皮膚の病気

猫の心因性脱毛症の症状や治療法!過剰グルーミングに注意!

猫の心因性脱毛症とは?

 

猫の心因性脱毛症には
2つのパターンがあります。

 

猫が何らかのストレスを感じる
ことにより、過剰なグルーミング
(毛づくろい)をする
ことで、脱毛
や皮膚炎を起こす
場合。

 

また、ストレスによる精神的変化
から毛細血管が収縮し、血行が
悪くなる
ことにより、毛が抜けて
しまう
場合。

スポンサーリンク


いずれも、猫のストレスサイン
であり、他に何らかの症状が
併発していたり、問題行動が
見られる場合もあります。

 

猫は非常に神経質なため、
少しのことでもストレスを
溜めやすく
、さまざまな異常が
見られることが多くあります。

 

症状は?

 

心因性脱毛症の症状は、
他の皮膚病とは異なり、
皮膚自体に病変はなく脱毛のみです。
しかし、過剰なグルーミング
による場合には、舐めすぎること
によって皮膚炎を起こす場合

あります。

 

また、脱毛の状態も原因によって
少し違い
が見られます。

 

<過剰なグルーミングが原因の場合>

この場合は、自分で過度に
毛づくろいをして舐めることに
よる脱毛のため、自分で舐めること
ができない場所(後頭部から背中
にかけて)に
脱毛は起こりません。

 

舐めやすいお腹や四肢、腰周り
などに
多く脱毛症状が見られます。

 

また、ザラザラした舌で毛を
削り取るようになるため、
短い切れ毛が残っている状態
なります。

 

皮膚が炎症を起こしている
場合には赤みが出たり、ただれたりします。

 

<血行不良が原因の場合>

この場合は、毛根から根こそぎ
抜けてしまう
ため、キレイな
皮膚が露出した状態
になります。

 

人間で言う「円形脱毛症」
同じような状態になり、発生する
場所もさまざまで、痒みもない
ため、患部を気にする素振りもありません。

 

 

原因は?

 

心因性脱毛症の原因はズバリ!
ストレス
ですが猫のストレスの
原因にはさまざまなものが挙げられます。

・生活環境の変化

・家族構成の変化

・多頭飼育によるストレス

・食事の変化

・飼い主の態度

・トイレ場所の変化

などなど、たくさんあります。

 

何にストレスを感じるのかは、
猫によっても違うため、特定
するのは難しいとも言えます。

 

しかし、脱毛が起こり始めた、
または過度のグルーミングが
始まった少し前に思い当たるような
環境の変化がなかったか?

猫さんがストレスを受けるよう
なことを
していないか?

を、じっくり考えてみることで
何か分かることがあるかもしれません。

スポンサーリンク


治療法は?

 

脱毛の原因となる他の皮膚疾患
アレルギー・細菌感染・寄生虫
・真菌・
ホルモン障害などが
発見されない場合に精神的な問題
からくる心因性脱毛と診断されます。

 

心因性脱毛症の治療は、
ストレスを取り除くことが大事です。

 

猫がストレスに感じているかも
しれない要因を出来うる限り排除します。

 

しかし、原因がまったくつかめず
症状が悪化していくような場合
には、抗不安剤精神安定剤の投与
が必要になることもあります。

 

また、猫の心因性脱毛の場合、
原因が分からず、何の対処が
できない場合でも、自然に治ることあります。

 

ただし、再発を繰り返すことも
多い
ため、原因を突き止めるよう、
努めることは大事
です。

 

皮膚炎を起こしている場合は、
抗生物質や炎症止めなどで治療します。

猫のはげ!お腹や背中,尻尾や耳,鼻など部位により原因も様々!

スポンサーリンク


 

予防法とまとめ

 

心因性の病気は、
人間でもそうですが、すぐに
治ることはありません。

 

時間をかけてゆっくり治療して
いくようになります。

 

ストレスの原因を特定するのが
一番ですが、原因が複数ある
場合もあります。

猫のあくびが多い理由と心理とは?ストレスや緊張ってホント?

 

日常の生活において、なるべく
猫さんがストレスを感じにくい
ように、常にリラックスできる環境
を作ってあげましょう。

 

また、飼い主さんとのスキンシップ
も大事
です。

 

おもちゃで遊んであげることは
もちろん、ブラッシングや
マッサージなどもこまめにして
皮膚の健康維持にも努めましょう。

 

心因性脱毛の予防として必要な
ことは飼い主さんの愛情なのかも
しれませんね。

 

あっ、もちろん必要以上に
かまいすぎると逆にストレスに
なることもありますが^^;

 

そして、少しでも皮膚に異常を
見つけたら、早めに病院に連れて
いってくださいね。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫のスタッドテイル症(尻尾の付け根のベトベト)の原因や治療!
  2. 猫の脂漏症・マラセチア皮膚炎の原因や症状と治療法は?
  3. 猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?
  4. 猫の好酸球性プラーク(肉芽腫)の原因や症状と治療法は?
  5. 猫の低温やけど!湯たんぽやカーペットなど温度や症状と治療!
  6. 猫の日光皮膚炎は春から夏に白猫が要注意!症状や治療法は?
  7. 猫のツメダニ症の原因や症状と治療法!大量のフケに注意!
  8. 猫にプロポリス!効果が期待できる病気と効能や副作用について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP