猫の緑内障の原因や症状と治療や手術費用は?眼球摘出も?

猫の緑内障って?

 

目の眼圧が高くなり、
視覚障害を起こす病気です。

 

眼圧は、「眼房水」という分泌物
の排出により保たれていますが、
この眼房水が何らかの原因でうまく循環
できなくなると目の中に水が溜まって
しまい、眼圧が上がり、視神経を圧迫してしまいます。

スポンサーリンク


緑内障が進行すると徐々に視力障害
起こり、ときには視力を失ってしまう
こともあります。

 

こちらでは、猫の緑内障の原因や
症状、治療法などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<症状について>

 

緑内障は大きく分けて急性慢性
2種類のタイプ
があります。

 

「急性緑内障」

眼圧が急激に上がる緑内障です。

 

眼圧が急激に上がることにより、

*目に強い充血が起こる

*眼の瞳孔が開きっぱなしになる

*光をまぶしがるようになる

*角膜が青みを帯びた灰色に見える

などの症状が現れます。

 

また、目に強い痛みを感じるため、
猫は触れられるのを嫌がったり、
いつもと違った行動をしたり、また
吐いたりする
こともあ
ります。

 

「慢性緑内障」

症状がゆっくりと進行していく緑内障です。

 

眼球が眼房水によりだんだんと
大きくなることで、

*角膜にひびが入ったように見える

*目の奥が異常に光って見える

といった症状が現れます。

 

急性のように急激な症状は現れないため、
進行するまで気付かないことも多いです。

 

どちらの緑内障も、症状が進行すると
失明網膜の壊死白内障などが起こって
くることがあります。

 

緑内障は、早期の診断・治療が
必要な緊急疾患の一つに挙げられる疾患です。

 

<原因について>

 

主な発症原因として考えられる
のは、何らかの基礎疾患です。

 

ぶどう膜炎外傷などによる
水晶体脱臼、眼内腫瘍などが
原因となって二次的に起こることが多いです。

 

そして、猫で多いのは

猫伝染性腹膜炎(FIP)

猫白血病ウイルス感染症(Felv)

トキソプラズマ症

などの病気の合併症として緑内障
になるケース
です。
(上記のような猫のウイルス疾患、感染症
は全身性の病気ですが、目にもさまざまな
症状が現れるものが多いです。)

 

また、まれですが生まれつき
先天性の異常を持っている場合もあります。

 

先天性の場合は、房水の排出路の
形成異常があり、発症することが
多いと考えられていますが、はっきり
した原因は解明されていません。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

緑内障の診断は、眼圧を測定することで
分かりますが、その他、目の全体の状態
を診察するための各種眼科検査が行われる
のが普通です。

 

緑内障の治療は大きく分けて、

*眼圧を下げ、視力障害の進行を抑える
ことを目的に行う治療

*すでに視覚を失ってしまっている場合
に痛みを抑える治療

とがあります。

 

眼圧を下げる治療としては、
内服薬点眼薬などによる内科的治療。

眼房水を目の別の部位に排泄
させたり、眼房水の産生量を
減らしたりする手術を行う外科的治療。

などが状態に応じて行われます。

 

また、既に失明してしまっている
場合は、緊急性はありませんが疼痛を
抑えるための治療となります。
治療をしても痛みが抑えられないときは、
眼球摘出手術が必要になることもあります。

 

そして猫の場合は、他の基礎疾患
が原因で起こる
場合が多いため、それら
原因の疾患の治療も同時に行っていくようになります。

 

ただ、完治できないウイルス疾患が
原因となっている場合には、残念ながら
予後は悪いです。
その場合は、最低限痛みを抑えてあげる
ための治療となります。

 

さらに自分で引っ掻いたり、
こすったりして、
ひどくして
しまわないよう
に状況に応じて
エリザベスカラーを付けるなどの措置が必要になります。

猫がエリザベスカラーに慣れるには?装着の必要性や効果は?

 

<まとめ>

 

緑内障は、症状が進行してからでは、
治療も難しくなってきますが、
できるだけ初期に治療を行えば
眼圧が
下がる可能性が高まります。

 

また、ウイルスなど他の基礎疾患を
予防することで、緑内障を予防すること
にもつながります。

 

ですから、普段から猫さんの体全体の
健康状態や目の異変を良く観察して
早期発見、早期治療ができるようにして
あげてくださいね。

 

あとは、基礎疾患になる病気や
外傷などから猫さんを守るために、
外出させないよう室内飼育を心がけましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です