治療費

猫の激しい痒み!猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?

 

猫の疥癬(かいせん)症って?

 

疥癬とは、ヒゼンダニの寄生により
激しいかゆみ
を伴う皮膚病です。

 

ヒゼンダニは顕微鏡で見ないと
分からない小さなクモに似たダニです。

 

体表に寄生し、皮膚に2~3mmの
トンネルを掘って産卵を繰り返します。

このため、非常に激しいかゆみが出るのです。

スポンサーリンク


このヒゼンダニには、
耳ヒゼンダニ(通称耳ダニ)や
ショウセンコウヒゼンダニなど
多くの種類があり、猫や犬に限らず
ウサギ、ハムスター、フェレット
などのペットへの寄生も見られます。

 

人間にも感染することがあります。

特に抵抗力が弱い、お子様や
高齢の方などの感染が多いです。

猫の寄生虫で人間に感染する種類と、その場合の症状は?

 

ただ、猫から伝染るヒゼンダニは
人間の皮膚では3週間以上は
生きられないため、症状は一時的なものです。

 

原因や感染経路は?

 

ほとんどの場合は、感染猫との
接触感染ですが、ヒゼンダニが
付いてしまっている、首輪やブラシ
タオルなどからも感染します。

 

そのため、多頭飼育などの場合は
一匹が感染すると他の猫にも感染
が広がってしまう
ことも多いです。

 

また、感染した猫から落ちた
ヒゼンダニがいる場所などを通ると
感染することもあるため、
お外に出るネコさんは感染の可能性が高いです。

猫のノミ,ダニ,シラミなど皮膚に付く寄生虫の画像や症状!

症状は?

 

猫の皮膚病のなかで一番痒いです!

 

そのため、
激しく皮膚を引っ掻いたり
噛んだり
して、出血してしまうほどです。

 

特に毛が少なくやわらかい耳や顔
肘やお腹などに症状が出やすいです。

 

また、落ちているヒゼンダニが
はい上がって感染
する場合は
などにも症状が出ることがあります。

 

進行すると、そこに厚いカサブタ
ができて、その下にはヒゼンダニ
がさらに増殖
していきます。

 

そして引っ掻きすぎてしまうと、
皮膚は傷つき、
毛が抜けて皮膚
の炎症
が起こります。

 

そしてその傷口から二次的に
細菌感染を起こして
さらに悪化
してしまいます。

 

また、猫の体温が高くなると、
ヒゼンダニも活発になってしまう
ので、痒みはさらに増してしまいます。

ですから特に夏場の感染は症状が強くでます.

 

さらに放置したままにしておくと
皮膚の炎症は全身に広がり、
激しい痒みからくるストレスで

食欲不振に陥り、栄養状態も悪く
なってしまう
ため、抵抗力の弱い子猫
や老齢の場合は重い症状
になってしまうことも多いです。

スポンサー リンク


治療法は?

 

まず最初に疥癬の診断をするため
皮膚の表面を少し削って顕微鏡
でヒゼンダニや卵を探します

 

ただ、皮膚に掘ったトンネルの
中にいる場合が
多いので、皮膚
の検査ではヒゼンダニは見つけ

られないこともあります。

 

もし見つからない場合でも、
疥癬が強く疑われる場合には、
疥癬の治療に取り掛かることもあります。

 

疥癬の治療は、ダニ駆除剤の投与を行います。

 

また、状態によって薬用シャンプー
などを併用することもあります。

 

ダニ駆除剤は注射皮膚に直接付ける
タイプのお薬があります。

 

どちらにするかは猫さんの状態、
また病院によっても変わってくると思います。

 

その他、皮膚炎をおこしている
ところなどは二次感染の予防に
抗生物質
などの投与をします。

 

治療を開始すると、痒みが減って、
一旦症状が治ったように見える
こともありますが、再発する恐れ
あるので、ヒゼンダニが死滅して
完全に治るまでは、獣医師の指示
どおり治療を続けてください
ね。

 

治療費は?

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・皮膚掻爬検査(皮膚を削って顕微鏡で見る)
500円~1.500円

 

・注射or外用薬(ダニ駆除剤)
1.500円~3.000円(一回分あたり)

*通常、約1~2週間隔で3回~必要です。

 

・飲み薬(抗生物質)
1.000円~2.000円(一週間分あたり)

 

*その他、薬用シャンプーなど
処方されることもあります。

 

基本はダニを駆除してしまえば、
皮膚の炎症は自然と治っていきます。

 

ただ、気を付けないといけない
のは再感染です。

 

ネコさんの体のダニがいなく
なっても、環境中にダニが残って
いればまたすぐに感染
してしまいます。

 

飼育環境の消毒(熱湯やクレゾール、
塩素系)を徹底してください。

タオルやオモチャなど布類は
思い切って捨ててしまっても
いいかもですね。

 

そして、お外に出さないように
室内飼育を徹底することが大事です。

 

せっかく家の中もネコさんも
キレイにしても、またお外で感染
してきたら悲しいですからね・・

スポンサーリンク


関連記事

  1. 猫の甲状腺機能亢進症について!末期の症状や寿命、最期は?
  2. 猫の脂肪肝(肝リピドーシス)の症状や治療は?肥満猫は要注意!
  3. 猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策まとめ
  4. 猫の低温やけど!湯たんぽやカーペットなど温度や症状と治療!
  5. 猫が風邪をひいて水を飲まない!対処法や注意すること!
  6. 猫の流涙症の原因や症状と治療や治療費は?涙が止まらない!
  7. 猫の心因性脱毛症の症状や治療法!過剰グルーミングに注意!
  8. 猫の慢性腎不全の薬セミントラの効果や副作用などは?
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP