猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策まとめ

猫が熱中症になった?!

 

猫も、人間と同じように熱中症
なります。

 

猫は本来、暖かいところを
好みますが、汗腺が足の裏(肉球)
にしかないため、発汗によって
体温調節をすることができません。

スポンサーリンク


特に、完全室内飼いの猫には注意が必要です。

 

外猫は自分で涼しいところに移動
できますが、室内の猫は、
閉め切った部屋などにとじこめられた
場合、
逃げ場がなくなるからです。

 

猫の熱中症は発見が遅れることが
多く、
命に関わる危険な疾患です。

 

こちらでは猫の熱中症が起こりやすい
状況(原因)や症状、対処法などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<原因や症状について>

 

熱中症は、体温が急激に高くなり、
正常な体温を保てなくなることで発症します。

 

夏場に、風通しが悪くエアコンの
効いていない部屋ケージの中など
に閉じ込められた際、
また長時間涼しい場所に移動できず、
水も飲めないような場合は危険です。

 

車内での留守番でも同様です。
特に車内は温度が急上昇しやすく、
短時間で
熱中症になることがあります。

 

また、夏場のキャリーケースでの
移動
も注意が必要です。

 

狭く蒸し暑いキャリーケースの中で
ストレスを感じたり、緊張すれば、
体温が
急上昇
することがあります。

 

熱中症の症状としては、

・舌を出してハァハァと呼吸する

・よだれをたらす

・嘔吐や下痢

・触ると熱い

・ぐったりして反応が遅い

・よろける・歩き方がおかしい

・目や口の中の粘膜が充血

 

さらに進行して重度になると

・筋肉のふるえや全身のけいれん

・意識がもうろうとし、呼びかけに反応しない

・吐血や下血(血便)・血尿

・チアノーゼ(舌や口の粘膜が紫色になる)

などが見られます。

 

最悪の場合はショック症状を起こし、
命に関わることもあります。

 

また、もし自宅で体温が測れるので
あれば、熱中症の診断の助けになります。

 

猫の平熱は人間よりも高く
37.5~39.2℃です。
40℃以上になるのは異常です。

 

*ネコさんの体温もヒト用の
耳でピッする
タイプのもので大丈夫です。

スポンサー リンク


<応急処置の方法について>

 

熱中症が疑われたら、まずは
すぐに動物病院に連絡して下さい。

 

獣医師が熱中症の可能性が高いと
判断した場合は、動物病院への
移動中も猫の体を冷却するよう指示
があります。

猫に熱中症の症状が見られる場合は
とにかく体を冷やすことが肝心です。

 

冷たい水で濡らしたタオルで全身を
包んだり、
アイスノンや氷枕などを
動脈の走る首のまわりや
ワキの下に
あてがうなど
して、猫の体を冷やしな
がら動物病院に向かってください。

 

また、意識が低下している場合は、
嘔吐物による誤嚥(ごえん)にも
注意しなくてはいけません。
(吐いたものが気管に入ってしまうこと)

 

その他、移動にも細心の注意を
払うことが必要です。

 

<熱中症の治療法>

 

動物病院では、猫の体の状態に応じて、

*熱を下げる(体を冷やす)

*水分補給(点滴や皮下輸液)

*抗炎症剤の投与

*酸素吸入

などの治療が行われます。

 

また、体全体のダメージをチェック
するために、血液検査などが行われます。

 

熱中症の場合、体温が下がって
一旦落ち着いたように見えても
受けたダメージによっては、その後も
予断を許さない状況が続くことが
ありますので、そのまま入院となる
ことも多いです。

 

<愛猫を熱中症にさせない予防法>

 

【家の中で留守番させる場合】

 

留守番中に特に注意したいのは、
猫が密室に閉じ込められることです。

 

猫の熱中症の多くがこの状態で発生
しています。

 

家を出るときに、猫が狭い部屋や
トイレ、クローゼットなどに
閉じ込め
られていないか確認して下さい。

 

また、窓を閉め切ると風通しが悪く
なり、日中は想像以上に室温が上がります。

 

防犯上の理由から、留守番中は窓を
開けて換気できないという場合は
冷房を入れましょう。
28℃前後が、猫にとって最も過ごし
易い温度です。

 

他に、猫用のクールマットなども
用意しておいてあげると、自分で
暑いと感じた時にはその上で寝たりと
個々の状況に応じた使い方ができるため快適です。

 

ただし、それらのグッズ単体では
十分な熱中症対策とはいえません。
上記の注意事項のプラスアルファの
グッズとして使いましょう。

【車での移動時】

 

人間の幼児の場合でも痛ましい事故
がおきて問題になっていますが、
車中に猫を残して
車外に出る行為は非常に危険です。

 

すぐだから~と短時間の予定に
思わぬことで時間がかかることも
あります。

 

また、曇りだから大丈夫
このぐらいの温度なら大丈夫
という考え方は危険です。

 

さらに、エンジンをかけっぱなしで
エアコンを入れていたとしても何かの
拍子に猫がエアコンのスイッチを
切ってしまったりということもあります。

 

車中に猫だけを残して外には出ないようにしましょう。

【キャリーケースでの移動】

 

キャリーケースの中に猫を入れると
猫は興奮することも多いため、暑くなりやすいです。

 

ケースの中が狭いと余計に熱が
こもる
ので、猫の体よりも一回り
大きいキャリーケース
を用意するか
保冷剤を一緒に入れると良いです。

その他、長時間の移動の場合は、
猫が脱水状態になりやすいです。

 

移動中でも、口元に水をつけて
舐めさせるなどで水分補給する
ことができます。

 

また、猫を連れて出かけなければ
ならない場合でもなるべく日中の
気温の高い時間は避けて、午前中や
夕方など少し気温が下がってからに
するなどの配慮をしましょう。

猫が夏バテでぐったりしている時の対処法と注意すること!

 

<熱中症になりやすい猫について>

 

特に以下に当てはまる猫は、
熱中症のリスクが高いですので
注意しましょう。

 

【短頭種(つぶれた鼻が特徴の猫種)】

鼻腔が狭いと、熱の発散がしづらいため。

ペルシャ、ヒマラヤン、
エキゾチックショートヘア等の
ペチャ顔で鼻の穴が小さい猫種は、熱中症になりやすい。

 

【肥満猫や体が大きい猫種】

体が大きい猫の方が熱を蓄積しやすいため。

猫の中でも大型種のメインクーンや
ノルウェージャンなど。

その他の猫種でも肥満猫には注意が必要です。

 

【長毛種の猫】

毛が長いと体に熱がこもりやすいため。

長毛種の猫の場合、夏場は毛を
短く刈る(サマーカット)など、状況に
応じて対策を行うことも熱中症のリスク
の軽減になります。

 

【高齢猫、幼猫、病猫など】

体温調節能力が弱いため熱中症になりやすい

子猫や幼猫などは、体の機能がまだ
完全ではないため、体温調節がうまく
できません。

また、高齢猫や何らかの病気がある
猫も同様に、体温調節機能が落ちてきて
いるため、熱中症のリスクが高くなります。

猫の湿度と温度管理!梅雨~夏にかけてトド化/わが家の女王猫

 

猫の熱中症は、対策をすれば防ぐこと
ができる
疾患です。

 

日頃から、愛猫さんの生活環境に
気を配り、夏場は出かける前に
必ず猫さんの居場所を
チェックしてくださいね。

 

また、熱中症のリスクが高い猫さん
の場合には、室内環境や室温などを
十分に注意してあげてください。

 

さらに積極的にお水を飲ませる工夫など
も大事になります。
お水が飲める場所を増やしたり、循環式の
給水器(好む猫が多い)を用意するなど
水分をたっぷり取ってもらうようにする
ことが熱中症の予防対策にもなります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です