猫のヘルペス!ウイルス性鼻気管炎の症状や治療と費用など!

猫のウイルス性鼻気管炎って?

 

猫風邪とも言われる、
猫の代表的なウイルス疾患
一つが、ウイルス性鼻気管炎です。
(他は、猫カリシウイルス感染症・クラミジア)

 

ヘルペスウイルスの感染によって
発症します。

スポンサーリンク


猫では非常に多い病気で、
この病気にかかったことがない猫は
いないのでは?と言えるくらいの感染率です。

 

風邪という言われ方をしますが、
ウイルス疾患なので、人で言うと
インフルエンザのような部類に入ります。

 

また、猫カリシウイルス感染症
クラミジア感染症との複合感染
多く、より重症化してしまう可能性
が高い病気です。

 

こちらでは、猫のヘルペス(ウイルス性
鼻気管炎)の症状や治療などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<感染経路や症状について>

 

ヘルペスウイルスは、感染した猫の
鼻水やよだれなどに存在しますので、
くしゃみなどによってウイルスが
撒き散らされる(飛び散り)、それを
他猫が吸い込むことによって感染します。
飛沫感染

 

そのため、直接的な接触がなくとも
同じ室内や近くなどに感染猫がいれば
すぐに感染してしまいます。

 

多頭飼育の場合は一匹が感染して
いれば、他の猫にも全部感染すると
思っていいです。

 

また、猫の体についたウイルスが
人の手を介して感染することもあります。

 

例えば、飼い主さんがお外などで
野良猫などに触って、そのまま手を
洗わずに帰宅して飼い猫に触ると
感染します。

 

特に外猫はほぼ100%の猫がこの
ウイルスに感染しています。

 

また室内飼育の猫でも一度感染して
しまうとキャリアとなり、ウイルス
が体から抜けることはないため、
鼻水やくしゃみなど症状が出ている
時にはウイルスを排泄しています。

 

ヘルペスの症状としては初期には、

・くしゃみ
・鼻水
・目ヤニや流涙
・発熱
・食欲不振
・元気消失

などがみられます。

 

症状が悪化すると、鼻水や目ヤニは
ドロドロした膿
のような状態になり、
鼻づまりや結膜炎(充血や浮腫)などを
引き起こします。

 

また、結膜炎は、進行すると
角膜炎から角膜潰瘍
となり、失明
する危険や眼球摘出
をしなければ
ならない場合もあります。

猫の結膜炎は治りにくい?原因と症状や治療と治療費について

 

また、特に抵抗力のない子猫など
の場合は、重症化しやすく、
治療が遅れると肺炎などを起こす
こともあります。

猫の肺炎は命の危険も!原因や症状と治療から予防法まで!

 

さらに、他のウイルスとの
複合感染の場合は、口内炎などの
症状も見られます。

猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?よだれや口臭!

 

また、カリシウイルスと同様、
一度体内に入ったウイルスは、
一生体の中に残る
ため、治療を
して症状が治まっても、抵抗力
や免疫力が落ちた時などに再発を繰り返します。

 

また、重症化している時や、
治療が遅れて、慢性化している
場合などは、治療をしても症状は
完全に治りきらないことも多いです。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

猫の伝染性鼻気管炎のヘルペス
ウイルスを直接やっつける有効な薬剤
はありませんので対症療法が基本となります。

 

主に、

・抗ウイルス剤(インターフェロン)

・抗生物質

を併用しながら治療していきます。

 

その他、症状に応じて点眼薬や点鼻薬
などが必要になることもあります。

 

状態にもよりますが、一日おきに
週に3回ほどインターフェロンを
打っていけば、ほとんど(重症な
場合以外)の猫さんは、症状が治り回復します。

 

子猫や高齢猫などで、重度の場合は、
上記の治療プラス点滴輸液などで、
脱水の改善や、栄養補給をしていくようになります。

 

また、カリシウイルスやクラミジア
との複合感染が疑われる場合でも、
抗生物質と抗ウイルス剤の治療法は
同じですので、全部に効果はあります

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

<治療費用について>

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

 

・処置
(目ヤニや鼻水などがひどい場合
は洗浄)
5.00円~1.000円

 

・皮下注射(インターフェロン)
1.500円~3.000円

 

・皮下注射(抗生物質)
1.000円~2.000円

 

・内服薬(抗生物質)
1.000円~2.000円

抗生物質は、注射はせずに
飲み薬だけのことも。

 

その他、場合によって、
点眼薬点鼻薬などが処方される
場合は、各1,500円前後。

 

また、子猫などの重症の場合、
点滴や栄養補給などで入院治療
になることもあり(特に食欲がない
場合)、その場合には一日1万円近くかかると思われます。

 

<まとめ>

 

猫のウイルス性鼻気管炎
カリシウイルス感染症は、動物病院
に来院される猫さんの病気の中で
一番多い病気です。

 

拾ってきた子猫さんや、
お外に出る猫さんはほぼ100%
この病気を持っています。(キャリア)

 

また、完全室内飼育の場合でも
多くは、子猫の時にこれらのウイルスに
感染していることが多く、キャリアと
なっていることがほとんどです。
(親猫から感染、ペットショップなど
で感染、保護猫などもそうです)

 

ただ、猫のウイルス性鼻気管炎は
ワクチンがあります。
3種混合の中に含まれています。

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

 

ワクチンを打っても体の中からウイルス
を完全に排除することはできませんが、
一年に一回のワクチンを継続して打って
いけば、どんどん免疫がついて症状が出る
のを抑えられるようになります。

 

ワクチン接種をしないと、抵抗力が
落ちた時などに発症、何度も再発を
繰り返します。

 

症状が治ったら、ワクチン接種を
受けて再発予防に努めましょう。

 

特に多頭飼育などの場合には、
全ての猫さんに感染・発症の
リスクが高く、治っても他猫がまた
発症・・など繰り返していつまでも
根絶できない場合も多いですので、
ワクチン接種は非常に重要になります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です