飼育について

子猫の成長!誕生~成猫になるまでの体の変化や育て方まで!

子猫の誕生~成長を見守る!

 

かわいいかわいい子猫が産まれたら
すくすくと成長しあっという間に
大きくなりますよ!

 

生まれたての頃は・・

ちゃんとおっぱい飲めてるのかしら?

ちゃんと大きくなってんのかしら?

なんて不安もいっぱいだと思いますが。

スポンサーリンク


基本的に子猫の育児は母猫がちゃんと
しますので、飼い主さんは温かく
見守ってあげましょう。

 

もし、うまくおっぱいが飲めない
子や、兄弟猫さんに負けて乳首に
ありつけない弱い子などがいる場合
は、足りない分はミルクを飲ませて
あげないといけないこともあります。

 

不安な場合は体重を計って
ちゃんと増えているかチェックして
おくといいですね。

ws000009子猫を保護したら?授乳や排泄など育て方~成長するまで!

スポンサーリンク


誕生から離乳までの成長過程

 

<出生時>

出生時の子猫の体重は、平均で
100g前後です。
(猫の種類や個体によっても差があります。)

 

その後、順調に育っていると、
1日10~15gずつ増えていきます。

 

<生後7日目>

この頃から、少しずつ目が開いて
きます。
目頭の方からちょっとずつ開眼
してきます。

 

<生後10日前後>

10日目には体重は出生時の2倍
ほどに増えます。

 

<生後15日前後>

目は完全に開き、少し歩けるように
なってきます。

この頃には耳も聞こえるように
なります。
また、乳歯も生え始めます。

WS000004

<生後1ヶ月>

1ヶ月になると、のどを鳴らしたり
人にすり寄ってきたりと猫らしい
感情表現をしてくるようになります。
とてもかわいいです。

 

かわいいからと言ってかまいすぎ
ないようにしてたくさん寝かせてあげましょう。

子猫は一日20時間以上も眠ります。
寝ている間に成長しますので、
睡眠を妨げないように。

 

体重は300~400gにまでなっています。

 

<離乳食開始>

この頃から離乳食を開始します。
子猫用のキャットフードの缶詰か、
ドライフードをお湯でふやかしてあげます。

 

回数はできれば1日5~6回。
少なくとも4回はあげてください。

 

子猫の成長期に必要な食事のカロリー
は成猫の約2倍です。

 

しっかりした子猫用のキャット
フードもしくは良質(プレミアム)
フードのオールステージ対応の
ものを少量ずつ複数回に分けて与えましょう。

ws000012子猫を飼う!安全や健康に配慮した過ごしやすい環境作りを!

 

<子猫用のトイレ設置>

トイレトレーニングもこの時期
からですが、基本的に母猫と一緒
にいる場合は、母猫を見て真似しま
すので、特にしつけをする必要はないです。

 

また、猫は習性として砂のある
ところで排泄をしますので、自然
に覚えてくれます。

 

産箱(子猫の寝床)の近くに子猫用
のトイレを設置しておきましょう。

入りやすいように高さの低いケース
などで代用するといいですね。

 

猫砂は粒の小さなものを選びましょう。

粒の大きなものだとバランスが
取りづらく踏ん張りもきかないため、
特に赤ちゃん猫には不向きです。

WS000005

 

スポンサーリンク


<生後40~50日>

この頃になると活発に動き出します。
動くものに興味を示すようになり
ますので猫じゃらしなどで遊んであげましょう。

 

また、兄弟猫たちと元気に取っ組み
合いや追いかけっこをして走り回ります。

 

<生後2ヶ月>

2ヶ月になると、獲物を狙うハンティング
の学習をしだします。
体重は600g前後になっています。

 

そして、一回目の予防接種(混合
ワクチン)の時期ですね。
健康診断も兼ねて動物病院に行きましょう。

 

<生後3ヶ月>

永久歯が生え始めます。
体重は1kg前後になっています。

2回目の予防注射ですね。
このあとは、1年に1回の追加接種になります。

 

<生後5~6ヶ月>

永久歯が生え揃います。
運動能力も上がり、ますます活発になります。

 

成猫になったときに食事を1日2回に
したい場合は食事回数を減らして行きましょう。

 

しかし、現在では成猫でも食事回数
は多くしたほうが健康にも肥満防止
にも良いともされますので、可能で
あれば、食事回数は多いままで維持
してあげるといいと思います。

 

 

<生後7~8ヶ月>

この頃になると早い子では発情期がきます。

これは個体差や猫種によっても変わります。

大人(成猫)の仲間入りで、体型も
ほぼ完成形になりますが、もう少し
成長します。

体重は2~3kgほどになっています。

 

避妊手術や去勢手術を考えるのは
この時期になると思いますが、手術
を受けるのであれば一度病院に行って
診察を受け、手術によるメリット・
デメリットなどの話を聞きましょう。

 

避妊・去勢手術を受けた場合は
そのあとから食事は成猫用に変えましょう。

WS000007

<生後1年>

成長は止まり、立派な成猫となります。

メインクーンやラグドールなど、
大型の猫種は、成長はまだ続き、
2~3年で成猫になります。

 

キャットフードは成猫用に変えましょう。

一日の給餌量を守り、複数回に
分けてあげるようにしましょう。

 

この先、若齢期は活発な時期が続きます。

たくさん遊んであげましょう。

 

子猫の成長はあっという間ですね!
かわいい時期を見逃さないように
たっぷりと観察しておきましょうね。

 

成猫になってももちろん猫さんは
十分かわいいですけどね♪

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!
  2. 猫の出産後の発情はいつくる?避妊手術はいつから可能?
  3. 猫との添い寝にはリスクがある?病気の感染や危険なことは?
  4. 猫がトイレ以外の場所でオシッコをするのは病気のサインかも?
  5. 猫がタバコを食べた!?中毒症状や致死量について!
  6. 猫の飼い方!トイレなどの臭いが気にならない対策やグッズ!
  7. 猫の鼻の掃除やお手入れって必要?鼻水や鼻づまりに注意!
  8. 猫の去勢手術の方法!傷口を縫うのと縫わない場合の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP