猫の便秘の原因?巨大結腸症の原因や症状と治療や治療費は?

猫の巨大結腸症って?

 

巨大結腸症は、結腸が異常に拡張し
排便困難
となり、重度の便秘を引き起こす病気です。

 

何らかの原因で便秘になり、
直腸の手前の結腸に便が溜まり、
結腸が巨大化します。

 

巨大化した結腸は蠕動運動
(ぜんどううんどう)が低下し、
慢性の便秘になり、その結果
さらに便秘を悪化させるという
悪循環に陥ります。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の巨大結腸症の原因や
症状、治療などについてまとめてみました
ので参考にしてください。

 

<原因について>

 

猫の巨大結腸症の原因となるのは、
慢性的な便秘です。
猫は、もともと便秘気味の子が多いと
されています。

 

便秘の原因はさまざまですが、
猫の場合はその生態から水分摂取量が
少ないため、水分の少ない硬い便をする
ため、便秘にはなりやすいと言えます。
(水分摂取量が少なくても生きていける
体の作りをしている)

 

その他の原因としては主に

・偏った食事(品質の悪いキャットフード)

・生活環境によるストレス

・結腸の神経異常や脊椎疾患

・腸管や肛門の狭窄

・交通事故などによる骨盤骨折の後遺症

・腫瘍による腸管の圧迫

・異物などによる通過障害

・先天的な骨格異常、神経異常

などが挙げられます。

猫の便秘の解消法やフード,薬など!病院に行くタイミングは?

 

便秘気味となり、結腸に慢性的に便が
溜まっている状態になると時間の経過と
ともに、便の水分がどんどん吸収され、
固くなり、さらに排泄されづらくなっていきます。

 

その結果、溜った便の量が増えていき、
結腸が伸ばされ動かなくなる
結腸無力症(大腸の蠕動が極端に低下)

いう状態になります。

これが巨大結腸症の原因となります。

 

<症状について>

 

巨大結腸症になるといわゆる重い便秘
の症状が現れます。

*トイレで長時間、排便の姿勢を繰り返す

*力みながら、唸り声をあげる

*嘔吐

などの症状が見られます。

 

また、しぶりのような感じで少量の水溶性
の下痢便が出ることもあるので下痢と勘違い
してしまうこともあります。

 

さらに、重度になると

*食欲不振
*元気消失
*脱水症状

などを起こし、少しずつ衰弱していきます。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

猫の状態や、症状によっても治療法は
異なります。

 

一般的には、最初は投薬や食事療法など
内科療法で対処していきます。

 

便を柔らかくするため、便軟化剤
の投与
便をやわらかくする食事
を与えて、便が出やすいようにします。

 

また、症状によっては浣腸や
肛門から便を掻き出すなどの処置も
必要になります。(便の状態や溜まり具合による)

 

その他、脱水をしている場合や食欲
不振で体力が落ちている場合などは
点滴や輸液療法の治療も合わせて行っていきます。

 

内科的治療で症状が緩和されることも
ありますが、重度な場合や症状の緩和が
見られない時には外科的な治療が必要に
なってきます。

 

外科的な治療としては、
拡張した結腸部分を切除する手術
が行われます。

 

また、骨盤腔が狭くなっていることが
原因の場合は、骨盤腔拡大手術が行われる
こともあります。

 

早期に治療できれば、その後も
良好に維持できますが、もともと便秘
しやすい体質の猫の場合には食事療法
や便軟化剤は継続的に
続けていく
ようになることがほとんどです。

WS000003キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?

 

<治療費について>

 

症状や状態によって変わりますが
便秘の診断としては、
触診とレントゲンで分かります。

 

また、全身の状態を把握するため
血液検査も必要になります。
(初期で軽度であればしないことも)

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・レントゲン
3.000円~6.000円

 

・血液検査
5.000円~8.000円

 

・飲み薬(便軟化剤)
500円~1.500円(一週間分あたり)

 

・処置(状況に応じて浣腸など)
1.000円~4.000円
*軽く鎮静をかける場合もあります
その場合は鎮静料別途:(2.000円~4.000円)

 

・療法食
一般的なのはロイヤルカナンの
消化器サポート( 可溶性繊維)

500gで1.500円程度

 

*その他、嘔吐がある場合や
脱水しているときは
その治療費もかかります。

 

お薬と、食事の治療で定期的に
通院しながら、
状態を見ていく
ようになります。

 

状態が緩和されないで悪化して
いくようなときは外科手術になる
可能性があります。

 

・結腸切除手術
70.000円~150.000円(入院費用すべて含む)

結腸の手術後は最低でも3日
ほど絶食となりますので
その間は
点滴が必須です。

ですから入院期間が長くなるため、
費用も高額になってしまいます。

 

手術後も、便秘をしないように、
飲み薬や療法食は続けていく
ようになると思います。

 

<予防法について>

 

骨盤腔の広さや、肥満などが
発症のリスクにつながりますので
成長期の栄養不良や肥満を防ぐ
ことが大事です。

 

また成猫でも普段から、
栄養バランスの良い食事を与え、
適度な運動をさせることで肥満を防ぎ、
また腸の蠕動運動が低下しないように
することも大事です。

 

また、猫はトイレ環境に敏感で
何か気に入らないことがあると
トイレ(排泄)を我慢してしまうことが
あります。

 

ですから、常に愛猫が、気分良く
排便できるように常におトイレを
清潔に保つ、トイレの大きさや個数、
設置場所
などに配慮し、トイレ環境を快適に
維持してあげることも予防につながります。

 

さらに生活環境中のストレスがないか?
などにも気を配ってあげましょう。
特に多頭飼育の場合などは注意が必要です。

 

また、交通事故などに伴う、
骨盤変形や脊椎障害のリスクを
減らすため、室内飼育を徹底する
ことも大事ですね。

 

そして、一番大事なのは、なるべく
症状が軽いうち、早期に適切な治療を
受けることです。
たかだか便秘と思われますが、
便秘は激しく体力を消耗しますし、
ストレスも相当なものです。
さらに巨大結腸症は重症になると命に
関わってくる病気です。

 

特にいつもウンチが硬い・・
便秘気味の猫さんは注意してあげてください。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です