飼育について

高齢猫のケア!愛猫を元気で長生きさせるためにできること!

愛猫が高齢になってきたら

 

命あるもの、必ず歳はとります。
それは私たち人間でも同じこと。

 

しかし、猫さんの寿命は私たち
人間よりは、はるかに短いものです。

 

生命あふれる子猫のうちから
飼ったとして、だんだん年老いて
いく愛猫を私たちはずっと
見届けていかないといけません。

スポンサーリンク


 

獣医療の進化、生活環境の変化、
猫の飼育に対する意識の変化など
さまざまな事情から、猫の寿命も
伸びてきました。

それでも、猫の平均寿命とされるのは15歳です。

 

その内、完全室内飼いの猫の
平均寿命は16歳、
外出する猫は
13歳
となっています。

 

また、メス猫の方が一般的に
長生きであり、オス猫の平均寿命
が14.3歳に対してメス猫は15.2歳。

 

今では15歳~20歳まで生きて
くれる猫さんも珍しくなくなりましたね。

 

猫さんは、6歳を過ぎるころから
中高年期~高齢期~老年期
年齢を重ねていきます。

 

そして、高齢~老年猫においては
若い頃とは異なる健康対策やケア
が必要
になります。

 

ずっと元気で少しでも長生き
してくれるように飼い主さんが
できること、注意することを
まとめてみましたので参考にしてくださいね。

 

まずは、高齢になってくると
ともにあらわれる猫さんの体の
変化から知っておきましょう。

 

猫さんは我慢強い動物です。
自分の弱みは極力見せない動物です。

それは野生の本能からです。

 

そのぶん、飼い主さんが分かって
いてあげないといけませんから。

 

高齢猫の口臭や口内炎,出血やよだれなどの原因や治療法は?

スポンサーリンク


【高齢猫の体の変化】

 

猫さんの場合、約7歳から高齢の
部類
に入り、シニアと言われるようになります。

 

まだ、このくらいの年齢だと
見た目はそんなに変わりません。
猫さんは年齢が見た目には表れ
にくいですしね。

 

しかし、この頃から、
運動量が減ってきて、動きも
ゆっくりになり、寝る時間も
少しずつ増えてきます。

 

また、見た目では分かりにくい、
内蔵機能や感覚器官の衰えが始まってきます。

 

血液検査や健康診断で、
チェックしていくと以下のよう
な変化が見られます。

 

*筋肉の衰えや関節の変形

運動量が減ってくるため、
筋肉が落ちて足などが細くなって
きたり、動作になめらかさがなくなってきます。

 

*内臓機能の低下

内臓の機能が徐々に衰えてくる
のと同時に、免疫系のバランスが
崩れてくるため、循環器系や消化器
などの病気が起こりやすくなります。

腎臓や心臓といった臓器の機能低下
が見られるようになります。

 

*皮膚や被毛の変化

新陳代謝の低下から毛ヅヤが
なくなったり、毛が薄く細くなります。

濃い色の被毛の子は白髪
目立ってくることもあります。

皮膚も薄く弾力がなくなってくる
ため皮膚病なども起こりやすくなります。

 

*感覚器官の衰え

白内障が始まって視力が低下
したりするほか、
耳が聞こえづらく
なったりします。

嗅覚や味覚が衰えてくるため、
徐々に食が細くなってきます。

猫の老衰は何歳から?前兆はある?症状や年齢と寿命について!

 

【高齢猫に多い病気】

 

高齢による体の変化に伴い、
さまざまな病気にかかりやすくなります。

 

*慢性腎不全

猫の死因トップの病気です。
高齢猫のほとんどが、慢性腎不全
になっていると言われるほど、
猫ではポピュラーな病気です。

初期症状は多飲多尿ですが、
進行してくると食欲不振、体重減少、
嘔吐などの症状がみられます。

慢性腎不全について詳しくはこちら>

 

*心臓疾患(心筋症)

心臓が大きくなり、正常な機能を
損なう病気です。
食欲不振、呼吸困難などがみられます。

心筋症について詳しくはこちら>

 

*糖尿病

糖尿病も猫に多くなってきている
疾患です。
初期症状は多飲多尿で腎不全と
似た症状
があらわれます。

糖尿病について詳しくはこちら>

 

*甲状腺機能亢進症

ホルモン異常が原因の病気ですが、
初期では、食欲が増したり、
活発になったりする
ため、病気
だとは気づきにくい傾向があります。

甲状腺機能亢進症について詳しくはこちら>

 

*腫瘍(がん)

高齢になるほど、腫瘍は発生
しやすくなります。
また、猫の腫瘍は悪性であることが
多い
とされます。

猫の腫瘍について詳しくはこちら>

 

*口腔内疾患

歯石や歯垢は、年数を重ねるに
連れて蓄積されます。

そのため、高齢になると歯周病
や口内炎
が起こりやすくなります。

悪化すると痛みが出て、
ごはんが食べられなくなります。

口内炎について詳しくはこちら>

 

これらの病気は、治療を行っても
残念ながら治らないものも多いです。

 

しかし、早期発見、早期治療が
できれば、
病気の進行を遅らせて
天寿を全うさせることも可能
です。

スポンサーリンク


【病気を早期発見するには】

 

定期的な血液検査や健康診断を行う。

半年に1回か、最低でも1年に
1回は必須です。

 

また、お家でも小さな変化を
見逃さず、少しでも異変を感じ
たらすぐに受診しましょう。

 

食事や飲水の量、食べ方、歩き方、
オシッコの量
などのチェックは
もちろん、常に体を触ってあげて
猫さんの様子に変化がないかなど
こまめに見てあげましょう。

猫の健康診断の項目や料金,頻度と必要性は?血液や尿検査など!

 

【高齢猫に自宅でできるケア】

 

お口の中のケアをしてあげましょう。

歯ブラシやガーゼなどで歯垢を
とってあげて歯茎や全体のチェック
をして、赤みが出たり腫れている
ような時は、早めに受診しましょう。

 

猫さんも高齢になってくると、
自分でするグルーミングが減ってきます。

 

そのぶん、飼い主さんが
ブラッシングをして、
抜け毛を
取って、皮膚の状態もチェック
してあげましょう。

 

また、高齢猫は、体温調節も
うまくできなくなってきます。

室温はもちろん、快適な生活環境
づくり
を目指しましょう。

高齢猫が水を飲まない!考えられる原因や対処法は?

 

そして、食事は、高齢猫用の中身
がしっかりしたもの
をあげましょう。

 

また、病気などになってしまった
場合は、それに合わせた療法食
必要になってきます。

 

獣医師の指示を守って、しっかり
とした食事管理をしていくことが大事です!

 

まずは、5歳を過ぎたら、
特に気になることがなくても一度
血液検査など全体チェックをして
おくことをおすすめします。

 

極初期で何かの以上が発見できれば、
その後の
ケアで発症を遅らせること
も十分可能ですから。

 

猫さんは何も言いません。
早めに病気を見つけてあげるのが
飼い主さんの愛情です。

 

少しでも長く愛猫さんと幸せに暮らせますように・・

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?
  2. 猫の皮膚に白い粉やかさぶたが!その原因や病気の可能性は?
  3. 猫の抜け毛対策はブラッシングが重要!ケアとおすすめブラシ!
  4. 猫のトイレハイの理由は?猛ダッシュ~テンション高すぎっ!
  5. 猫との添い寝にはリスクがある?病気の感染や危険なことは?
  6. 猫を飼育(飼う)するメリットは?猫の持つ不思議な力が神秘的!
  7. 猫が夏バテでぐったりしている時の対処法と注意すること!
  8. 猫がお腹を触らせない!触ると痛がる(?)怒る,噛むのはなぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP