猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?

猫のクラミジア感染症って?

 

猫ではポピュラーな病気であり、
猫カゼとも言われるウイルス疾患の
一つです。
(他は、ヘルペス=猫ウイルス性鼻気管炎、
猫カリシウイルス感染症)

 

クラミジアは細菌とウイルスの
中間に位置する
病原体で、
ズーノーシス(人畜共通の感染症)の一つです。

スポンサーリンク


ただ、人のクラミジアと猫のクラミジア
は異なります。

 

人ではクラミジアは、性感染症の
一つとして知られ、いわゆる性行為に
よって感染することが多い病気ですが
猫のクラミジア発症は、人のそれとは
感染経路や症状などが少し異なります。

 

同じクラミジア科に属する病原体
ですが、人はクラミジア・トラコマチス、
猫は、クラミドフィラ・フェリスであり、
猫のクラミジアは、基本的には猫同士で
感染が起こる病気です。
(稀に人へ感染することもあるとされています。)

 

こちらでは、猫のクラミジア感染症
について症状や治療法などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<感染経路について>

 

猫のクラミジアは、主に感染猫との
接触感染です。
感染力が非常に強い病原体です。

 

一度感染をしてしまうと病原体は
全身に存在するため、目ヤニや鼻水
などの分泌液、また便中にもクラミジアを
排出
してしまいます。

 

そのため、直接的な接触がなくとも
感染する危険性があります。

 

鼻水などからの飛沫感染もしますが、
一番濃厚な感染経路は、目ヤニなど
目からの分泌物に含まれる病原体です。

 

多頭飼育などの場合は、
一匹が感染をしてしまうとすぐに
同居猫にも感染してしまうので注意が必要です。

 

他の猫カゼ(ヘルペス・カリシ)同様、
感染猫と同じ空間にいれば簡単に感染
する可能性が高い病気です。

 

<症状について>

 

クラミジアの感染直後には発熱などから
食欲不振になったりなどもありますが
これは一過性のものなので見過ごされること
が多いです。

 

クラミジアの分かりやすい主な症状は、
まず目に現れることがほとんどです。

 

感染からおおよそ3~5日程度で
症状が出現してきます。
片目から起こることも多いですが、
基本的には両目に症状が出てきます。

 

慢性の結膜炎が起こり、
ドロドロした膿のような目ヤニが
出てきたり、結膜浮腫、瞼(まぶた)や
目の周囲全体が腫れることもあります。

 

目が開けづらくなり、気にして
引っ掻いたりなどの素振りが見られる
ようになります。

 

また、進行すると鼻水くしゃみ
なども見られるようになります。
そして重症化すると、肺炎などを
引き起こし死亡するケースもあります。

 

特に抵抗力のない子猫や高齢猫などの
場合は注意
が必要です。

 

また、他のウイルスとの複合感染
の場合は、重症化することが多く、
早期に適切な治療をすることが
大事になってきます。

 

基本的に、クラミジアと共に、
ヘルペス、カリシウイルスにも感染
(複合感染)
していることがほとんどで、
それらも同時に発症することで症状を
を悪化させます。

猫のヘルペス!ウイルス性鼻気管炎の症状や治療と費用など!

 

<治療法について>

 

前述したように猫のクラミジアは、
他のウイルス(ヘルペス・カリシ)との
混合感染が多く、
その判別(クラミジアの)
は難しいため、ほとんどの場合が複合感染
としての治療を行っていくようになります。
(目ヤニによる結膜スワブ検査や血液に
よる抗原検査などで診断する場合も
ありますが、猫クラミジアの検査は精度
があまり高くないとされています。)

 

治療は、抗生物質(テトラサイクリン系)の
飲み薬
、状況に応じて点眼薬
点鼻薬など
とともに抗ウイルス剤(インターフェロン)
などの投与が行われます。
(カリシやヘルペスなど複合感染していたと
してもこれらの治療で効果があります。)

 

適切な治療が行われれば症状は
2週間~ほどで症状は治まりますが、
4週間程度はしっかりと治療を継続する
ことが望ましいです。

 

症状が良くなったからと言って早期に
治療をやめてしまうと病原体は体内に
残ることもあり、
再発することがあります。

 

また、子猫などで重症化している
場合は、輸液点滴、栄養剤どで
体力を回復させる必要があり、入院治療
になる可能性もあります。

スポンサー リンク


<治療費について>

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

・処置(目や鼻の洗浄など)
500円~1.500円

・皮下注射(抗生物質)
1.000円~2.000円

・皮下注射(抗ウイルス剤)
1.500円~3.000円

・点眼薬(抗生物質)
1.000円~2.000円

・飲み薬(抗生物質)
1.000~2.000円(一週間分あたり)

その他、状況によって

・ウイルス検査(白血病・エイズ)
3.500円~8.000円

・点鼻薬
1.000円~2.000円

 

重症の場合の輸液や点滴など
5.000円~10.000円(一日あたり)

 

その他、猫さんが、自分で目を
引っ掻いたりして傷つけないように、
エリザベスカラーなどを装着が必要に
なることもあります。

 

一旦、症状が治まったように
見えても、勝手にお薬をやめて
しまわないようにしてくださいね。

 

クラミジアの抗生物質は、
最低でも2週間以上(4週間
)の継続投与が必要です。

 

<まとめ>

 

クラミジアは、若い猫(子猫や幼猫)
での発症が多く見られ、その多くは
ブリーダーやペットショップなど、
多くの猫が集まっているところにいる
猫たちです。
(そのため、売買されている純血種の
猫での感染率が高いです。)

 

そのようなところから猫を譲り受けた
場合には、注意しましょう。

 

また、今はワクチンの5種混合
7種混合にクラミジアは含まれて
いますので、症状が治まって少し
期間を置いたら、ワクチン接種を
していくといいですね。
(一般的な三種混合には含まれていない)

 

飼育環境にもよりますが、感染歴の
ある猫では、再感染のリスクが高い
されています。

 

ですから特に多頭飼育などの場合には、
ワクチン接種が重要になります。

 

もし、体の中にクラミジアが残って
しまっていてもワクチンで免疫を
付けていけば発症しにくくなって
いきます。

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

クラミジアは、感染したら早期に
しっかりと病原体を抑え込むことが
重要ですので、治療によって症状が
改善してもしっかりと獣医師の指示に
従い、治療を続けてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です