猫のフィラリア症!予防の薬は必要?症状や治療法なども!

猫のフィラリア症とは

 

犬のフィラリア症は、非常に
認知度も高く、予防する病気と
して有名ですが、猫のフィラリア症
は、まだ認知度も低く、予防率もわずかです。

 

犬と同じで犬糸状虫(フィラリア)
と呼ばれる寄生虫が、猫さんの
心臓や肺に寄生する病気です。

スポンサーリンク


犬の犬フィラリア症に比べ、
猫の犬フィラリア症が、あまり
知られていないのは、
猫がフィラリアに感染しても、
無症状だったり、突然死してしまう

ことが多く、発見が難しいためです。

また、感染率も低いためです。

 

<原因は?>

 

フィラリアは蚊を媒介に猫の体内
に侵入し、皮下組織などで発育します。

そして、心臓や肺動脈に移行して成虫になります。

 

この感染経路は犬と同じで、
蚊を媒介して
ミクロフィラリア
(フィラリアの幼虫)が猫の体内

に入り込むことから感染します。

WS000005
出展:http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/

 

<症状は?>

 

猫がフィラリア症になっても、
症状があらわれない
ことが多い
ので気づきにくいのですが。

 

猫のフィラリアは犬に比べて、
寄生する数も1~2匹と少ないと
されますが、猫の心臓は小さい
ため、30cmにもなるフィラリア
の成虫の寄生はかなりの負担になります。

 

そのため、気がついたときには
全身に影響が出ているケースも多くみられます。

 

また、猫は心臓に寄生した
フィラリア成虫を、
独自の免疫作用
によって殺してしまう特徴的な

作用を持っています。

 

その作用によって成虫が死んだ時に
それまで無症状で元気だった猫が
突然死したり、肺動脈と肺の組織が
ダメージを受け続ける
ことで、
咳や呼吸困難などの、呼吸器疾患
原因になることもあります。

 

*長引く咳
*呼吸困難
*嘔吐
*元気消失
*鬱のような精神症状
*疲れやすくなる

などの症状が見られたら、
フィラリア症の可能性がありますが、
確率としてはフィラリア以外の病気の
可能性の方が高いかもしれません。

スポンサー リンク


<治療法は?>

 

通常、犬の場合はフィラリア症
の治療のためには、心臓や肺に寄生
しているフィラリアの成虫の駆除を行います。

 

しかし、猫の場合は、
アナフィラキシーショックなど
の合併症が出る可能性も高く、
危険を伴う
ため、積極的な治療
はしない
ことがほとんどです。

 

そのため、ステロイドや
気管支拡張剤などで、咳や炎症
を抑える対症療法をしていくようになります。

猫の咳の原因と考えられる病気!嘔吐にも似ているため注意!

 

<予防は必要?>

 

猫の場合、寄生するフィラリア
の数が少ないため、検査で発見
しづらく診断が非常に難しい病気です。

 

そのため、予防が何より大事になってきます。

月に一度、フィラリア予防薬を投与します。

 

地域によっても予防期間の違いは
ありますが、蚊の活動が始まる
春~蚊がいなくなる時期の
一ヶ月後まで飲ませます。

 

完全室内飼育の猫さんは、
感染率は低いとは言えますが、
絶対に蚊にさされないとは言えません。

 

また、近所にフィラリアに感染している
犬などがいる場合は要注意ですね。

 

犬フィラリア症の発生が多い
地域では、猫への感染率
も高くなります。

 

蚊が来ない、高層階のマンション
などでの飼育の場合は、ほぼ大丈夫でしょうが。。

 

猫のフィラリア症の予防に
ついては、まだまだ認知度も低く、
予防を積極的にすすめる獣医師も
多くはありません。

 

また、実際に猫がフィラリア症に
なる確率は2~3%です。
(地域によっても少し異なりますが)
そのため、あまり勧められないのですが。

 

しかし、予防が不要かと言われると
確率が0%ではないため、予防はして
おくにこしたことはないでしょう・・
ということになりますね。

もちろん、飼い主さんの判断にもよりますが。

 

ただ、猫のフィラリアのお薬は、
背中に垂らすタイプが主流ですが、
それらは、フィラリアの予防と一緒に
腸内寄生虫やノミなどの外部寄生虫も
駆除できます。

 

ですから、フィラリアの予防という意味
ではあまり気が進まない場合でもそれらの
寄生虫の予防という意味でどうせなら
フィラリアも一緒に・・という感じで
フィラリア予防に必要な期間(おおよそ
5~11月)は予防薬を投与するという感じ
もいいと思います。

 

特にお外に出る猫さんは、寄生虫の
予防は必須ですし、ノミなどが活発に
なる時期はフィラリア予防の時期とも
重なりますので一石二鳥とも言えます。

 

猫さんのフィラリア予防について検討
されている方は、一度、動物病院にて
詳しく説明を受けてみるといいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です