猫の好酸球性プラーク(肉芽腫)の原因や症状と治療法は?

猫の好酸球性肉芽腫症候群とは

 

猫に多い皮膚病で、
何らかのアレルギーに関連して
皮膚に痒みや炎症が生じ、
発疹脱毛潰瘍などが見られる病気です。

 

白血球の一種の好酸球という
細胞が多く見られる
肉芽腫ができる
ため、好酸球性肉芽腫と言われます。

 

好酸球性肉芽腫症候群は、
見た目で大きく3つに分類されています。

スポンサーリンク


*無痛性潰瘍
*好酸球性プラーク
*好酸球性肉芽腫(線状肉芽腫)

 

症状は?

 

*無痛性潰瘍

主に口唇(上唇)に赤い潰瘍ができます。

また、口の中の粘膜や下唇にも
できることがあります。

痛みや痒みはありません。

 

*好酸球性プラーク

主に首や腹部、脇の下や内股に
平坦に盛り上がった
病変ができます。

皮膚の赤みと脱毛を伴い、
激しい痒み
があります。

 

そのため、自分で舐め続けることに
より、さらに皮膚症状が悪化して、
ただれてしまいます。

 

*好酸球性肉芽腫(線状肉芽腫)

主に太ももの後ろ側や前足の
外側、横腹などに
線状の病変ができます。

 

赤みや脱毛が見られますが、
痒みはほとんどありません。

猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!

 

原因は?

 

この病気の原因はまだはっきりとは
解明されていません。

 

しかし、アレルギ(ハウスダストや
ノミ、食物など)寄生虫や細菌感染、
遺伝などが関係していると考えられています。

 

何かに対するアレルギーに
よって好酸球が過剰反応してしまい、
その好酸球が自分の体を傷つけて
しまっている状態だと考えられます。

犬猫の皮膚専門or皮膚科のある東京都内の動物病院まとめ!

 

診断・治療は?

 

皮膚の細胞を顕微鏡で見たり、
血液検査によって診断します。
(好酸球やアレルギー物質)

 

痒みに対する治療と、原因物質の
特定が基本
になりますが、
アレルギー物質などの特定は難しい
ことも多いのが現状です。

 

考えられるアレルギー物質で
多いのが、ノミです。
この場合は、ノミの駆除と予防を
徹底すれば、
症状が出なくなることもあります。

 

次に多いのが、食べ物による
アレルギーです。

 

この場合は食事をアレルギー専用の
処方食に
変えて2~3ヶ月様子を見ます。

 

そして症状が出なければ、
それ以前に食べていた食事の中の原料
にアレルギー反応を起こしていた
可能性が高いことになります。

 

この場合は、その後もずっと
アレルギー専用の処方食を継続して
いくようになります。

猫の皮膚病、アレルギーにおすすめのフード(療法食)まとめ!

 

その他、人間で言うアトピー
同じで、環境中の物質(ハウスダスト
や花粉
など)によって引き起こされる
アレルギー反応もあります。

 

この場合は考えられるアレルゲン
物質との接触を極力避けることが
有効な治療法になります。

スポンサー リンク


予防法は?

 

予防というのは、難しい病気ですが
症状が軽いうちに早めに治療して
あげることが大事です。

 

また、生活環境も清潔に保って、
猫さんにストレス
を与えないこと
も大切です。

 

特に春から夏にかけて、アレルギー
の原因と
なりうる物質や寄生虫
などの活動が盛んになります。

猫が痒がる!春から夏に多くなる皮膚の病気や対処法は?

 

そのため、猫さんの皮膚病も増加
してきます。
この時期は注意して猫さんの
皮膚の状態をチェックしてあげましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です