猫のオシッコ対策!尿マーキングと粗相・不適切排泄の違いは?

猫の排泄トラブルの見極める!

 

猫さんの問題行動の一つであり
飼い主さんの頭を悩ませるオシッコ
問題は多いですね。

 

トイレ以外の場所でオシッコをしてしまう・・

 

一緒に暮らしてる飼い主さんに
とっては非常に深刻な問題ですよね。

スポンサーリンク


猫の排泄物は特に臭いも強烈です。
それをあっちこっちでされたら・・
トホホですよね。

 

そんなときにまずはどうしたら
いいか?

 

一番初めにするべきは、

*そのオシッコが尿マーキング(匂い付け)なのか?

*ただ単にトイレ以外のところで排泄(粗相)をしているのか?

 

これを見極めることが大事です。
これが分からないと対策のしようがありません。
非常に重要なことです!

 

そこで、尿マーキング・不適切な排泄の
違いや見極め方についてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

難しくはないですから、
まずはじっくりと観察して、
どちらであるかを知ることからです!

対処・対策はそれからです!

 

<尿マーキング(スプレー行為)の場合>

 

猫の尿マーキング自体は、本能
から来る正常なコミュニケーション方法の一つです。

 

しかし、尿マーキングは、
「ストレスサイン」とも呼ばれ、
生活環境へのストレスや多頭飼育
などの他猫との関係、恐怖や不安
などが原因となっていることも
多くあります。

 

「排尿姿勢・排尿量」

立ったまま尻尾をピンっと
立てて、壁や家具などの垂直面に
向かって地面と水平に発射します。

このときに尻尾がピクピクと
動くこともあります。

 

尿スプレーのオシッコの量は
少量で、膀胱内に溜まっている
オシッコを全部出し切ることはしません。

WS000000
出展:http://sakura-kawai-pet.blogspot.jp/

 

「トイレでの排泄」

普段の排泄時にはトイレを使用する。

 

「マーキング場所」

玄関や窓の近く、通路の壁や
部屋の入口などの垂直面
猫の顔の高さと同じくらいの
ところに吹きかけます。

WS000001
出展:https://www.iris-pet.com/

 

「対処法について」

尿マーキングを行うのは、基本的には
去勢手術をしていないオス猫です。
その場合、まずは去勢手術をすることで
マーキングしなくなることもあります。

 

ただし、去勢しても治らないことも
あります。
また、去勢しているオス猫でも
マーキングすることはあります。
(性成熟する前=生後半年〜8ヶ月くらい
までに去勢手術をした猫の場合には、
マーキングをすることはまずありません。)

 

尿マーキングの対処法について
詳しくはこちらでまとめています。

猫のマーキング・尿スプレー行為をやめさせる方法とは?

スポンサー リンク


<粗相・不適切な排泄の場合>

 

猫が、通常はトイレで行うべき
排泄行為を何らかの原因により、
おトイレ以外の場所でしてしまう
ことを、粗相や不適切な排泄と言います。

 

一般的に考えられる原因として挙げられるのは、

*トイレ環境の問題

設置場所や猫砂・清潔度・大きさなど。
(特に多頭飼育では注意)

*心因的な問題

飼い主の気を引くため、など。

*病気の可能性

猫に多い膀胱炎や尿石症などの
泌尿器系の疾患や、多尿を伴う
腎不全や糖尿病など。

 

「排尿姿勢・排尿量」

座って、お尻を低くして、
地面に向けて下に放出します。

量も多く、すべてのオシッコ
を出し切ります。
*但し、泌尿器系の病気の場合
は少量ずつで回数が増えます。

WS000002
出展:http://www.nekohon.jp/zy-idea-toilet-omaru.html

 

「トイレでの排泄」

普段の排泄時もトイレでしないことがある。

 

「排泄場所」

ソファやクッション・飼い主の布団
などの水平面に排泄する。

また、それ以外の場所でも自分が
気に入った所に毎回する。

表面が好みの素材の場所でする
ことが多い。

 

「頻尿、多尿による粗相の場合」

泌尿器系の病気により、膀胱に
炎症がある場合など、常に残尿感
があるため、おトイレ以外の場所
でもしてしまうことがある。

 

また、病気の症状により、
多飲多尿の場合はトイレまで我慢
できずにしてしまう場合や、病気
によるストレスから他の場所で
してしまうこともある。

 

*多尿の症状で猫に多い病気
・慢性腎不全
・糖尿病
・甲状腺機能亢進症
・子宮蓄膿症(未避妊のメスのみ)
など・・

*頻尿の症状で猫に多い病気
・尿路結石症
・膀胱炎(細菌性、特発性)
など・・

 

「対処法について」

原因によって異なります。
まずは病気の可能性を排除することが
大事ですので、診察を受けましょう。

 

それ以外の場合、多いのはトイレ環境や
飼育環境への不満やストレスによるもの
が考えられます。

詳しくはこちら↓

猫の粗相はトイレが原因かも?猫目線で考えて解決してみよう!

 

<まとめ>

 

いずれにしろ、猫さんの
オシッコのトラブルは、それが
尿マーキングなのか?
不適切な排泄によるものなのか?
をきちんと見極めることが重要です。

 

そしてその原因に沿った対処を
していくことになります。

 

猫さんのオシッコトラブルは
多くの場合、適切な対処・対策
をすれば防げます。

 

しかし、最初の見極めをちゃんと
せず、間違った対処をしてしまう
と治らないどころか、悪化する
可能性もあります。

 

猫さんの生態・行動を理解して、
猫目線に立って問題解決に
努めていくことが大事ですね。

 

特に多頭飼育の場合、オシッコトラブル
が多い傾向にあります。
多頭飼育では、ストレスなど心因的な
ものも含め、トイレ環境に不満を持って
いる場合が非常に多いです。

 

また、たくさん猫がいる場合には、
どの猫さんがトイレ以外のところで
オシッコをしているのか突き止める
のも難しいと思います。

 

ただ、病気による可能性もあるため、
しっかりと観察しましょう。

 

自分で判断できないときは、
動物病院で相談してアドバイス
をしてもらうといいいですよ!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です