体のしくみ

猫の驚異の感覚器官!視覚や聴覚・嗅覚や触覚の秘密!

猫の顔に集中する感覚器官がスゴイ!

 

猫のずば抜けたバランス感覚や
しなやかさ、それを支える骨や
筋肉の柔軟性、そのすべてが猫に
とっての最大の武器となっています。

 

しかし、この猫の体の恐るべき
身体能力には、それを支えるための
もっとスゴイ感覚機能が備わっているのです。

 

それが、あの猫の可愛い
ベビーフェイスに詰まっていたのです。

 

猫の特徴である大きな目も、
こじんまりとした可愛い鼻も、
思わず引っ張りたくなるヒゲも
凛々しい耳もすべてが、猫の
恐るべきハンターとしての最強の
武器だったのです。

スポンサーリンク


 

<猫の目/視覚>

 

昼もガーガー寝て、夜も当たり
前に飼い主と一緒に寝る今の猫
たちを見ていると、ついつい
忘れてしまいがちですが、
猫は夜行性の動物です。

 

夜行性である猫の目は、
暗いところでも、わずかな
光さえあれば見ることができます。

 

これは、夜間のわずかな光を増幅
させる働きをする組織が網膜の
後ろにあるからです。

 

暗闇で猫の目が光るのはこの
組織が光で反射されるためです。

 

この夜行性の目を利用して、
夜の暗闇でも小動物や鳥を
捕まえることができるのです。

 

猫は人間の1/6程の光量で、
物を見ることができます。

 

猫は瞳孔の大きさが変わること
でも有名ですが、これは周りの光の量の影響です。

 

暗い場所では、光を多く取り込む
ように瞳孔を
大きく見開き、
明るい場所では光が入り過ぎない

ように、細く縮めて調節しています。

WS000004

スポンサーリンク


 

<猫の鼻/嗅覚>

 

猫の嗅覚は犬には負けますが、
それでもかなり優秀な嗅覚を持っています。

 

人間と比べると、匂いを感じ取る
細胞数は、約2倍ですが、
嗅ぎ分ける能力は数万倍あると
言われています。

 

この嗅覚によって猫は獲物や
敵を見つけたり、自分の縄張りや
他猫の縄張りなどの判断をしています。

 

猫の鼻はしっとりと湿っている
のが普通です。
顔を押し当ててみるとヒヤっと
しますよね。

 

これは鼻の粘膜からの分泌物に
よるもので、鼻を守るためや、
匂いを敏感に感じとるためです。

 

眠っているときなどは、
分泌物が少なくなり、少し
乾いた感じになります。

 

また、猫の鼻には鼻紋と呼ばれる
ものがあり、これは他に一つとして
同じものはなく、その猫だけの紋となります。

人間の指紋のようなものですね。

WS000001

<猫の耳/聴覚>

 

猫の感覚で一番優れているのは聴覚です。

犬の2倍、人間の4倍はあるとされます。

 

人間には聞こえない高い音を聞き分ける
ことができます。
高音で人間が聴こえる音の範囲は
2万Hzまでですが、猫の場合は
10万Hzまで聴くことができます。

 

猫の耳には、約30個の筋肉があります。

そのため、左右別々に180度動かす
ことができ、広範囲の音をキャッチできます。

 

この能力によって、音源の方向や音源
までの距離を正確に計り、例え暗闇
の中でも、獲物のいる場所を判断し
一撃必殺の攻撃を仕掛けられるのです。

 

また、猫の優れたバランス感覚
にも耳は役立っていて、耳の中に
ある三半規管と前庭が他の動物
よりも発達しています。

 

この抜群のバランスにより、
猫は高い所から落ちても、ちゃんと
体制を立て直し、体にダメージ
与えない着地
ができるのです。

WS000007

<猫の口/味覚>

 

猫は味覚よりも嗅覚によって
食べ物を判断
しています。

 

しかし、猫にも人間と同じ、
味蕾があり、酸味や苦味を感じ
とることができます。

 

一番敏感なのは、酸味で次に苦味とされます。

これは、獲物の肉が腐っていないか
を判断するために発達したと言われます。

 

また、猫には、甘味を感じることは
ほとんど
できないとされます。

 

これは、肉食動物として生きてきた
過程で、タンパク質をメインに
食べてきているので、甘味を口に
することがなかったためだと考えられています。

 

口の中にある、猫の舌は、
表面に棘上の突起物があり、
紙ヤスリのようにザラザラしています。

 

猫さんに舐められると痛いですよね・・

この突起のせいなんですね。。

 

この突起物は喉の方に向かって
生えていて、さまざまな役割を果たしています。

 

・獲物を食べるときに、
骨についた肉をこそぎ落として
残さず食べるため。

・グルーミングで汚れを取ったり、
抜け毛を絡め取るため。

・水を飲むときに突起に
引っかかるため、水が飲みやすくなるため。

スポンサーリンク


また、猫の歯は肉食動物特有の
鋭い歯で、獲物を仕留めるときに
活躍します。

 

人間でも猫に本気で噛まれると
皮膚に穴があきます。

 

門歯や臼歯も肉を食べるのに
適した役割をしています。

 

猫の歯は全部で30本あります。
(乳歯は26本)

WS000000

 

<猫のヒゲ/触覚>

 

猫のヒゲは、重要な感覚器官です。
優れたアンテナの役割を果たしています。

 

鼻の横だけではなく、口の横、
目の上、頬、顎の下にもあります。

 

猫のヒゲは他の毛と違い、皮膚の
深いところから生えています。

 

そしてその先には、自己受容体と
いう触覚器官
が埋め込まれていて
たくさんの神経が集中しています。

 

ヒゲに何かが触れるとその情報は
瞬時に脳に伝わります。

 

猫が狭いところを通ったりできる
のは、このヒゲがアンテナとして
働いて判断しているからです。

 

また、目の周辺に迫ってくる異物
などをいち早く察知し目を閉じる
ことで、目を守っています。

 

その他、獲物を見つけたときなど、
警戒しているときは、ヒゲが前の
方にピーンと傾きます。
猫じゃらしで遊んでいるときもそうですよね。

 

猫はヒゲでもご機嫌具合が分かります。

猫のヒゲを切ることは絶対にNGです!

WS000006

 

いかがでしたか?
猫さんの神秘の生態が分かりましたか?

 

あんな小さな体に恐るべきたくさん
の機能を秘めているんですね。

 

さすがです!^^

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の避妊,去勢手術後に見られる性格や行動などの変化とは?
  2. 猫は去勢しても成長が止まることはない!性ホルモンの影響とは?
  3. 猫が喉をゴロゴロ鳴らす理由とその効果は?骨密度との関係は?
  4. 猫は霊感が強いってホント?威嚇や鳴くのは霊が見えてるの?
  5. 猫の爪の除去手術は虐待では?アメリカでは多く行われている!
  6. 猫のふみふみは寂しいから?愛情たっぷりの爪刺し刑が痛い件!
  7. 猫のオシッコやウンチがとても臭い理由と砂をかける習性は?
  8. 猫が唸る、怒るときに考えられる原因や理由と対処法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP