生態

地域猫って?その活動と問題点や今後の課題について考える!

地域猫の活動って?

 

地域猫とは、特定の飼い主は
おらず、その地域に住む住人たち
が共同で管理・世話をしている
猫のことです。

 

活動をされているそのほとんどは、
ボランティアの方々で、エサやり
や糞の清掃、繁殖を防ぐための
避妊手術や去勢手術を行います。

 

この活動はTNR活動と呼ばれ、

Trap(捕獲)
Neuter(不妊手術)
Return(元の場所に戻す)

この略で付けられた名称です。

スポンサーリンク


 

これらを受けた猫が地域猫と
呼ばれ、耳には不妊手術済みの
切れ込みが入れられ、「さくら猫」
とも呼ばれます。

 

野良猫による住民のトラブルなど
の解消になり、不幸にも処分されて
しまう猫を増やさないための取り組みです。

 

1997年に神奈川県横浜市磯子区
の住民たちが野良猫たちを共同で
お世話し、野良猫を増やさないよう
にする取り組みが始まりで、
その後全国に地域猫運動・地域猫
制度として普及したようです。

 

現在では自治体が補助金を出すなど
支援体制も少しずつ整ってきては
いますが、一方で住民の理解が得ら
れず対立があったりなどの問題も
まだ山積みとされています。

 

活動の問題点

 

活動の趣旨はとても立派なもので
あり、不幸な猫をなくすためにも
猫好きならぜひ賛同したいものです。

 

しかし、実際の活動成果は
どうなのか?そこが問題とされて
いるのは事実です。

 

捕まえて、避妊・去勢手術を行って・・

それで実際その地域の猫が減って
いるのかと言うと、場所によっては
そうでもないようです。

 

また場所によっては逆に増えて
いるところも多いようですね。

 

これはなぜかと言うと、
取りこぼしなく、すべての猫に
避妊・去勢を行うことはまず
不可能であると言うこと・・

 

そこに行けばエサがもらえる
ため、他の地域の野良猫たちも
そこに流入してくるため・・

 

結果、野良猫はちっとも減らない・・

という可能性もあるわけです。

 

ここで考えたいのは、活動をする
人たち、また、我々すべての人間
は猫に対する認識が甘いのでは
ないか?ということです。

 

つまり、猫の生態・本能をしっかり
と理解して活動を行う必要がある
のです。

スポンサーリンク


猫の繁殖能力

 

今や猫は人間社会で我々と共存して
生きています。

 

特に家庭内で家族の一員として
飼われている猫などは、その野生
の本能を忘れてしまったかの
ような、のほほんとした生活を
送っています。

 

そして、野良猫と言われる外で
生活している猫たちもある意味
人間と共存していると言えます。

 

ごはんをもらえるところに集まり、
人間からごはんをもらって生きて
いる猫も多いです。

 

しかし、だからと言って猫は本能
をなくしたわけではないのです。

 

猫の繁殖能力はとても高いです。
そして生殖行為に対する欲求は
とても強いです。
それは昔も今も変わりません。

 

猫は一度の出産で3~6匹の子猫
を産みます。
そして条件が揃えば年に3回程度
妊娠ができるので、10匹以上の
子猫を産むのが普通です。

 

例えばその地域に住む地域猫
10匹の避妊手術をしたとしても、
取りこぼしが2匹いれば1年後
には20匹に増えていることになります。

 

また、生殖行為ができる相手を
探して遠くにまで行って交尾を
してくるのが猫の本能です。

 

仮にそこにいる猫が避妊・去勢済
であったとしても、他地域で交尾
行動をして妊娠してくれば意味の
ないものになってしまいます。

 

このようなことから考えても
今の地域猫の活動には限界がある
ようで、疑問視してしまう声も
多いようです。

 

せっかくの素晴らしい活動なのに
もう少し良い成果の出る方法は
ないものか・・
っと言って具体的な案があるわけ
ではないですが。

 

もちろん、まるっきり放置して
しまっていたらもっと何十倍、
何百倍にも増えて、不幸な目に
会う猫さんも増加するでしょう。

 

その点、増殖を少しでも少なく
できているのならそれは喜ばしい
ことなのかもしれません。

 

しかし、その辺りの認識の甘さが
猫の頭数が減らなかったり、他の
住民に理解してもらえなかったり、
反対される要因の一つにもなって
いるような気がします。

 

猫の繁殖可能な年齢は何ヶ月から何歳まで?♂♀の違いは?

スポンサーリンク


今後の課題

 

また、地域猫の活動に対しては、
さまざまなトラブルもあり、
活動に反対する住民が虐待行為
をしているなどの報告も多いです。

 

猫嫌いな人もたくさんいます。
それはそれでしょうがないことです。

そのような方にとっては、
迷惑な行為なのでしょう。

 

本来、野良猫はとても用心深いものです。

不用意に人間に近寄りませんし、
怖い思いをしたところには行きません。

 

しかし、地域猫活動によって、
人間たちがエサをくれる環境に
慣れてしまうと、人間に対する
警戒心も薄れ、不用意に人間に
近づき、心無いヒトにひどい目に
合わされてしまうこともあるのです。

 

すべてをクリアにするのは
不可能かもしれませんが、少し
でも活動の成果が良いものになる
ようにするには、各地域ではなく
日本全体が同じような活動を行って
いく必要があり、無責任なエサやり
行為を禁止するなど厳しい対処も
必要になってくると思われます。

 

今後の課題は山積みですが、
不幸な猫さんが減っていく幸せな
世の中になるよう期待します。

 

地域猫活動に参加されている
ボランティアの方を始め、関係者
の方々、猫を思うその優しい気持ち
と行動力には尊敬の念を抱きます。

 

その努力が報われる日が一日でも
早くきますように。。

スポンサーリンク







関連記事

  1. アニマルホーダーは病気?その心理や特徴とは?
  2. 老犬、老猫ホーム(生涯預かり)とは?システムや料金など!
  3. 猫は霊感が強いってホント?威嚇や鳴くのは霊が見えてるの?
  4. 資格取り消しの猫カフェ「ねこのて」がさらなる暴挙へ!
  5. ねこあつめの家に主演!タレント猫シナモンの経歴や出演作は?
  6. 獣医さんに相談できる!ペットのお悩みはテレビ電話で解決!?
  7. セカオワが取り組む犬猫の殺処分ゼロ支援のプロジェクトとは?
  8. 北海道の猫の島!天売島が抱える課題~猫と海鳥、人との共存~!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP