猫の流涙症の原因や症状と治療や治療費は?涙が止まらない!

目の下がいつも濡れてる・・
流涙症(りゅうるいしょう)って?

 

猫の流涙症とは、目の表面を
保護するための涙の循環が上手く
いかず、涙がまぶたの外に
こぼれ
落ちてしまう状態
のことです。

 

目の下の部分が常に湿った状態
になるので毛の色が変色したり、
感染を起こして皮膚炎になったりもします。

スポンサーリンク


また、目の下の毛の色が変色
するので、涙やけとも言われます。

 

特に白っぽい毛の猫さんは
目立ちやすいです。

 

鼻のつぶれた短頭種の猫
(ペルシャやエキゾチック、ヒマラヤン
など)は、流涙症になりやすいと言われます。

 

こちらでは、猫の流涙症について
原因や治療法などをまとめてみました
ので参考にしてください。

 

<症状について>

 

流涙症で涙管が詰まってしまうと、
涙が常にあふれ出るようになります。

 

そのため、目頭から目の下にかけて
毛色が変色し、まぶたに炎症が起きる
こともあります。

 

また、細菌感染を起こすこともあり、
鼻の方まで広がると湿疹ができたり、
皮膚病を起こすこともあります。

 

それに伴い、痛みや痒みが出ると、
自分で前足で目をこすって余計に悪化
させてしまうこともあります。

 

また、常に涙で濡れている状態が
続くと臭いを発するようになることも
あります。

 

<原因について>

 

猫の流涙症は、以下のさまざまな原因
が考えられます。

 

他の目の疾患(結膜炎角膜炎など)
の炎症により涙の分泌量が増えている

 

マイボーム腺の機能異常
目の表面を保護するための涙が
こぼれ落ちないように、表面を覆う膜と
なる成分を分泌する機能を持っている
器官(マイボーム腺)が正常に働かない

 

鼻涙管(目と鼻をつないでいる管)
涙小管(涙道)が何らかの原因で
詰まってしまう
先天的なものと後天的なものがあります。

 

カリシウイルス感染症
ネコ風邪の一種のウイルス疾患で
目の症状(結膜炎など)が出て涙量が増えることも。

 

・涙を貯留するスペースが少ない
目の周りの皮膚が原因で、涙が目
に留まっていられない状況。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

治療法は原因によって異なります。

 

涙流症の原因になっている
目や鼻の疾患があれば、その治療を行います。

 

多くは、ウイルス疾患などにより、
結膜炎や角膜炎を併発して涙が
増えていることが挙げられます。
(カリシウイウイルスヘルペスなど)

 

その場合は、目だけの問題ではなく
全身性の疾患のため、抗生物質
抗ウイルス剤(インターフェロン)などで
根本となる疾患の治療を行います。

 

それによって目の症状も治れば
涙の量も減ってきて流涙症も改善されます。

 

また、目ヤニが出ているときや、
目の中に傷や炎症があるようなるときは、
点眼薬も併用して治療するようになります。

 

鼻涙管涙小管など涙の管の詰まりが
原因
の場合は、外科的な処置が必要に
なります。

 

詰まっている部分に極細の管を挿入して
洗浄する
ことで、詰まりを解消して、涙の
流れを正常に戻すなど。
(この処置には全身麻酔が必要です)

 

また、自分で気にして
引っ掻いたりこすったりしている
場合はエリザベスカラーを装着して
ガードすることも必要になってきます。

 

先天的に鼻涙管や涙小管が狭くて
詰まりやすい場合などは、症状を
改善させることは難しいため、こまめに
涙を拭いてあげるなどして皮膚炎を防ぐ
ような対処が必要になります。

 

<治療費について>

 

治療にかかる費用も原因や症状によって
異なります。

 

ウイルス疾患などにより、
目に炎症を起こしている場合
基準に書いていきます。

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・検査(涙の量を測定)
*必須ではない
500円~1.000円

 

・注射(抗ウイルス剤)
1.500円~3.000円

 

・注射(抗生物質など)
1.000円~2.000円(1本あたり)

 

・点眼薬(抗生物質や抗炎症)
1.000円~2.000円(1本あたり)

 

・内服薬(一週間分)
1.000円~2.000円

 

・エリザベスカラー
1.000円~2.000円

 

*その他、場合によっては
ウイルス検査(FIV・Felv)なども必要に
なることもあります。
(特にお外に出る猫の場合)

 

*症状が軽ければ、点眼薬だけで
大丈夫
なこともあります。

 

また、涙管の詰まりが原因の場合

・涙管の洗浄処置
10.000円~20.000円
(麻酔、処置などすべて含む)

*症状や、麻酔時間にも
よりますが、日帰りで大丈夫だと
思います。

 

<まとめ>

 

猫の涙流症は、短頭種以外の猫では、
全身性のウイルス疾患などから併発
していることが多いです。

 

また、猫の涙や目ヤニなどの症状
が出る病気
は非常に多く、適切な
処置が遅れると重症化
してしまい
治りにくくなってしまいます。

 

どうしても猫さんの場合は、
なにか違和感(痒みや痛みなど)があると
自分で引っ掻いたりして、さらに悪化
させて
しまうことが多いためです。

 

そのため、涙や結膜、まぶただけでは
なく、眼球まで傷が付いたりなどして
視覚にまで悪影響を及ぼしたり、最悪
の場合、失明してしまうようなこともあります。

 

重症化を防ぐためにも、
少しでも異変を感じたら早めに
病院に連れていってあげてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です