猫の病気

猫の角膜炎の原因や症状と治療や費用は?瞬きや涙が多い!

 

猫にはさまざまな目の疾患が多く、
その中でも一番多いのが結膜炎ですが、
その他、比較的よく見られるのが角膜炎です。

 

特に猫の角膜疾患は、種特異的
(他の種には認められない特色)なもの
が多いとされています。

スポンサーリンク


角膜炎もさまざまな原因によって
起こりますが、猫で一番多いのが
ウイルス性の角膜炎です。
いわゆる全身疾患の影響によって起こる
角膜炎です。

 

こちらでは、猫に多い角膜炎について
原因や症状、治療法などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫の角膜炎について>

 

角膜は、目の一番表面を覆う
透明な膜のことで、この角膜に炎症
が起こり角膜炎となります。


出典:http://www.haru-anim.com/

通常、角膜の表面は角膜上皮という組織
で覆われていて、細菌や微生物が進入でき
ない構造になっています。

 

しかし、何らかの原因で角膜上皮に
傷が付いてしまったり炎症反応を
起こしているところに細菌などが付着、
増殖して角膜炎を引き起こします。

 

<角膜炎の原因について>

 

人の角膜炎は、コンタクトレンズの
着用や、ゴミ、砂、植物など外部から
の刺激による角膜表面の傷が原因となって
起こることが多いです。

 

同様に猫でも外部からの物理的な
角膜刺激が原因になることもありますが、
多いのは、全身性のウイルス疾患による
ものです。
(その他、真菌や細菌感染によるもの、
好酸球性角膜炎など)

 

猫のヘルペスウイルスは、いわゆる
猫カゼとも言われるウイルス性鼻気管炎
の原因となるウイルスです。(FHV-1)

 

くしゃみや鼻水などの呼吸器症状の
他、結膜炎や角膜炎などを引き起こす
のが特徴のウイルスです。

 

特に子猫で多く見られる疾患の一つです。
猫同士の接触や飛沫感染、または母子
による垂直感染があり、子猫の場合は
ほとんどが垂直感染(母子感染)によるものです。

 

症状の程度や、起こり方には個体差は
ありますが、目の症状と共に呼吸器症状
がみられる場合には、高い確率でヘルペス
ウイルスによるものだと考えられます。

 

ヘルペスウイルスは、主に気道(鼻腔・
口腔・喉頭・気管・気管支)や目の
結膜上皮や角膜上皮に感染して、その
細胞内で増殖します。

 

そして、角膜上皮で増殖したウイルス
は、潰瘍性角膜炎や免疫介在性の炎症
反応によって角膜炎を引き起こします。

猫のヘルペス!ウイルス性鼻気管炎の症状や治療と治療費は?

 

<角膜炎の症状について>

 

角膜炎の症状は、

*流涙(涙が増える)

*目やにの増加(膿性)

*頻繁なまばたき

*目を痒がる

*目を痛がる

*光を眩しがる

*まぶたの痙攣(けいれん)

などが挙げられます。

 

そして重度になると、

【角膜潰瘍(かくまくかいよう】
角膜上皮だけでなく、角膜実質の深い
ところまで損傷している状態。

【角膜穿孔(かくまくせんこう)】
角膜潰瘍が悪化して角膜が溶けて
穴があくこと。

などが起こり、失明を招く恐れがあります。

 

そして、症状が進行するに伴い、
目が濁ったり、角膜の表面に
血管が侵入
するように見えたりと肉眼で見ても
明らかな異常が分かるようになります。

 

その他、呼吸症状以外の全身性の症状
として、

*発熱
*食欲不振
*元気消失

などが見られます。
(特に感染初期)

 

ただ、成猫の再発の場合(ウイルス
は体内に残るためキャリアとなり、
再発することがあります)は、呼吸器
症状は伴わず、角膜や結膜などの目の
症状だけが起こることも多いです。

 

子猫では、重度になると眼球癒着
(眼球とまぶたがくっ付いてしまう)
が起こり、目を開くことができなく
なってしまうこともあります。
(眼球癒着は、手術が必要になる)

スポンサー リンク


<角膜炎の検査や診断について>

 

角膜炎の疑いがある場合、
まずライトで猫の目を照らし
ながら角膜の状態を確認します。

 

その後、必要に応じて
フルオレッセンテストなどを
して判断します。
*角膜の損傷部分が緑色になる
液体を角膜に垂らし、傷がどの
程度かを判別するもの。

 

また、角膜スワブ検査(眼の表面の細菌
やウイルスの感染を調べる検査)をする
場合もあります。

 

治療のための薬剤の選択や確実な
診断のためには、角膜スワブ検査は
必要ですが、状況に応じて行う場合と
行われない場合もあります。
(重症度にもよりますし、病院にもよっても
異なります)

 

角膜スワブ検査は外注検査になりますので、
他の症状などから、明らかに原因が
ウイルス疾患だと疑われる場合などは
一般的なウイルス疾患の治療を行い、
その反応が悪い時などに、検査する
病院もあります。

 

<角膜炎の治療について>

 

猫の角膜炎の治療にはいくつか
方法があり、角膜炎を起こす
原因や症状に合わせた治療を行います。

 

症状が軽度の場合は、
抗炎症剤や、角膜の治癒を促す
点眼薬
による治療を行います。

 

細菌やウイルスによる感染症
が原因の場合は、同時に抗生剤
抗ウイルス剤(インターフェロンなど)
を投与する治療を行います。

 

*抗ウイルス剤
抗ヘルペス薬は、内服薬(ファムシクロビル
など)や点眼剤(眼軟膏アシクロビルなど)

インターフェロンは、ウイルス全般
に効果が期待できるため、使用される
ことが多い。

その他、症状が重度で角膜が白く濁って
いる
場合や角膜潰瘍が見られる場合は、
外科的な治療(角膜表層の切除や角膜
移植)が必要になることもあります。

 

また、目を引っ掻いたりこすって
症状を悪化させないように、
エリザベスカラーの装着は必須に
なることがほとんどです。

 

 

<治療費用について>

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・検査
(角膜の傷) 1,000円~2.000円
(角膜スワブ検査) 2,000~3,000円

 

・点眼薬
(角膜の治癒)1.000円~2.000円
(抗炎症剤)1.000円~2.000円
(抗菌剤)1.000円~2.000円
(抗ウイルス剤)1.500円~2.500円

 

・エリザベスカラー
1.000円~2.000円

 

症状によって

・飲み薬
(抗生物質)1.200~2.000円
(抗ウイルス剤)1.500~2.000円

 

・インターフェロン注射
1.500円~3.000円

 

・注射(抗生物質など)
1.000円~2.000円

 

*必要になる薬剤については、
症状や状態によって異なります。

 

原因や重症度にもよりますが、
角膜炎は治るまでに時間がかかること
が多いです。

 

重症の場合で角膜表層の切除や
角膜移植などの
手術が必要に
なった場合

50.000円~300.000円

*専用の機材などが必要になるため、
眼科専門などの病院での施術となる
ことが多いです。

<まとめ・角膜炎を予防するために>

 

*ウイルス感染、細菌感染、真菌感染をしている猫

*外出する猫

*鼻がつぶれている種類の猫(短頭種)

などの猫さんは、角膜炎
かかりやすいと言われます。

 

普段から猫の目をよく観察し
目やにや目の周りの汚れといった
異常
があったらすぐに病院へ行きましょう。

 

また、ヘルペスもそうですが、
ウイルスなどの感染症から起こる角膜炎
のいくつかはワクチン接種で予防できます
ので、定期的なワクチン接種を心がけましょう。

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

 

猫の眼科の病気は、さまざまな
原因で起こり、症状もいろいろですが、
最初は軽症だったとしても、それを
自分で引っ掻いたり、こすったりして
ひどくしてしまうことが非常に多いです。

 

痒みや痛み、違和感などがあると
人の場合には、触ったりこすったり
すると悪化するのが分かっているため
我慢しますが、猫ではそれが分からない
ため我慢しません。

 

そのため、二次的な外傷や感染が多く、
さらに悪化を招いてしまうという問題
があります。

 

そうなると治りにくくなったり、
治療も長引いたり、治ったとしても
後遺症が残ったりとなってしまいます。

 

それを防ぐためには、とにかく早期
の症状が軽いうちにしっかりと治療を
行うことが大事です。

 

そして、猫の目の疾患には全身性の
ウイルスなどの感染症が原因になって
いることが多いということも頭に入れて
目以外の症状が現れた時でも、目にも
何らかの症状が現れる可能性があると
考え、早期に診察を受けるようにしましょう。

 

また、ウイルスなどの場合には、
一旦良くなっても再発することも多い
ですから注意が必要です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 猫の腎不全に痛みはあるの?腎臓機能低下による体の状態は?
  2. 猫の便秘の解消法やフード,薬など!病院に行くタイミングは?
  3. 猫の膿胸は怖い!胸に膿がたまる病気の原因や症状と治療法は?
  4. 猫の腎不全を早期発見する検査!腎機能マーカーSDMAとは?
  5. 猫のトイレの回数が多い?オシッコが出ない・しないのになぜ?
  6. 猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!
  7. 猫のパルボウイルス感染症の原因や症状,治療にかかる費用は?
  8. 猫に多い尿路結石!予防や管理に最適な食事回数は?
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

症状から見る猫の病気

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫専門病院

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP