猫がトイレ以外の場所でオシッコをするのは病気のサインかも?

<猫の不適切排尿は病気のサイン?>

 

猫さんに多い、オシッコトラブル
の問題。
トイレ以外のところにしてしまう。

 

いろいろと対策をしてみても治らない。

なぜなの?

 

それはもしかしたら病気のサイン
かもしれませんよ!

スポンサーリンク


猫さんの排泄トラブルには
さまざまな要因が考えられます。

 

主に挙げられるのは以下の原因
によるものです。

*トイレ環境の問題
*尿マーキング
*生活環境の問題
*心因的ストレス
*病気の可能性

 

この中で、「病気の可能性」
以外のものは、適切な対処や対策を
すれば改善できることも
あります。

猫のマーキング・尿スプレー行為をやめさせる方法とは?

 

しかし、病気が原因による不適切な
排尿問題だけは、その病気を治療
しないかぎり、改善する見込みは
ありません。

 

では、そのような問題を起こす
可能性のある猫の病気には
どのようなものがあるのでしょうか・・

猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!

 

<泌尿器系のトラブル>

 

猫の病気で非常に多いのが
泌尿器系の病気です。
これには理由があります。
猫の祖先であるリビアヤマネコは
砂漠に生息していました。

 

砂漠のような水がほとんどない
ところでは、水を飲む量が少なくて
も生活できるように、水分を無駄に
しないため、濃縮したオシッコを作ります。

 

この生態をそのまま引き継いで
いるため、猫には尿路疾患
(オシッコの病気)が多いのです。

 

「膀胱炎」

尿道から入った細菌が膀胱で
炎症を引き起こす病気です。

 

症状は、頻尿・血尿・尿臭が
強くなる
など
です。

 

トイレ以外の場所で粗相をしたり
元気や食欲がなくなったりすることも。

 

猫は濃縮された濃いオシッコを
するため、膀胱内が細菌繁殖
しやすい状態にあります。

 

また、膀胱の中にできた
結晶や結石によって膀胱粘膜が
傷つけられ、そこに細菌が感染して

膀胱炎につながる場合もあります。

 

その他、決定的な原因が分からない
突発性膀胱炎というのもあります。

猫の膀胱炎の原因や症状と治療法や費用について! 猫の膀胱炎(特発性膀胱炎)の原因や症状と対処法、治療費用など!

 

「尿路結石症」

腎臓や尿管膀胱に結石
できる病気です。

 

初期の症状は、頻尿血尿など、
膀胱炎と同様です。

膀胱内にできた結石が刺激になり
炎症を起こします。

 

悪化すると重篤な症状になり、
命に関わることもある怖い病気です。

猫の尿石症・尿毒症の原因や症状と治療や費用、予後など!

スポンサー リンク


<慢性腎不全>

 

飼い猫の死因のトップに挙げられる病気です。

 

一番分かりやすい症状は多飲・多尿です。

 

症状が進行してくると、
食欲不振・元気消失・嘔吐・
体重減少などがあります。

 

猫は濃縮したオシッコを作るため
常に腎臓に負担をかけています。

 

そのため、中~高齢猫の多くが
腎不全を発症しているとされます
ので注意が必要です。

猫の慢性腎不全!初期に分かりやすい症状や治療法は?

 

<糖尿病>

 

糖尿病も猫に多い疾患です。

初期の症状は、多飲・多尿
食欲不振・体重減少など、
ほぼ腎不全と同じです。

 

インスリンの分泌量低下や
遺伝的要因などで、インスリンを
十分に作れなくなり、その結果、
血糖値が異常に上昇します。

 

原因としては、肥満やストレス、
慢性的な
炎症性の疾患などが考えられます。

猫の糖尿病の原因や症状~末期まで!インスリン治療や費用など!

 

<子宮蓄膿症>

 

未避妊のメス猫に多く発症する、
子宮の中に膿が溜まる病気です。

典型的な初期症状は多飲・多尿です。

 

その他、陰部から血や膿が出てくる
こともあります。

 

メス猫の発情期の後、黄体期には
免疫力が低下したり、細菌が子宮内
に侵入しやすい状態になります。

 

このときに、子宮内に細菌感染が
起こって
膿が溜まってきて、
子宮蓄膿症を起こします。

猫の子宮蓄膿症の症状や治療、経過や予後と手術費用など!

 

上記に挙げた病気は、
猫に多い病気で、症状に頻尿や
多飲多尿を伴うものの一例です。

 

頻尿や多飲多尿は、猫さんの
尿ストレスとして不適切排尿に
つながることが多くあります。

 

いずれも早期発見・早期治療が鉄則!
の病気です。

 

猫さんの発する病気のサインを
見逃さないように注意深く観察
してくださいね!

 

そして、少しでも気になることが
あれば、病院で検査をしてもらいましょう。

猫のオシッコ対策!尿マーキングと粗相・不適切排泄の違いは?

 

<まとめ>

 

たかがオシッコ・・
されどオシッコです!
猫さんにとって、オシッコは
非常に重要な健康のバロメーターであり、
何らかの異変はすべての病気の初期サインでもあるのです。

 

猫さんは自分で病状を訴えることはしません。

我々飼い主が早く気づいてあげないとですね!

 

その他、猫の多飲多尿を伴う病気
としては、

*甲状腺機能亢進症

*糸球体腎炎(急性腎炎)

などがあります。

 

まずは受診して粗相の原因になる
病気がないかの検査を受けましょう!
血液検査で一通り分かります。

 

体に異常がない場合には、
トイレ環境や飼育環境の改善が
必要なことが多いです。
特に多頭飼育の場合などは、ストレス
による粗相の可能性が高いです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です