猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?激しい痒みも!

猫の疥癬(かいせん)症って?

 

疥癬とは、外部寄生虫による皮膚疾患
の一つでヒゼンダニが皮膚に寄生して
発症する皮膚病です。

 

ヒゼンダニは、小さなクモに似たダニ
ですが、マダニやノミなどとは異なり
肉眼では見えない大きさ(0.3~0.4mm)
なので、顕微鏡で観察しないと確認できません。

スポンサーリンク


このヒゼンダニが、猫の体表に寄生し、
皮膚に2~3mmのトンネル(疥癬トンネル
と言われる)を掘って潜り込み、産卵を
繰り返します。

 

そのため、非常に激しいかゆみが出るのが
特徴です。

 

このヒゼンダニには、
耳ヒゼンダニ(通称耳ダニ)や
ショウセンコウヒゼンダニなど
多くの種類があり、猫や犬に限らず
ウサギ、ハムスター、フェレット
などのペットへの寄生も見られます。

 

人間にも感染することがあります。

特に抵抗力が弱い、お子様や
高齢の方などの感染が多いです。

猫の寄生虫で人間に感染する種類と、その場合の症状は?

 

ただし、猫から伝染るヒゼンダニは
宿主特異性(特定の生物のみを宿主とする
性質)が強く、人間の皮膚では3週間以上
は生きられず、繁殖もできないため、
持続感染とはならず、症状は一時的なものです。

 

こちらでは、猫の疥癬症について
感染経路や症状、治療法などを
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<原因や感染経路について>

 

ヒゼンダニは、ノミやマダニのように
飛んできて宿主に寄生することは
ないため、ほとんどの場合は、感染猫
と接触することによって移る接触感染です。

 

その他、感染猫が居住している場所
にあるタオルや布類などにヒゼンダニが
付着していてそれらを介して感染する
こともあります。
また、首輪やブラシなども同様です。

 

そのため、多頭飼育などの場合は
一匹が感染すると他の猫にも感染
が広がってしまう
ことがほとんどです。

 

また、感染した猫から落ちた
ヒゼンダニがいる場所などを通ると
感染することもあるため、
お外に出るネコさんは感染の可能性が高いです。

 

もちろん、ケンカなどによる接触でも
感染します。

猫のノミ,ダニ,シラミなど皮膚に付く寄生虫の画像や症状!

 

<症状について>

 

疥癬症は、さまざまな猫の皮膚病の
なかでも一番痒みが強いとされています!

 

そのため、
激しく皮膚を引っ掻いたり
噛んだりして
、自ら皮膚を傷付けて
出血してしまう
ほどです。

 

症状は特に毛が少なくやわらかい
耳や顔肘やお腹などに出やすいですが
基本的に全身のどこでも寄生しますので
進行すると全身に症状が出ます。

 

また、落ちているヒゼンダニが寄生し、
はい上がって感染してくる場合は、
などにも症状が出ることがあります。

 

進行すると、そこに厚いカサブタ
ができて、その下ではヒゼンダニ
が繁殖を繰り返し、さらに増殖
していきます。

 

そして引っ掻きすぎてしまうと、
皮膚は傷つき、脱毛や
皮膚の炎症
が起こります。

 

そしてその傷口から二次的に
細菌感染を起こして
さらに皮膚状態を
悪化
させてしまいます。

 

また、猫の体温が高くなると、
ヒゼンダニも活発に行動するよう
なるため、夏場などは症状が強く出ますし、
感染しやすくなります。

 

さらに放置したままにしておくと
皮膚の炎症は全身に広がり、
激しい痒みからくるストレスで

食欲不振に陥り、栄養状態も悪く
なってしまう
ため、抵抗力の弱い子猫
や老齢の場合は、全身的に重い症状と

なってしまう
ことも多いです。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

まず最初に疥癬の診断をするために
症状が出ている皮膚の表面を少し削って
顕微鏡でヒゼンダニや卵を探します。

それで見つかれば確定です。

 

ただ、皮膚に掘ったトンネルの中
(少し深いところ)にいる場合が
多いので、
皮膚の表面を採取した検査ではヒゼンダニ
自体は見つけ
られないこともあります。

 

特に、感染してから期間が経っている
場合、皮膚の広範囲がボロボロの状態
になっていることが多く、数カ所の
皮膚片の検査だけでは発見できない
場合も多いです。

 

ですから、もし見つからない場合でも、
疥癬が強く疑われる場合には、
疥癬の治療に入ることもあります。

 

疥癬の治療は、ダニ駆除剤の投与を行います。

 

ダニ駆除剤は注射皮膚に直接付ける
タイプのお薬があります。

 

どちらにするかは猫さんの状態、
また病院によっても変わってくると思います。

 

また、状態によって薬用シャンプー
などを併用することもあります。

 

その他、皮膚炎がひどい場合には、
二次感染の予防のために抗生物質
投与が必要になることもあります。

 

治療を開始すると、比較的早く(1~2日)に
痒みが軽減して治ったように見える
こともありますが、再発する恐れ
あるので、ヒゼンダニが死滅して
完全に治るまでは、獣医師の指示
どおり治療を続けなければなりません

 

<治療費について>

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・皮膚掻爬検査(皮膚を削って顕微鏡で見る)
500円~1.500円

 

・注射or外用薬(ダニ駆除剤)
1.500円~3.000円(一回分あたり)

*通常、約1~2週間隔で3回~必要です。

 

・飲み薬(抗生物質)
1.000円~2.000円(一週間分あたり)

 

*その他、薬用シャンプーなど
処方されることもあります。

 

<まとめ>

 

基本的にはダニを駆除してしまえば、
皮膚の炎症は自然と治っていきます。
ですから、皮膚状態がそこまでひどく
ない場合には、ダニ駆除剤の投与だけで
大丈夫です。

 

ただし、気を付けないといけない
のは再感染です。

 

猫の体のダニが駆除できても、
飼育環境中(寝る場所のクッションや
タオルなど)に
ダニが残っていれば
またすぐに感染
してしまいます。

 

ですから、治療と並行して飼育環境の
消毒(熱湯やクレゾール、塩素系)を徹底
する必要があります。

 

タオルやオモチャなど布類は洗濯するか
思い切って捨ててしまってもいいかもですね。

 

また、同居猫がいる場合、治療が
終わるまでは感染猫は隔離が必要ですが、
すでに同居猫にも感染している可能性が
あるため、普段より体を痒がる素ぶりが
見られたら早めに受診するようにしましょう。
(感染初期では脱毛や赤みなどの
皮膚の異常は見られず、まず痒みの症状
が出ます。)

 

そして、お外に出さないように
室内飼育を徹底することも大事です。

 

せっかく家の中も猫もキレイにしても、
またお外で感染してくる可能性がありますので。

 

未去勢の雄猫などは、発情期には
交尾相手を探すために遠くにまで
出かけていきますが、不妊手術済み
(オスもメスも)の猫では、基本的に
行動範囲はそんなに広くありません。

 

ですから、外で感染してきている場合、
比較的近所に疥癬に感染している猫
がいる可能性が高いです。
つまり、同じように外に出て行動して
いるとまた感染するリスクが高いということです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です