猫の巨大食道症(食道拡張症)の原因や症状と治療法について

猫の巨大食道症って?

 

猫は通常、食べたものを胃に
送り込むために食道でぜん動運動
を起こして胃まで運びます。

 

この食道の部分がだらん、と
伸びきって食べ物を
胃にうまく
運べなくなってしまい、そこに
食べ物
や液体がたまってしまう
病気
のことを
「巨大食道症」といいます。

スポンサーリンク


二足歩行の人間の食道は垂直方向
ですが、四足歩行の猫の場合、
口から胃を結ぶ食道は水平方向に
なっています。

 

そのため、もし食道に力が
入らなくなって伸びきってしまう
と、食べたものは胃まで運ばれず
に途中で滞ってしまうのです。

 

こちらでは、猫の巨大食道症の
原因や症状、治療などについて
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<巨大食道症の症状について>

 

猫の巨大食道症では、食べたものや
体液が食道の拡張した部分にたまる
ため
ふとした拍子に吐きだしてしまいます。

 

この状態は、吐出(としゅつ)
呼ばれ、普通の嘔吐のように、ゲボッゲボッと
お腹を苦しそうに波立たせたあとで吐き出す
のではなく、突如噴き出すように吐き出します。

 

また食べ物が胃に到達していない
ため、未消化の状態で吐きだされます。
(ドライフードなどは、その形が残ったまま)

 

症状が進行するにつれて、一般的な
嘔吐の症状もみられるようになります。

 

この状態が続くと、食べ物を
十分に摂取できなくなってしまう
ため、子猫では発育不良に陥ります。

 

成猫では次第に体重が落ち、
衰弱
していきます。

 

また吐き戻したり嘔吐した時に、
食べ物や体液が鼻の中や気管に
入ってしまうと鼻炎誤嚥性肺炎
を起こすこともあります。

 

とくに誤嚥性肺炎は急死の原因
ともなるため注意が必要です。

 

*誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

食べ物や唾液などが、気管に
入ってしまうことを誤嚥(ごえん)
といい、誤嚥が原因で起こる肺炎
を誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)といいます。

スポンサー リンク


原因は?

 

原因は先天性後天性があり、
先天性の場合、多くは食道の神経
や筋肉などに異常
があるようです
が、詳しい原因はまだ分かっていません。

 

後天性の場合は、ホルモンの異常
怪我や病気などによる筋肉や神経
の異常
重症筋無力症腫瘍などが考えられます。

 

また、原因が全くわからない
状態で突然発症することもあります。

 

診断レントゲン、バリウム造影
などで食道の広がりを調べます。

 

<治療法や家での管理について>

 

巨大食道症に有効な治療は
今のところありませんが、
原因によっては、外科手術を
行うことで症状が改善することもあります。

 

また、他の疾患などが原因で
巨大食道症になっている場合は
元となっている疾患の治療も同時に行います。

 

巨大食道症になった場合、
症状の程度にもよりますが、
食事の仕方が重要になってきます。

 

後ろ足より前足が高くなるよう
に食道が垂直になる
状態で食べ
させる
などの工夫をすることで、
ある程度の食事ができるようになります。

 

また、なるべくスムーズに食道
を通過するような
高カロリーの
流動食を少量ずつ与える
ようにする
ことも大事ですね。

 

獣医師に指導してもらいましょう。

猫の胃拡張・胃捻転の原因や症状と治療法について

 

<まとめ>

 

巨大食道症は、
時間が経つにつれて悪化して
しまう病気です。

 

食道に食べ物が溜まるように
なるとそれだけで食道炎をおこし
ますます動きが悪くなってしまいます。

 

栄養状態もどんどん悪くなり、
痩せていきます。

 

ネコさんが、

・食べたあとすぐに吐いてしまう
・よだれが出るようになった
・咳をする
・呼吸が苦しそう

など見られたら要注意です!

なるべく早く病院で診察を受けてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です