猫の扁平上皮癌の症状や治療法は?顔面の傷や皮膚炎に要注意!

猫の扁平上皮癌とは

 

扁平上皮と呼ばれる、皮膚や角膜
などの体表面の口腔や食堂・気管
や鼻腔などの体内への入口と
なる
部分の細胞が、ガン化
したものです。

 

白猫や、部分的に白い被毛を持つ猫
に発症しやすく、主に顔面の鼻の
周辺やまぶた、
耳介など、毛の薄い
部分に多く発生します。

スポンサーリンク


 症状は?

 

ガンが出来た場所によっても
症状はさまざまです。

 

皮膚に腫瘍ができた場合は、
かさぶた潰瘍が発生し、脱毛が起こります。

 

初期では、皮膚炎や引っかき傷
のように見えます。

 

進行すると、潰瘍が腫れて
ひどくなり、出血したりが出て
きたりし、その部分が脱落して
しまうこともあります。

 

鼻の表面に腫瘍ができた場合は、
シコリや潰瘍とともに
鼻水・鼻血・くしゃみなどが
見られることもあります。

 

口腔内に腫瘍ができた場合、
出血を伴うよだれが出たり、
口が閉じられなくなったり、
食事ができなくなったりします。

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

原因は?

 

扁平上皮癌は、太陽の光(紫外線)
によって誘発されることが知られています。

 

そのため、
紫外線の影響を受けやすい白猫や
被毛の一部が白い猫・外出が多い
猫に起こりやすいです。

 

また猫エイズ(猫免疫不全ウイルス)
などによって、免疫力が低下して
いるときに発症しやすくなります。

スポンサー リンク


治療法は?

 

第一選択は、外科的切除です。
ガンのある部分を中心に、
できるだけ広範囲に切除します。

 

例えば耳介の部分に腫瘍ができて
いるときは、耳を全部切除する
こともあります。
また、目であれば眼球を摘出する
こともあります。

 

がん細胞が広がる前のなるべく
早期に切除することが重要になります。

 

早期に治療することができれば、
切除部分も少なく済み、再発の
可能性も少なくなります。

 

猫の腫瘍は悪性度の高いものが
多いため、切除できる大きさと部位で
あればとにかく手術によって切除する
という治療法になります。

 

その他、外科治療の補助療法と
して、化学療法(抗がん剤)や放射線治療
などが行われることもあります。

 

手術をせずに抗がん剤のみという
治療は、あまり効果が期待できない
ため、積極的に行われることは少ないです。
(ガンの種類によっては抗がん剤の効果
が高いものもあります。猫ではリンパ腫など)

 

ただし、手術ができない場合など
(麻酔のリスクが高い、切除が難しい
部位など)は、抗がん剤が第一選択に
なる場合もあります。

猫の扁平上皮癌!抗がん剤や放射線の治療方法や効果は?

 

予防法は?

 

扁平上皮癌は、紫外線の影響を
受けるので、室内飼いを徹底し、
外には出さないようにすることが有効です。

 

しかし、室内飼育でも
扁平上皮癌になることはあるので、
普段から、鼻や耳の周辺などの
皮膚の状態を良くチェックすること
が大事です。

 

小さな傷でもなかなか治らな
かったり、皮膚が荒れて
いるような
場合は早めに診察を受けましょう。

 

また、口腔内にもできている
可能性があるので日頃から口の中
をチェックする習慣をつけると
いいですね。

 

外耳炎や、口内炎から発生する
ケースもあるため、それらの病気が
ある場合は早めに治療しておくこと
で予防につながります。

猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?よだれや口臭!

 

よだれや口臭などは要注意です。
食事も食べにくそうにしていない
かなど気をつけて見ましょう。

 

顔面などの体表に出来ている
場合は容易に見つけることが
できますので、発見即治療を
心がけておくようにしましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です