猫の白内障の原因や症状と検査について!治療法や手術の費用も!

猫の目が白く濁っている!?

 

猫は、全身性のウイルス疾患などでも
目やにや涙が多くなったり炎症を
起こしたりと目に症状が現れることが
多いです。

 

また自分で引っ掻いてしまい、さらに
悪化させてしまったりと目の異常、病気
は比較的多くみられます。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の目の疾患の一つ、
白内障について原因や症状、検査、治療
などをまとめてみましたので参考にしてください。

 

猫の白内障は犬に比べると少なく、また
主要な原因も少し異なることもありますが
白内障の病態や治療については基本的に
同じです。

 

<猫の白内障について>

 

白内障とはカメラのレンズと同じ
役割をする
目の水晶体が白濁することです。

 

白内障は進行すると視力が低下し、場合に
よっては眼球内で炎症(ぶどう膜炎など)を
併発し、続発性の緑内障へ進行することも
あります。

 

白内障は濁りの状態、進行度によって、

*初発白内障
(水晶体の濁りはじめ)

*未熟白内障
(水晶体の一部が濁っている)

*成熟白内障
(水晶体全体が白く濁っている)

*過熱白内障
(さらに進行、水晶体が融解している)

に分けられます。

 

白内障は、高齢になって起こる眼の病気
で加齢に伴い増加してくるというイメージ
があるかと思いますが、猫の場合、高齢になって
白内障になることはほとんどなく、原因の多くは
他にあります。

 

また、猫の白内障は犬に比べてもとても
少ない(稀)です。

 

そして、いわゆる濁り・・白内障?
と思ってもそれは白内障ではなく、
他の原因によって濁って見えていることも
多いです。
(核硬化症などは白内障と似ていますが
視覚障害は起きないため治療の必要は
ありません)

 

<猫の白内障の症状について>

 

白内障の症状は、水晶体が濁るので眼を見ると
進行程度にもよりますが、目の奥が白っぽく
見えます。
(初期では肉眼では分かり辛いです)

 

さらに進行すると、水晶体の濁りが強く
なり、視覚障害が出てきます。

 

両眼とも白内障になってしまった場合、
柱や壁などによくぶつかるようになったり、
段差につまずいたり、階段の昇り降りや暗い
場所で動くことを嫌がったりします。

 

また、ちょっとした物音にも驚くように
なったりと
視覚障害による行動異常が見られます

 

ただし、白内障の進行度にもよりますが、
少しずづ時間をかけて視力が低下して
いった場合には、あまり顕著な行動異常が
見られないことのあります。

 

猫はもともと視覚以外にも優れた
嗅覚や聴覚を持っていますし、バランス
感覚などの抜群ですから、住み慣れた
環境であれば、それらを頼りに行動する
ことができますので、思ったほど不自由
さは感じられない場合もあります。

 

また、片目だけが白内障になった場合も
同様でもう片方の目や他感覚器官で十分
カバーはできるため、行動異常はほとんど
見られません。

 

その他、涙や目やに、ときには嘔吐や発熱
ような全身での不調が見られる場合があります。

 

<猫の白内障の原因や検査について>

 

人や犬の場合、白内障の原因には老齢や
糖尿病や先天性などによるもの、外傷による
ものなどが考えられます。

 

しかし、猫の白内障、老齢や糖尿病が原因と
なることは少なく、多くが後天的な外傷など
によるものです。

 

外傷での代謝異常によりタンパク質
が変質して水晶体
が白濁するといわれて
います。

 

外傷による場合には瞳の白濁が見られる前に、
涙目や目が赤くなったり目やにが酷く
なったり
といった症状も現れるのが普通です。

 

猫は、お外に出る子やまた室内飼いでも
多頭飼育が多いことから喧嘩や事故など
が多く、目に傷を負うことも多いです。

 

さらに痛みや痒みから自分で目を気にして
引っ掻くことで傷を悪化させてしまう
こともあります。

 

また、皮膚の寄生虫の感染などでもその
痒みから目の周囲などを爪で引っ掻いている
うちに眼球にまで傷をつけてしまうこと
もあります。

 

それらが原因となって白内障になること
が多いです。

 

また、先天性の場合には、遺伝で白内障を
起こしやすいとされている品種もあります。
(ペルシャやヒマラヤンなど)

 

白内障は、見た目の濁りだけでは
判断できないため、正確な診断を下す
ためにはさまざまな眼科検査が必要に
なります。

 

白内障の検査は、他の眼科疾患の
除外、また併発している疾患はないか、
目全体の状態を診るためにいくつかの
検査が行われます。

 

病院によっても多少異なりますが、
主な検査は以下になります。

 

*検眼鏡検査

眼内に反射光線を当て、眼球の表面から
内部、眼底までを見る検査です。

大まかな異常部位が分かります。

 

*シルマーテスト(涙液試験)

涙液の分泌量を測定する検査です。

白内障の特に初期では涙の量が
増えます。
また炎症などがあると涙は多くなります。

 

*フルオレセイン染色検査

蛍光色素をしみ込ませたフルオレセイン
試験紙を使って角膜を染色し、光を当てて
角膜の傷の有無を見る検査です。

 

*眼圧検査

眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。

白内障や他にも何らかの眼科疾患が
ある場合、基本的に眼圧は高くなります。

 

*細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

スリットランプ検査とも言われ、
細隙灯と呼ばれる拡大鏡を使い、帯状
(スリット状)の光を目に当てて、内部を
見る検査です。

水晶体の濁りの程度や他の異常も分かります。

 

*眼底検査

検眼鏡や眼底カメラなどを使って、
眼底の血管や網膜、視神経などを見る
検査です。

白内障の濁りがひどい場合は見えない
こともあります。

 

*隅角鏡(ぐうかくきょう)検査

隅角鏡を使って眼球前部の角膜と虹彩
の間の領域(隅角)を見る検査です。

白内障では隅角が狭くなります。

 

*超音波検査

超音波を使って眼球内部を見る検査です。

他の検査で内部の状態を見ることが
できない場合などは必要になります。

 

*網膜電位図検査

網膜に強い光を当てその電位変化を
記録して、その波形から網膜の働き
を調べる検査です。

 

眼底検査で状態が把握できないときなどに
眼底(網膜)の状態を見るために必要な検査です。

 

これらの検査は、基本的に痛みを伴うもの
ではありませんが、猫の状態によっては
軽い鎮静処置が必要になることもあります。

 

検査費用は、どの検査をいくつ行うかに
よっても異なりますが、眼科全般検査
として一般的には10,000~15,000円程度
が相場となっています。

スポンサー リンク


<猫の白内障の治療法について>

 

白内障は内科的治療で完治する
ことがない
ため、根本的な治療には
外科的治療法(手術)が必要
となります。

 

しかし、点眼薬内服薬などの薬の
投与によって猫の水晶体の白濁の
進行を緩和して遅らせる
ことはできます。

 

白内障では、加齢や他の原因によって
蓄積する活性酸素(サビ)が白内障を進行
させる要因となっているため、その
活性酸素を抑制させるための点眼薬
(抗酸化作用)があります。

 

ただし、あくまでも進行の抑制であって
白内障が改善することはなく、視覚の回復
も望めません。
また効果にも個体差があります。

猫の目薬の種類や効果、使用回数や副作用などまとめ!

 

症状が悪化していて、猫の日常生活にかなり
負担
がかかるようであれば白濁している水晶体
取り除き、人工の眼内レンズを入れる外科
手術
を行うようになります。

 

ただ網膜の奥にある光を感じる部分が
ダメになっている場合(網膜剥離や網膜変性)
は、手術をしても視覚回復の可能性がなく、
この場合は手術適応とはなりません。
その場合は内科療法(点眼薬)での対処となります。

 

その他、白内障の手術は全身麻酔が必要
なりますので、麻酔がかけられる体の状態
でない場合も手術適応とはなりません。
(腎不全や肝不全などは麻酔はかけられません)

 

また、白内障の手術については手技が
難しく、専用の器具や設備・技術が必要
なりまので、一般の病院では行っていない
ところが多いため、眼科専門や力をいれて
いる病院などでの施術となります。
(かかりつけ医から紹介してもらえることが
多いです)

 

白内障の手術費用は、
病院にもよりますが片眼で
30~50万円くらいが相場となっています。
(手術法にもよります)

 

また、白内障は手術後のケアが重要で
眼をこすらないように
エリザベスカラー
をつけたり、自宅で点眼薬や
内服薬の投与
などが必要になります。

 

<まとめ>

 

白内障の手術はその高額な費用も含め、
なかなか完治のための手術は現実的では
ありません。

 

ですから、実際は、内科的に進行を
遅らせる治療を行うことがほとんどです。

 

また、前述したように白内障に見えても
実際は違う場合もありますのでまずは
しっかりと検査を受けて適切な治療を
行うことが大事です。

 

そして病気は予防から・・

先天性の白内障を予防することは
できませんが、後天性のもの(外傷性のもの
や他の眼疾患)は、防ぐことも可能です。

 

室内飼育を徹底し、喧嘩などに
よる外傷を防ぐことが白内障の予防
に繋がります。

 

また、多頭飼育のお宅などでは、相性の悪い
ネコさん同士は部屋を分けるなどして、
ケンカをさせないような対策をとることが、
予防にもなります。

 

また、白内障は他の眼科疾患や病気から
二次的に起こること
もあるため、猫の目や
普段の様子をよく観察し、目ヤニや涙目など、
いつもと違う様子が見られたら早めに診察
を受けて治療するように心がけましょう。
(いわゆる猫カゼによる涙目や結膜炎にも
注意が必要です)

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です