雑学

猫アレルギーでも猫は飼える?症状を軽減させる対策と対処法!

猫アレルギーで猫が飼えない・・

 

こんな悲しい訴えをよく耳にします。

猫が大好きなのにアレルギーが
あるから飼えない!

 

なんとかならないの?
猫アレルギーは治らないの?
絶対に飼えないの?

 

などなど、猫好きにとっては
切実な悩みですよね・・

スポンサーリンク


猫アレルギーでも猫を飼って
いる人はけっこういる?

 

そうなんです。
猫アレルギーでも猫を飼っている
人は意外と多いんです!

 

もちろんアレルギーの程度にも
よると思いますが・・

 

猫アレルギーがあると分かって
ても飼い始めた方・・

 

飼い始めたあとにアレルギーが
発症し、その後も飼い続けている方・・

 

いろいろですね。
でもそのような方たちは、
ちゃんと自分の状態を把握して
それに応じた対処なり対策をされています。

 

ですから、猫アレルギーが
あるからと言って絶対に猫を飼えない!

ということではないと
言うことですね。

 

もちろん、個人差があります
ので、猫アレルギーの方にも猫を
飼うようにお薦めしているわけでは
ありませんのでご了承を。

 

まずは、猫アレルギーのことを
ちゃんと知って、どういう対策を
すれば飼えるかもしれない・・
ということを勉強してみましょう。

 

猫アレルギーの原因と症状

 

猫アレルゲン物質は、猫の脂線
から分泌されるセレクトグロビン
や、唾液に含まれるリポカリン
などのタンパク質です。

 

それらが、猫のグルーミング
(毛繕い)によって体の表面の至る
ところに付着したり、フケや
抜け毛に付着して空気中に
飛び散ったりします。

 

そして、このタンパク質が
一般的なバクテリアの毒素に
接触することで、アレルギー反応
が誘発されます。

 

症状は一般的に、くしゃみや鼻水
や皮膚のかゆみなど、花粉症や
他のアレルギーと同じような症状
が現れます。

 

ひどくなると、呼吸が苦しかった
り、ぜんそくのような症状になる
こともあります。

WS000001

スポンサーリンク


猫アレルギーの治療は?

 

残念ながら猫アレルギーを完全に
治すことは難しいです。

 

ですから、症状が出ていれば
その症状を抑える対症療法になります。

他のアレルギーと同じですね。

 

しかし、猫アレルゲンを減らす
(対策)ことができれば、症状を
軽減させることはできます。

 

ハウスダストが原因であれば、
ハウスダストを除去する。
花粉が原因であれば花粉を除去する。

 

それと同じことです。
要はアレルゲン物質を極力減らす
ということです。

 

手っ取り早いのは猫をいなくすれば
いいわけですが、飼っている猫を
手放す人はそうそういませんね。

 

小さなお子様などや、もともと
喘息持ちの方などで症状がひどい
場合はやむを得ず、猫を手放す方
もいらっしゃいますが・・

 

そこまでではない場合は極力対策
をして、猫と一緒に暮らす選択
される方がほとんどです。

 

ではどのような対策をしていけば
いいのでしょうか・・

 

猫と一緒に暮らすための
アレルギー対策

 

*家の中をしっかりと掃除する!

猫アレルゲンを取り除くことです。
こまめに掃除機をかけ、コロコロ
をかけ、床に落ちているアレルゲン
物質を除去します。

 

カーペットなど布やマット類は
撤去して、フローリングにする
のがベストです。

 

また、カーテンなどにも付着して
いますので、こまめに洗濯する必要があります。

 

そして、空中にも浮遊しています
ので、この対策には空気清浄機が
ベストです。

スポンサーリンク


*猫の体を清潔に保つ!

アレルゲン物質は、毛やフケに
付着しているため、この毛やフケ
をこまめなブラッシングで飛散
させないようにします。

 

ブラシで抜け毛をとって、
コロコロもして、猫の体を常に
清潔に保ちます。

 

この時、猫アレルギー本人の方
がする場合は、マスクなどをして、
終わったあとはしっかり手洗い
をすることが大事です。

 

*病院で診察を受ける

猫アレルギーがある方は、
他の物質にもアレルギーを
持ってらっしゃる場合も多いです。

 

ですから、まずはしっかりと
検査をして、自分のアレルギー
原因を知ることが大事です。

 

猫だけが原因ではなかった場合
対策しても効果はあがりませんので。

 

そして、症状が改善されない
場合は、我慢せずに診察を受け、
アレルギーを緩和するお薬の処方
などをしてもらうことです。

 

できれば、専門医(アレルギー科)
の診察を受けるのが望ましいです。

 

猫アレルギーも他のアレルギーと
同様にアレルゲン物質を減らせば
症状も軽減していきます。

 

また、自分の体の管理も大事ですね。

免疫バランスを整えて、アレルギー
反応が出にくい体質にしていく
努力もできます。

 

今はアトピーや花粉症などでも、
体質改善と騒がれていますしね。

 

多くの方が、そうして猫さん
との暮らしを続けていらっしゃいます。

 

とはいえ、アレルギーには
個人差がありますのであくまで
もご自分の体と相談してからですね。

 

飼ったはいいが、やっぱり
アレルギーひどくてダメだと・・
猫を手放すようなことだけは
あってはなりませんので。。

 

 

ちなみに、メス猫の方がオス猫より
もアレルゲンの分泌は少ないとされます。

 

オス猫は去勢するとアレルゲンの
分泌が抑えられるということです。

 

そして、猫種によっても
アレルゲンの分泌量に違いがあり、
アビシニアンやロシアンブルーは
比較的少ないとされています。

 

少しでもリスクを少なくしたい
なら、そのあたりも参考にしてみる
といいかもですね。

猫の抜け毛対策はブラッシングが重要!ケアとおすすめブラシ!

最後に・・

 

私の知り合いの猫好きさんは、
息子さんが猫アレルギーなのに
猫を飼い始めました。。
しかも2匹。。

 

大丈夫なの?っと聞いたら
だいじょうぶだいじょうぶ~って。。

 

ホントに・・?
どうやら抱っこはさすがに
できないようですが、フツーに
触ったり遊んだりは大丈夫なようです。

 

あと、寝室には猫が入れないように
しているそうです。

 

もともと、そんなにひどい
アレルギーではなかったのでしょうが・・

 

スゴイ勇気(?)だなと
感心・・というか驚きましたがw

そんな人もいます。。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫に生肉は寄生虫や食中毒の危険も?量や与え方,注意点など!
  2. 猫の歯を削る方法や費用は?その効果や必要性、リスクとは?
  3. 猫のわがまま?鳴いたり噛んだり食べないなどしつけはできる?
  4. 猫の鳴き声の意味!使い分けて人間を使う賢い猫の生態に驚愕!
  5. 猫の繁殖可能な年齢は何ヶ月から何歳まで?♂♀の違いは?
  6. 保護猫の病気や必要な検査など動物病院でかかる費用は?
  7. 猫のマーキング・尿スプレー行為をやめさせる方法とは?
  8. 猫の皮膚がピクピクと痙攣するのはなぜ?考えられる原因とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP