除く
ことが重要です。

 

ノミやダニなどの寄生虫の場合は、
皮膚検査や視認にて比較的容易に
診断
できますが、食物や他の
アレルゲンの特定は、非常に難しく
困難
とされます。

 

そのため、除外法と言う方法が
取られることが多いです。

 

疑わしいアレルゲンを予想して、
それを除外
していく方法です。

 

食物アレルギーが疑われるとき
には、そのアレルゲンになりそうな
材料(タンパク質)
が入っていない
食事に切り替える
ようなことです。

 

幸い、食物アレルギー用の療法食
各メーカーから数種類販売されています。
主に食物中のたんぱく質
アレルギー反応を起こしますので、
通常多く使われる鶏肉、豚肉、牛肉
などを使わず、他の肉や魚などで
代用
してあるものです。

猫の皮膚病、アレルギーにおすすめのフード(療法食)まとめ!

 

また、プラスチックや金属などが
疑わしく
食器の材質がそうであった
場合などは、食器を
変えて見るなどします。

 

さらに、ハウスダストや花粉など
が疑わしい
ときにも、環境中から
極力除去するような
対策をとります。

猫の花粉症が急増中!くしゃみや目やにの治療と予防対策は?

 

それとともに、皮膚の炎症や痒みに
対する治療(
主にステロイドや
抗ヒスタミン剤)を併用していきます。

スポンサー リンク


 予防法とまとめ

 

常日頃から、アレルゲンとなりうる
ものを
除去し、接触しないように
することが大事
です。

 

ノミなどの寄生虫は、定期的な
駆除剤の投薬で予防
できます。

猫のノミ・ダニ対策!予防や駆除にもおすすめのお薬!

 

また、室内の飼育環境も重要です。

 

ハウスダストの除去や清潔を
心がけるようにしましょう。
空気清浄機などを活用するのもいいですね。

 

また、シャンプーやこまめな
ブラッシングなどで、猫さんの
体を清潔に保つことも大事
です。

 

また、食事の面でもキャットフード
以外の
食べ物(人間の食べ物など)
などは与えない
ようにしておくと、
食物アレルギーの症状が出たとき、
アレルゲンの特定もしやすくなります。

 

そして、少しでも皮膚の異常を
発見したら、
悪化する前に早期に
病院を受診して治療
するようにしましょう。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

また、病院によっては、
血液検査などで、アレルゲンの
抗体検査をして、アレルギーの
原因を特定するところもあります。

 

しかし、いまだ猫のアレルギー
検査は、正確な判定が出にくいこと
もあり、費用も高額で現実的ではない
面も多くあり
、獣医師によって見解
は分かれるところだと思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です