猫のヒゲの仕組みと驚くべき能力!幸運のお守りってほんと?

猫のヒゲは捨てちゃダメ?

 

可愛い可愛い猫さんのお顔に
ピーンっとたくさん生えてるおヒゲ♪

 

愛猫家さんたちの間では、
猫のヒゲは「幸運のお守り」
として、丁重に扱われます。

 

猫のヒゲは幸せをもたらして
くれるとされています。

 

ヒゲが落ちている(抜け毛)のを
発見したときの嬉しさと言ったら・・

 

思わず「見っけ~」っとニヤニヤ
してしまうほどです笑

スポンサーリンク


ですから掃除中も気が抜けません。
目を見開いてヒゲが落ちていないかチェック!

 

コロコロをかけたあとは、
コロコロをめくるときにも厳重チェック!

 

そして、たまにコロコロに
くっ付いてくるおヒゲさまを発見
したときは「ゲット~♪」と
ご機嫌さんになります。

 

今日はいいことあるぞ!
なんて思っちゃいますね笑

 

そして、そのおヒゲさまは
丁重に扱われます。
今では、猫用の専用ヒゲケースな
ども立派なお箱も出回っております。

 

まるで、大事なへその緒でも
保管しているくらいの勢いですね。

 

そして、貯まれば貯まるほど、
幸せが増えていってるような
感覚にさせてくれます。

075

また、猫のヒゲを和紙に包んで
財布に入れておくという人もいるようです。

 

そのくらい大事に愛されているおヒゲさま♪

 

でも抜ける前のおヒゲさまは
実は猫の生活において欠かせない
重要な役割を担っているんです。

 

切っても問題のない、ただの
飾りのような犬のヒゲとは
まったく違うモノなのです!

スポンサー リンク


猫のヒゲの役割

 

猫のヒゲは、重要な感覚器官です。
優れたアンテナの役割を果たしています。

 

猫のヒゲは、洞毛や触毛など
とも呼ばれ、鼻の横だけではなく
口の横、目の上、頬、顎の下にも
あり、全部合わせると50~60本ほど生えています。

 

また、顔だけではなく、
前足の後ろにも生えています。

 

猫のヒゲは他の毛と違い、
皮膚の深いところから生えています。

 

そしてその先には、自己受容体
という触覚器官
が埋め込まれていて
たくさんの神経が集中しています。

 

このため、ヒゲに何かが触れると
その情報は瞬時に脳に伝わります。

 

 

<体の幅の感覚を測るアンテナ>

 

猫が狭いところを通ったり、
入ったりできるかはヒゲが判断しています。

 

ヒゲで幅を測り、自分が通れるか
どうかを見極めているのです。

 

このため、一般的には太った猫ほど、
ヒゲが長く開いています。

 

WS000010猫の驚異の感覚器官!視覚や聴覚・嗅覚や触覚の秘密!

<顔まわりの好感度センサー>

 

猫はヒゲを使って、風向きを
知ったり、顔周辺の異物を避けたりします。

 

また、狩りには欠かせないもので
獲物に飛びかかる寸前、前に
向かって広げ、ヒゲで感じる振動
によって獲物の動きをキャッチし
素早くくわえ込むことができます。

 

<感情を表すセンサー>

 

猫はヒゲの動きによって気持ちを表します。

落ち着いてリラックスしている
ときは、真横に伸びています。

WS000006
出展:http://www.kao.co.jp/

 

怯えたときや、ビックリして不安な
ときなどは後ろの方に(猫の顔に
向かって)倒すように動かします。

WS000007
出展:http://www.kao.co.jp/

 

また、獲物を見つけたときや、
興味を抱かせるものがあって、
警戒や積極的になっているとき
などは前に向かって広げます。

WS000008
出展:http://www.kao.co.jp/

猫じゃらしで遊んでいるときなど
はこうなっていますよね。

 

<猫のヒゲは絶対に切ってはいけない>

 

猫のヒゲを切ることは絶対にNGです!

感覚器官が働かなくなるため、
正常な行動ができなくなります。

 

人間に例えると、視力や触感を
奪い去るのと同じことです。

 

物にぶつかったり、それまで
通っていたところを通れなく
なったり動かなくなったりします。

 

ひどい場合は、極度のストレス
状態で、元気や食欲がなくなって
うずくまってしまうこともあります。

 

猫にとってヒゲがなくなることは
そのくらいの不安とストレスになります。

大事にしてあげましょう。

 

そして自然に抜け落ちるぶんには
何の問題もありません。
また元気なおヒゲさまが生えてきます。

 

落ちているおヒゲさまを見つけたら
丁重に扱いましょう!

 

ps/ 猫のヒゲの扱い方や考え方に
ついては、個人個人の問題であり、
本当にお守り効果があるかどうかは
その人の心の有り様に左右されるものです笑

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です