猫の喘息!アレルギー性気管支炎の原因や治療法と予防まで!

猫の喘息とは?

 

猫の喘息は、猫のアレルギー性
呼吸器疾患
の一つです。

 

アレルギー性気管支炎
慢性気管支炎などとも呼ばれます。

 

何らかのアレルギーによって、
気管支が収縮して、苦しそうな
呼吸や咳をする病気
です。

スポンサーリンク


人間にも喘息という病気は
ありますが、猫のそれも同じで、
人間と共通する病気と言うことになります。

 

近年、人間と生活するようになった
猫にもさまざまなアレルギーが発症
するようになりました。

 

それと共に、喘息などの病気も
増えてきているようです。

 

症状は?

 

突然始まる咳や荒い呼吸
(発作と呼ばれる)が
特徴です。

 

また、嘔吐するような体勢でお腹
を大きく動かし咳をしたりゼーゼー
するため、嘔吐と勘違いする飼い主
の方も多いです。

 

症状は、軽いものから重度のもの
までさまざまですが、重度の場合は
酸素不足によるチアノーゼ
になり、
危険な状態になる場合もあります。

 

軽度の場合、軽い咳や短時間で
治まり、その後は
何もなかったかの
ようにケロッと元気
なことが多いです。

 

猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!

原因は?

 

人間と同じでアレルギーの原因は
さまざま
です。

 

ホコリやハウスダスト、花粉や
薬物、食物など
何でもアレルギー
の原因になりえます。

 

また、タバコの煙や有害物質など
の吸引、芳香剤、アロマ
などに
よってもアレルギーは起こります。

 

そのため、アレルゲンを特定する
ことは非常に
難しいとされています。

 

また、アレルギーを起こす物質は
複数ある
ことが多く、そのすべてを
見つけることは不可能に近いとも言えます。

 

血液検査によって、アレルギー検査
もできますが猫のアレルギー検査は
信頼度も低く、検査項目も多く、
費用も高額なため、現実的ではない
とされています。

スポンサー リンク


治療法は?

 

アレルギーの根本的な治療は、
アレルゲンを体に入れない、
接触をなくすことですが、
アレルゲンが特定できなければそれはできません。

 

そのため、アレルギーのリスクが
高い物質(
ホコリや花粉)との接触
を極力避けるように
配慮することが大事です。

 

そして、症状に対する対症療法
としては、気管支拡張剤や、
ステロイド抗炎症剤などを投与します。

 

重度の場合には、酸素吸入や
輸液、吸入療法
などの入院治療が
必要になる
場合もあります。

 

また、食物アレルギーが疑われる
場合には、アレルギー専用の療法食
に変えて見るなどの対策をすることもあります。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

 

まとめと予防法

 

猫の喘息は、完治が非常に難しい病気です。

 

過去に肺炎などの呼吸器疾患に
かかったことのある猫に多く
見られる傾向がありますが、
生活環境やその猫さんの体質に
よっても症状や
治療法が異なるため、
完全な治療は難しい
とされます。

 

そのため、再発を防ぐことが最も
重要
になってきます。

 

生活環境において、アレルギーの
原因に
なりそうな物質をできるだけ
除去する
ことを心がけましょう。

 

・こまめな掃除や洗濯によって、
ホコリやダニ
などの発生を抑え、
常に清潔に保つ。

 

・空気清浄機などを活用し、
花粉やホコリ、
ハウスダストなど
を除去する。

 

・芳香剤や消臭剤などの使用、
噴射式のスプレー
などは刺激物に
なる可能性があるので、極力使用

を避ける。

 

・トイレの猫砂も粉が舞い散らない
タイプの
ものにする。

 

・こまめなブラッシングで、
猫さんの体を
清潔に保つ。

 

・タバコにも注意し、できれば
外で吸う。

 

・室内飼育を徹底する。

 

など、できうる限り、生活環境を
見直して、アレルゲン除去に努めましょう。

猫の花粉症が急増中!くしゃみや目やにの治療と予防対策は?

 

また、発作を起こしたときの状況を
注意深く
観察することで、何かしら
の原因につながるヒントが分かることもあります。

 

日頃から猫さんの様子を気を
つけてチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です