猫の薬の飲ませ方!錠剤や粉薬、液体など上手な投与法と動画も!

猫に薬を上手に飲ませる!

 

猫に薬を飲ませるのは、
なかなか大変です。
犬よりも全然大変ですね。

 

犬はまだ、飼い主の言うことを
聞きますが猫は聞きませんから。
そもそも動物は薬を飲む意味も
理解できない
のだから当然ですよね。

 

イヤなもの無理やり食べさせら
れてるって思うだけですから。

スポンサーリンク


言葉が通じる人間の子供
だって嫌がるくらいなので、
猫さんが嫌がるのは当たり前!

 

ですから、そこは当然だと
理解して、少しでも楽に飲ませ
られるように工夫してあげる
のが
飼い主の努めですね。

 

お薬もたま~にならまだいい
ですが、毎日のこととなると
大変ですからね。

 

猫さんも高齢になると病気も
増えますし、お薬を毎日飲ませ
なきゃいけないようなことも
あるかもしれませんから。

 

猫のお薬の種類

 

猫用に処方されるお薬の種類
としては、ほぼ人用と同じで、
錠剤粉薬液体カプセル
などがメインになります。

 

今では、動物用医薬品として
の飲み薬も増えてきましたが、
まだ人間用のものを代用して
いるお薬も多くあります。

 

その場合は、体重の少ない猫
さんの投与量に合わせて調整
されるため、錠剤でも割ったり
粉状にしてあることもあります。

 

もともとの粉薬や液体は比較的
甘めの飲みやすい(苦くはない)
味にはなっていますが、嫌がる
猫さんも多いですね。

 

そもそも猫の味覚では甘味は
分からないと言われていますし。

 

たまに、嫌がらずにペロペロと
舐める猫さんもいますが、少数です。

 

お薬にはそれぞれの作用や
飲み方などがありますので、
しっかりと確認して間違えのない
ように飲ませることが大事です。

 

 

なるべく負担をかけずに飲ませる工夫

 

錠剤やカプセルなどは、
缶詰のキャットフードにくるんで
一口サイズにしてご飯前
にあげてみます。

 

また、お薬を混ぜこんで
食べさせる専用のオヤツ
もいくつか
販売されていますのでそれらを活用する
のも手です。


しかし、敏感な猫さんは、
何に混ぜても
お薬だけを
ちゃんと出してしまう子
もいます。

 

時間が経ってから再度
チャレンジすることも可能です
が、この方法は一度失敗すると
2度目
は無理なことが多いです。

 

猫さんも警戒していますし、
特に錠剤の場合は、いったん口
に入ったり水分が付いてしまうと
表面が溶けて中のマズ~イ苦味
成分が流出してきます。

 

また匂いも出てくるので、
再度チャレンジするのであれば
もったいないですが、新しい薬を

使うのがベストですね。

 

また、粉薬や液体などは缶詰に
混ぜてしまっても食べる子は
まれにいますが、食事を残して
しまった場合などは、薬も残って
しまうため
現実的ではありません。

 

食事に混ぜても食べそうな子
の場合は、最初に1/3程度の食事
を用意し、それにお薬を全部

混ぜてしまって、全部食べたら
残りの食事を
与えるようにしましょう。

スポンサー リンク


薬の飲ませ方

 

いろいろ工夫してみても、
なかなか成功しない場合や、
面倒くさいとおっしゃる方は、
もう薬だけを飲ませましょう。

 

最初は難しいかもしれませんが、
慣れると意外と簡単にできる
ようになります。

 

事前準備として、
猫さんの爪を切っておきましょう。

 

猫は嫌がるとまず前足で抵抗
しますので、爪が長いと、
飼い主さんの手が傷だらけになります。

 

あと、最初のうちは誰か
補助の人がいるといいですね。
猫さんが逃げないように押さえる役目です。

 

もし、誰もいない場合は、
タオルや毛布などで猫さんを
くるんで、逃げられないよう
にするといいです。

 

大丈夫。
これも最初だけですから。
そのうちに猫さんも飼い主さん
も慣れてきます。

 

錠剤やカプセルの場合

 

利き手とは逆の手で、猫の頭を
後ろから押さえます。

この時、後頭部の皮を全体的に
掴むような感じで

固定します。

 

そして、空いている利き手の
指先で、猫の口を
開けさせます。
すぐに口の奥の方の舌の真ん中
あたり
に薬を押し込みます。

 

この時に、舌の盛り上がっている
部分の奥まで
薬を入れることが
大事
です。

 

すぐに口を閉じさせて、口を
開かないように
軽く抑えたまま、
顔も少し上向きにして喉元を

やさしく撫でてあげます。

通常はこの時点で飲み込んでくれます。

 

数秒そのままにして、手を
離しても薬を吐き出さなければ成功です。

WS000012 WS000013 WS000014
出展:http://www.jsava.org/

 

youtube Two people giving a cat a tablet/pill

 

また、指で奥まで入れにくい場合は
錠剤用の投薬器などもありますので
それらを使うのもいいですね。

youtube.com/watch?v=kkq_HKA7drA

 

粉薬の場合

 

粉薬はあらかじめ、口に入れ
やすいように袋から出し、
小さめのスプーンなどに乗せて
おきます。

 

猫の頭から顔にかけてを掴んで
口を閉じさせた状態で、
ほっぺたの部分(口角)を引っ張り
口の中(歯茎と唇の間)に空間を
作ります。

 

そこに、準備した粉薬を入れ、
口角を離し、
唇が閉じた状態にし
薬の入っている部分の
ほっぺたの
ところを軽くもんで、粉薬と唾液を

混ぜ合わせるようにします。

 

数秒間そのままにし、手を離してみます。

嫌がる子は少しヨダレをたらしたり
唾液を飛ばしたりするかもしれま
せんが、ほとんど飲めていれば大丈夫です。

WS000015 WS000016 WS000017
出展:http://www.jsava.org/petworld/feed_medicine.html#cat1

また、粉薬の味が苦手でヨダレが
止まらなくなる子などは、
オブラートにくるんで錠剤を
飲ませる要領で喉の奥まで入れて
あげる
ほうが楽な場合もあります。

 

その他、お水で溶かして液体の要領で
飲ませる方法もあります。

 

液薬の場合

 

液体のお薬が処方される場合は、
スポイトや投薬用のシリンジ
付いてきますので、1回分の量を
あらかじめ吸って準備
しておきます。

 

液体の場合は冷蔵保存のものも
多いので、与える前に一回分の
量は室温に戻して
おいた方がいいです。

冷たいとビックリする猫さんも
多いですので。

 

基本的な動作は、粉薬のときと同じです。

口は閉じたままで、
唇だけ引っ張ります。

 

犬歯の後ろに、歯がないすき間が
ありますので
そこから、スポイト
の先を差し込んで2~3滴ずつ

流し込むようにします。

 

場所を覚えてしまえば、
唇は引っ張らなくても
飲ませられるようになります。

 

また、粉薬のときと同じところ
に1~2滴ずつ
入れてあげても大丈夫です。

WS000002 WS000011 WS000012
出展:http://www.jsava.org/petworld/feed_medicine.html#cat1


そして飲み終わったら、
猫さんが喜ぶご褒美を
あげましょう!

 

オヤツでもいいし、気持ちいい
ところをいっぱいマッサージして
あげてもいいですね♪

 

どうしても飲めない場合

 

敏感な猫さんや、お薬の種類に
よっては、口に少し入れただけ
でも、泡を吹いて必死で抵抗する子もいます。

 

そのような場合は無理強いはせず
まずは
動物病院に相談しましょう。

 

同じ成分のお薬でも、
錠剤や粉薬、液体までタイプが
ある薬もあります。

 

お薬のタイプを変えてみたり、
他に何か工夫することで飲める
ようになることもあります。

 

また、動物病院で実際に
飲ませ方を実践で
教えてもらって
その場で練習することで上手に

できるようになることもありますよ。

 

飲めないからと言ってお薬を
飲まさないこと
は、一番良くない
ですので、あきらめずに色々と
考えて工夫していきましょう。

 

猫さんもいろいろです。
ちなみにウチの猫は、一匹は味
を感じる薬は一切ダメで泡を
吹いて逃げ回ります。
とても手のかかる子です。

 

もう一匹は液体でも粉薬でも
ペロペロと舐め、錠剤はカリカリ
だけのキャットフードに一緒に
ポンっと入れておけば食べてます。
とても手のかからない子です。

 

性格の違いなどもありますので
焦らずゆっくりその子に合った投薬法
で頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です