猫の基底細胞腫の症状や治療法は?皮膚のイボやしこりに注意!

猫の基底細胞腫とは

 

猫の皮膚の表面のうち、
一番下層(基底)にある細胞に
できる腫瘍で、皮膚がんの一種です。

 

猫の皮膚の腫瘍の中で最も多く
見られる腫瘍で、皮膚腫瘍の中
の30%近くを占めています。

 

「がん」の一種ですが、悪性である
ことは極めてまれで、ほとんどの
場合は良性の腫瘍で命の危険は低い
とされます。

また、転移することもまれです。

スポンサーリンク


症状は?

 

一般的な皮膚がんと同じく、
シコリイボのような腫瘍が
皮膚の表面にできます。
特に頭部や頸部・体幹に多く発生します。

 

大半は硬いしこりのようなもの
ですが、柔らかい嚢胞状のもの
の場合もあります。

 

放置すると、その場所で深く
浸潤して広がっていきます。

 

また、まれに基底細胞腫から
基底細胞がんへ移行することがあります。

 

良性の場合は色素沈着が見られ、
孤立性の膿疱で硬い塊になります。

 

悪性の場合は色素沈着はなく、
浸潤性があり、主に頭部・頸部
に多く発症します。

原因は?

 

遺伝子の変異や、日光を浴びる
ことによる
皮膚のがん細胞化
原因とされていますが、詳しく
は解明されていません。

 

中高齢の猫や、紫外線を防ぎ
にくく影響を受けやすい被毛が
白い猫に多く発症が見られます。

猫の日光皮膚炎は春から夏に白猫が要注意!症状や治療法は?

 

また、好発品種にシャム猫や
ペルシャ猫が挙げられています
が遺伝の可能性などは解明されていません。

 

治療法は?

 

基底細胞腫は、転移の可能性も少なく、
危険性の低い皮膚がんですが、まれに
悪性に移行することもあるので、
発見したら手術によって切除をするのが
一般的です。

 

放置すると徐々に浸潤していき、
切除が難しくなってしまうので、
早めの切除が望ましいです。

高齢猫の全身麻酔や手術のリスクは?体に与える影響や負担は?

 

また、他の皮膚がん(扁平上皮癌や
皮脂腺腫など)との鑑別が必要に
なりますので、切除後、病理検査
で確定診断を下す必要があります。

 

ほとんどの場合、再発する恐れ
はありませんが、まれに同じ
場所に腫瘍ができる場合もあります。

 

予防法は?

 

紫外線の影響を受けると言われる
ので、室内飼育に徹し、特に白い
被毛の猫さんや、高齢の猫さんは
皮膚の状態のチェックをこまめに
してあげることです。

 

普段からのスキンシップや
ブラッシングなどで猫さんの
体を良く見てあげることが大事ですね。

 

できるだけ早めに発見して、
腫瘍が小さいうちに手術を
受けさせれば、手術自体も簡単
ですし、猫さんの負担も軽くすみます。

 

ほとんどが良性なので、
その後の治療も必要なく、
経過観察だけで大丈夫です。

 

早期発見・早期治療を心がけましょう!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です