猫の顎の黒いポツポツの正体とは?原因や治療と対処法まで!

猫の下アゴに黒いポツポツが!

 

猫の飼い主さんが、これは何?
病気?と、よく悩まれる症状の
一つにあご下にできる黒いポツポツがあります。

 

アゴ下全体にできている場合も
あれば少しのこともありますが、
口元なので、状態によっては目立つと
いうか分かりやすいのですが、下アゴ
なので正面から顔を見ただけでは見え
にくいため、気付かない場合もあります。

スポンサーリンク


これは、一般的に「にきび」と
呼ばれることが多いですが、
正式には「座瘡(ざそう)」と言います。

 

いわゆる毛穴の細菌感染による
皮膚炎で、猫のアゴ下に限定して
できる病変のことです。

 

こちらでは、猫のニキビとも
言われる痤瘡(ざそう)について
原因や症状、治療法などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<座瘡(にきび)の症状について>

 

症状はさまざまで、軽度のもの
から悪化している場合までいろいろ
ですが、一般的には以下の状態が
見られます。

 

*小さな黒いニキビのようなボツボツが顎下と下唇にできる

*顎が赤く腫れる

*顎下の毛が抜けてくる

*顎下の皮膚や毛が黒ずんでくる

*痛みが出てくる

などがあります。
症状の進行具合によって違いがあります。

 

軽度であれば、毛を掻き分けてみて
初めて黒いボツボツがあるのに気付く
程度でその状態の猫は多くいます。
ただ、それに気付いていない飼い主
さんも多いです。

 

また、その程度の状態であればそれが
病気というわけでもなく、悪化さえ
しなければ特に問題となることはありません。

 

ただ、悪化して皮膚炎を起こして
赤くなったり、化膿したり毛が抜けて
くるようになると治療の必要がある
皮膚炎の一種となります。


出展:http://news.mynavi.jp/news/

 

<原因について>

 

免疫状態や皮膚の代謝の状態が悪くなる
など、何らかの原因で、過剰に皮脂が分泌
され、毛穴に詰まることによって、汚れが
たまり、細菌が一気に増殖し、皮膚炎を起こします。

 

毛穴が詰まって汚れが溜まって
いるだけで炎症を起こしていない状態
は、ただの黒いボツボツの状態と言えます。

 

猫の口元は食べ物のカスや、飲み水の
付着などにより、汚れがたまりやすい
場所なので、それが症状を悪化させる
原因にもなっています。

 

そして、猫は基本的にキレイ好きで
体中、自分でグルーミング(舐めて)して
抜け毛や汚れを取ったりしますが、
顎の下だけは自分でグルーミング
しにくい場所なのです。

 

よく「猫は顔を洗う」と言われ、
前足で顔をスリスリしてキレイ
にしますが、顎下の所は念入りに
できない場所なのですね。

 

そのため、汚れが溜まった状態のまま
ということが多く、そこにさらに皮脂の
分泌が加わると炎症を起こしやすくなって
しまうのです。

 

<治療について>

 

症状が軽度のうちは、汚れ(黒いボツボツ)
を取ってあげるだけで改善されていきます。

 

1日に1~2回、食事のあとなどに
お湯に浸したタオルやティッシュなどで、
優しく汚れを浮かせるように拭いてあげるだけです。

 

そして、汚れをふきとった場所の
水分もしっかり取ってあげることも大事です。

 

これをしっかりと継続して実践していけば、
ほとんどの猫さんのニキビは治っていきます。

 

しかし、症状が悪化しているとき
(皮膚の赤みや化膿がひどい場合)は
それだけでは治らない場合もあります。

 

そのようなときは、病院を受診して
消毒や、抗生物質の投与などが必要に
なります。

 

また、炎症を起こしているときなどは
痛みがあり、触られるのを嫌がることが
多いですので、汚れを拭き取るのも
難しいかもしれません。

 

そのようなときは、一旦薬で
腫れや痛みを抑えてあげてから
消毒などの処置を行うのが望ましいです。

by himekonochanel

スポンサー リンク


<座瘡(にきび)の再発予防について>

 

痤瘡は起こしやすい猫は何度も
繰り返します。
ですからそれを予防するには、
顎下を常に清潔に保つことです。

 

食事後などに、汚れが付いている
ような場合はこまめに拭き取って
あげることが大事です。

 

そして、にきびが悪化しやすいのは
ウェットタイプ(缶詰など)の
キャットフードを食べている子です。
ですから、ウェットフードをメイン
で食べている場合にはこまめに
拭いてあげるようにしましょう。

 

ドライフードだけだと、
口元に汚れは付きませんので、
症状は軽い子が多いです。

 

ですから、症状がひどい場合などは、
いったんウェットフードをやめて、
ドライフードだけにした方が治りは早い
と言えますね。

 

ただ、食事などは関係なく、
できやすい体質の猫さんはいます
ので、そのような子は繰り返し
できてしまう場合が多いです。

 

ただ、症状がひどくならないうちに
黒いポツポツ程度のうちにちゃんと
対処できれば特に問題はないと思います。

 

歯ブラシなどで優しくこすって
あげると黒いボツボツや汚れは
落とせますが、皮脂分が多い場合には
シャンプー剤などを付けて洗うように
してあげるといいです。

 

その場合には、シャンプー剤は
しっかりと落として、その後乾かすか
なるべく水分を拭き取るようにしましょう。

by tejimyamya

 

また、黒ネコさんや、被毛の色が
濃い猫さんは汚れが分かりにくく、
知らず知らずのうちに悪化して
いることもあるので特に注意が必要です。

 

常に気をつけて見てあげることが
大事ですね。
猫さんが唯一自分ではキレイに
できない場所です。

 

飼い主さんが愛情を持って
猫さんの変わりにキレイにして
あげましょうね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です