猫アレルギーでも猫は飼える?症状を軽減させる対策と対処法!

猫アレルギーで猫が飼えない・・

こんな悲しい訴えをよく耳にします。

 

猫が大好きなのにアレルギーが
あるから飼えない!
家族に猫アレルギーがいるから飼えない!

 

猫アレルギーがある人は結構多い
ですよね。
犬は大丈夫だけど猫はダメ・・
という話も良く聞きます。

スポンサーリンク


なんとかならないの?
猫アレルギーは治らないの?
絶対に飼えないの?

 

などなど、猫好きにとっては
切実な悩みですよね・・

 

こちらでは、猫アレルギーについて、
また猫アレルギーがあっても工夫次第
では、猫が飼える場合もある・・
そのための対策などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫アレルギーでも猫を飼っている人はいる?>

 

そうなんです。
猫アレルギーでも猫を飼っている
人は意外と多いんです!

 

もちろんアレルギーの程度にも
よると思いますが・・

 

猫アレルギーがあると分かって
ても飼い始めた方・・

飼い始めたあとにアレルギーが
発症し、その後も飼い続けている方・・

 

いろいろですね。
でもそのような方たちは、
ちゃんと自分の状態を把握して
それに応じた対処なり対策をされています。

 

ですから、猫アレルギーが
あるからと言って絶対に猫を飼えない!

ということではないと言うことです。

 

もちろん、アレルギー症状の程度は
個人差がありますので、猫アレルギーの
方に猫を飼うようにお薦めしているわけ
ではありませんのでご了承を。

 

まずは、猫アレルギーのことを
ちゃんと知って、どういう対策を
すれば飼えるかもしれない・・
ということを勉強してみましょう。

 

<猫アレルギーの原因と症状>

 

猫アレルゲン物質は、猫の脂線から
分泌されるセレクトグロビンや、唾液に
含まれるリポカリンなどのタンパク質です。

 

それらが、猫のグルーミング(毛繕い)に
よって体の表面のいたるところに付着
したり、フケや抜け毛に付着して空気中に
飛び散ったりします。

 

そして、このタンパク質が、さまざま
な毒性を有するバクテリア(細菌)の毒素
に接触することでアレルギー反応が誘発されます。

 

症状は一般的に、くしゃみや鼻水
や皮膚のかゆみなど、花粉症や
他アレルゲンによるアレルギーと同じ
ような症状が現れます。

 

ひどくなると、呼吸が苦しかったり、
ぜんそくのような症状になることも
あります。

 

<猫アレルギーの治療について>

 

残念ながら猫アレルギーを完全に
治すことは困難です。
これは他アレルゲンが原因の場合でも
同じです。

 

アレルギー症状を起こさないためには
アレルゲンを完全に除去すること
以外に方法はありません。

 

ですから、症状が出ていれば
薬剤(主にステロイド)によってその症状
を抑えるという対症療法になります。

 

アレルギー症状の出方は個人差が
ありますし、そこまでひどくない場合
には、お薬は必要ない場合もありますし、
症状は自分の体調によっても左右される
ものなので、疲れている時や体調不良の
時など症状が強くでた場合にはお薬で・・
などということもあります。

 

また、季節性のアレルゲンとは
違うため、猫アレルギーの場合は、
常にそのアレルゲンがいるわけですから
ずっとお薬を飲み続けというわけにも
いきませんし、一般的になんの対処も
しなければアレルギー症状は強くなって
いくことが多いです。

 

しかし、猫アレルゲンを減らす(対策)こと
ができれば、症状を
軽減させることは
できます。

 

ハウスダストが原因であれば、
ハウスダストを除去する。
花粉が原因であれば花粉を除去する。

 

それと同じことです。
要はアレルゲン物質を極力減らす
ということです。

 

手っ取り早いのは猫をいなくすれば
いいわけですが、飼っている猫を
手放す人はそうそういませんね。

 

小さなお子様などや、もともと
喘息持ちの方などで症状がひどい
場合はやむを得ず、猫を手放す方
もいらっしゃいますが・・

 

そこまでではない場合は極力対策
をして猫と一緒に暮らす選択
される方がほとんどです。

 

そのためにどのような対策をしていけば
いいのかということですね。

スポンサー リンク


<猫と一緒に暮らすためのアレルギー対策>

 

*家の中をしっかりと掃除する!

猫アレルゲンを取り除くことです。
こまめに掃除機をかけ、コロコロ
をかけ、床に落ちているアレルゲン
物質(主に抜け毛やフケ)を除去します。

 

カーペットなど布やマット類は
撤去して、フローリングにする
のがベストです。

 

また、カーテンなどにも付着して
いますので、こまめにコロコロ、
また洗濯する必要があります。

 

そして、空中にも浮遊しています
ので、この対策には空気清浄機
ベストです。

 

*猫の体を清潔に保つ!

アレルゲン物質は、毛やフケに付着して
いるため、この毛やフケをこまめな
ブラッシングで飛散させないようにします。

 

ブラシで抜け毛をとって、
コロコロもして、猫の体を常に
清潔に保ちます。

 

この時、猫アレルギー本人の方
がする場合は、マスクなどをして、
終わったあとはしっかり手洗いをする
ことが大事です。

 

*寝室には入れない

室内環境にもよりますが、
寝る部屋へは、猫の立ち入りは制限
した方が良いです。

 

ゆっくりしっかりと睡眠を取るためと
特に夜間などは気管支喘息などが
起こりやすくなりますので、その
予防のためになります。

 

また、布団などの布類はアレルゲンの
除去が難しいです。

 

その他、寝室以外でも猫アレルギー
の方が常に生活している部屋(仕事部屋
や勉強部屋など)へは猫を入れないよう
にするなど、家庭内で猫の立ち入り
できる場所を分けておくのがいいです。

 

*病院で診察を受ける

猫アレルギーがある方は、
他の物質にもアレルギーを
持ってらっしゃる場合も多いです。

 

ですから、まずはしっかりと
検査をして、自分のアレルギー原因
を知ることが大事です。

 

猫だけが原因ではなかった場合
対策しても良い効果はあがりません。

 

そして、さまざまな対策を行っても
症状が改善されない場合は、我慢せず
に診察を受け、アレルギーを緩和する
お薬の処方などをしてもらうことです。

 

できれば、専門医(アレルギー科)の
診察を受けるのが望ましいです。

 

猫アレルギーも他のアレルギーと
同様にアレルゲン物質を減らせば
症状も軽減していきます。

 

*体質改善によってアレルギー克服

また、近年はアレルギーを体質改善に
よって治す、または症状を軽減させると
いう方法も増えてきていますね。

 

アレルギーは簡単に言うと体の免疫の
過剰反応によって引き起こされますので
体の免疫バランスを正常に整えるために
最大の免疫器官である「腸」を健康に
する(腸内環境を整える)と言うことです。

 

免疫バランスを整える

アレルギー反応が出にくい体質にしていく

 

主なものは、食生活の改善や乳酸菌の
接種などですが、これは花粉症などの
アレルギーやアトピー対策にも効果的だと
されていますし、腸内環境を整えることは、
体全体を健康にする効果が期待できますので
試してみるといいと思います。

 

などなど・・
できることはたくさんあります。
家庭環境や家族構成などによって
できる対策も変わってくると思いますが
いろいろと工夫してみるといいですね。

 

多くの方が、そうして猫さん
との暮らしを続けていらっしゃいます。

 

とはいえ、アレルギーには
個人差がありますのであくまでも
ご自分の体と相談してからですね。

 

飼ったはいいが、やっぱり
アレルギーひどくてダメだと・・
猫を手放すようなことだけは
あってはなりませんので。。

 

ちなみに、メス猫の方がオス猫より
もアレルゲンの分泌は少ないとされます。

 

また、オス猫は去勢するとアレルゲン
分泌が抑えられるということです。

 

そして、猫種によっても
アレルゲンの分泌量に違いがあり、
アビシニアンロシアンブルー
比較的少ないとされています。

 

少しでもリスクを少なくしたい
なら、そのあたりも参考にしてみる
といいかもですね。

猫の抜け毛対策はブラッシングが重要!ケアとおすすめブラシ!

 

<最後に>

 

私の知り合いの猫好きさんは、
息子さんが猫アレルギーなのに
猫を飼い始めました。。
しかも2匹。。

 

大丈夫なの?っと聞いたら
だいじょうぶだいじょうぶ~って。。

 

ホントに・・?
どうやら抱っこはさすがに
できないようですが、フツーに
触ったり遊んだりは大丈夫なようです。

 

あと、寝室には猫が入れないように
しているそうです。

 

もともと、そんなにひどい
アレルギーではなかったのでしょうが・・

 

スゴイ勇気(?)だなと
感心・・というか驚きましたがw

そんな人もいます。。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です