猫の目の不思議!暗闇で光る神秘の目は近眼で色の識別も苦手?

猫の目に見える世界

 

猫の目に私たちはどう見えて
いるのでしょうか?

景色はどう映っているのでしょうか?

色は見えているの?

 

猫の吸い込まれそうに大きな目。
くりっくりのまぁるい目。
宝石?ガラス玉のようなキラキラの目。

 

さぞ世の中が良く見えてそう
な目ですよね。
また、すべてを見透かしたよう
な態度からしてもとても視力が良さそう笑

スポンサーリンク


また猫は嗅覚も聴覚も優れている
から当然、目もすごいのよね~

なんて思われがちですが・・

 

実は猫はド近眼です。
猫の視界ではっきり見えるのは2m先まで。

それ以上はぼんやりとかすんで
見えているのです。

 

私たち人間が30m~60m程先
まで見えるのに対して、
猫は6mが限界とされています。

 

WS000000
出展:http://labaq.com/archives/51806891.html

建物の中:
上が人間に見える景色、下が猫に見える景色。

 

動体視力がスゴイ!

 

先に挙げたように、猫は視力は
低いですが、視野は広く、
動体視力に優れています。

 

左右の視野角は人間の
約180度に対して、
猫は約200度あるとされます。

 

そのため、動くものにはとても
敏感で、素早い獲物の動きを見逃しません。

 

これに、超音波まで聞き取れる
抜群の聴力が加わり、獲物を
捕らえることができるのです。

cat-221919_640

暗闇の王者

 

昼もグースカ寝て、夜も当たり前
に飼い主と一緒に寝る今の猫たち
を見ていると、ついつい忘れて
しまいがちですが、猫は夜行性の動物です。

 

夜行性である猫の目は、
暗いところでも、わずかな
光さえあれば見ることができます。

 

網膜の視細胞には、光を感じる
「杆体(かんたい)細胞」があります。
夜行性の猫は、この杆体細胞の
数が人間よりずっと多いのです。

 

さらに、夜間のわずかな光を増幅
させる働きをする「タペタム」と
呼ばれる反射鏡が網膜の後ろにあります。

 

もちろん何の光もない真っ暗闇
では、人間同様に見えませんが、
星明かりなどほんのわずかな光が
あれば、猫は見ることができます。

 

猫は人間の1/6程度の光量が
あれば、物を見ることができます。
そのため、暗闇でも狩りをするのに有利なのです。

 

暗闇で猫の目が光るのはこの
「タペタム」で光が反射されるからです。

WS000001
出展:http://labaq.com/archives/51806891.html

夜間の住宅街:
上が人間に見える景色、下が猫に見える景色。

スポンサー リンク


猫の瞳孔反射

 

また猫は瞳孔の大きさが変わる
ことでも有名ですが、これは
周りの光の量の影響です。

 

暗い場所では、光を多く取り込む
ように瞳孔を
大きく見開き、
明るい場所では光が入り過ぎない

ように、細く縮めて調節しています。

 

さらに、猫の瞳孔は光以外でも反応します。

 

緊張や恐怖を感じているとき、
攻撃しようとしているとき、
満足しているときなど感情によって
瞳孔の大きさは変化します。

cat-520894_640

色の識別は苦手

 

とても万能な猫の目ですが、
色の識別能力だけは人間よりも
劣っています。

 

いろいろな色彩を感じるのは
感光色素を含んだ錐状体
(すいじょうたい)という視細胞
ですが、猫の目にはこの錐状体
が少ししかないのです。

 

そのため、猫が識別できるのは
「青」と「緑」とその混合色で
あると考えられています。

 

人に見える「赤」はどうやら
見えないとされています。

 

暗闇でもよく物が見えることは、
夜行性で狩りをする猫にとっては
非常に大切な能力です。

 

しかし、夕暮れ時に茶色や灰色
など保護色に覆われたネズミを
見つけるには、色を見分ける能力
は必要ありません。

 

それよりも、獲物の敏捷な
「動き」に反応する動体視力の
ほうが、断然、役に立つ必要なものなのです。

 

猫は一撃必殺で短期勝負の狩りをします。

このためにも色なんかより、
動きを素早く察知する能力が
磨かれてきたようですね。

猫の目の上にはげが!毛が薄くなって地肌が見えるのは病気?

猫の目の色は変化する

 

猫の目の色は、成長に伴い変化していきます。

品種にもよりますが、一般的に
子猫のときはグレーや薄いブルー
の色をしています。

 

成長するにつれ、それぞれの
遺伝子によって、金色や茶色・
青や緑などに変化していきます。

猫の目の色にも、たくさんの種類があります。

cat-1094764_640

 

猫は近眼でも、何の問題もなく
生活できているんですね。

 

視力の悪さを補っても有り余る、

他の優れた感覚機能があるためですね。

 

すべては、単独で狩りをして生きて
きた、そのために備わった機能と
いうことです。

 

あの小さな体に秘められたパワーは、
まさに最強だったわけです。

 

グータラ・ゴロゴロ寝てるところ
を見ていると想像もつかない感じ
もしますけどね^^;

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です