猫の避妊手術の必要性とメリット・デメリット!手術法や費用!

猫の避妊(不妊)手術について

 

人よりずっと寿命の短い猫は、
その分、成長も早くあっという間に
大人になります。

 

そして可愛い子猫ちゃんも成長すると
性的に成熟して、本能のままに
子孫を残すための生殖行動を求める
ようになります。

スポンサーリンク


この時期を発情と言います。
メス猫は生後6ヶ月~12ヶ月
の時期にやってきます。

 

オス猫は生後5ヶ月~12ヶ月
時期にメス猫の発情に促され、
発情は始まります。

 

通常、お外で自由に生活している
野良猫さんであれば、本能の赴く
まま、交尾を繰り返したくさんの
子供を産みます。

 

室内で飼われている猫さんは、
自由に交尾行動ができないため、
いつまでも交尾行動を求め、
鳴き声や行動でそれを表します。

 

また、オス猫の場合は攻撃性が
増したり、尿スプレー行動が見られます。

 

この発情期を回避して、
猫さんのストレスを取り去って
あげるには避妊去勢手術が有効
かつ推奨されます。

by fuji7033

こちらでは、猫の不妊手術(オスは去勢、
メスは避妊)のメリットやデメリット、
手術についてなどをまとめてみました
ので参考にしてください。

 

<メス猫の避妊手術とメリット>

 

避妊手術には、発情の回避以外に
病気予防などさまざまなメリットがあります。

 

*発情に伴う鳴き声などの問題行動の抑制。

*交尾欲求などの性的ストレスの軽減。

*望まない交配、妊娠、出産の回避。

*乳腺腫瘍の発生率の低下。

*卵胞嚢腫などの卵巣疾患の予防。

*子宮蓄膿症などの子宮疾患の予防。

猫の子宮蓄膿症の症状や治療、経過や予後と手術費用など!

 

<避妊手術法について>

 

今は、基本的にすべての動物病院で、
避妊手術は、子宮卵巣全摘出手術
行われます。

 

避妊手術は、妊娠しないためと
いうイメージも強いですが、発情の
回避、性ホルモンが関連する病気の
予防のためという目的があるため、
子宮、卵巣共に摘出します。
これによって、上記に挙げたメリット
すべてが受けられます。

 

手術では、全身麻酔下でお腹を切開して
子宮・卵巣を取り出し、閉腹して終わりです。

 

入院は通常は1泊で、翌日退院となり、
抜糸は1~2週間後になります。

 

手術時間は麻酔をかけ始めてから、
おおよそ30~60分です。
手術費用は平均で2万円~4万円です。

*いずれも動物病院により多少異なります。

 

また、傷口が小さく、体の負担も少ない
とされる腹腔鏡手術を行う病院もあります。

猫の避妊手術!腹腔鏡手術の費用やメリットデメリットなど!

 

<オス猫の去勢手術のメリット>

 

*尿スプレー行為の改善(治らない子も1割ほど)

*攻撃性の低下

*性的なストレスの軽減

*他猫とのケンカの抑制

*他猫とのケンカによってうつされる病気の予防

 

オス猫の場合には、メス猫のように
性ホルモンが関連する病気は少なく、
去勢手術は、発情による行動変化の
抑制やそれに伴う外出、他猫との喧嘩
による感染症、事故などを防ぐことが
メインとなります。

猫が去勢すると長生きする理由とは?病気やストレスの関連性!

 

<去勢手術法について>

 

オス猫の去勢手術は睾丸を摘出します。

 

全身麻酔下で、睾丸の皮を切開して
中から睾丸を取り出します。

 

オス猫の場合は切開した場所を
縫合せず自然治癒させるため、
抜糸はないことが多いです。

 

入院は通常1泊です。
(たまに日帰りのところもあるようです)

手術時間は麻酔も含め、15~25分です。

手術費用は平均で1万円~2万円です。

*いずれも動物病院により多少異なります。

猫の去勢手術は何歳までできる?高齢の場合のリスクや注意点!

 

スポンサー リンク


<避妊・去勢手術のデメリット>

 

メス・オス共に不妊手術を行うことに
よって以下の変化やデメリットがあります。

 

【食欲増進と消費エネルギーの低下】

要は、食欲が増して、欲しがるままに
与えていると肥満になってしまうと
いうことです。

→これは手術後の食事管理によって対処できます。

 

【手術時の麻酔のリスクがある】

これは、不妊手術に限らず全身麻酔で
100%安全な麻酔はないということです。

→これは術前の検査などで、ある程度
の予測はできるため、リスクが高い場合
などは手術は行えませんし、またリスク
を最小限にするため術前・術中・術後
にも最善の注意が払われます。

 

主なデメリットは以上ですが、
その他、性格的に変化がみられる場合
もあります。
ただ、ほとんどの場合、穏やかに
温厚になります(特にオスの場合)ので、
これはメリットの方に挙げられる
ことが多いです。

 

ですから、無事に手術が終われば、
後は肥満さえ防ぐように食事管理を
徹底していけば、デメリットと言える
ものはないです。

 

肥満にしてしまうと、糖尿病などの
リスクが高くなり、また加齢に伴い、
関節炎などの負担の高くなります。

猫が避妊,去勢手術後に太るのはなぜ?餌の量や体重管理法は?

 

<猫にとっての避妊・去勢手術とは>

 

猫の生殖行動(交尾行為)は
強烈な欲求であり自然の本能です。

 

交尾できない猫のストレスは、
私たち人間が想像する以上のものです。

 

子供を産ませる気がないのに、
発情を繰り返すことは、猫の体や
精神面に大きなストレスをかけ続けることになります。

 

そして、現段階の獣医学において、
避妊・去勢手術のメリットは、
デメリットを大きく上回ると言えます。

 

良く検討して、愛猫さんの健康と長生きの
ために、そして飼い主さんのためにも最適
な判断をしてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です