猫の花粉症が急増中!くしゃみや目やにの治療と予防対策は?

猫にも花粉症?

猫も人と同じように花粉症になります!

 

また、近年は花粉症などアレルギー
を発症する猫が増えてきていると
されています。

 

人もさまざまなアレルギー体質が
多くなっていますが、人の身近で
暮らす犬や猫も同様の病気が増えて
きているようですね。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の花粉症について
症状や治療、予防法などをまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫の花粉症の症状について>

 

猫の花粉症も人間と同じように
くしゃみ鼻水目やに、目のかゆみ
どの症状が出る場合こともありますが、
犬や猫ではほとんどの場合、皮膚の赤みや
痒み、脱毛など皮膚炎の症状が出ることが多いです。

 

また、まれに下痢などの
消化器症状
を起こす場合もあります。

 

目や鼻に症状が出ている場合、
一見、ネコ風邪と言われる
ウイルス疾患(カリシウイルス
鼻気管炎)のようにも見えますが、
発熱が無く、元気・食欲があれば
感染症の可能性は低いので花粉症などの
アレルギーを疑う
事になります。

 

また、花粉症以外のアレルギー
(食物アレルギーやハウスダダストなど)
でも同様に皮膚に症状が出ることが
多いため、鑑別は難しいことも多いですが、
特に花粉の季節だけに症状が出る場合
には花粉症の可能性が高いと言えます。

 

<検査と診断について>

 

猫のアレルギー検査は、検査センター
にもよりますが、いくつかの項目の
検査が可能になっていて、樹木や
植物のアレルギー検査ができます。

 

樹木:
ニホンスギ
シラカンバ
ハンノキ

植物:
ヨモギ
オオブタクサ
アキノキリンソウ
タンポポ
フランスギク
カモガヤ
ハルガヤ
オオアワガエリ
ホソムギ
ギョウギシバ

など。

 

アレルギー検査は外注検査となり、
血液を少し採取、検査結果が出る
までに1週間程度かかりますが、
確定診断のためには、検査が必要になります。

 

また、アレルギー体質の猫の場合、
アレルゲンは複数あることも多いため、
一通りのアレルゲン検査(複数の項目)は
受けておくことが推奨されます。

 

ただし、花粉症と同じような症状でも、
他の重大な病気の可能性もあるので、
まずは、同様の症状で疑わしい病気を
除外するために、動物病院で行える
一般的な血液検査や皮膚検査などが最初に
必要になることが多いです。

スポンサー リンク


<治療について>

 

猫の花粉症は、アレルギーが原因と
なって症状が出現するため、その
アレルゲン(花粉)を除外することが
一番の治療となります。

 

ただ、人でもそうですが完全に花粉
をシャットアウトするのは難しいですよね。

 

ですから、極力花粉を除外しつつ、
症状がひどい時には薬剤で抑えるという
対症療法行うのが一般的です。

 

猫の場合は主にステロイド剤の薬を
使うことで、皮膚の痒みや鼻水、鼻づまり
や発疹という症状を軽減させます。

 

基本的には、飲み薬や注射などでの
治療となります。
症状がひどい場合には、抗生物質で
二次感染の予防などが必要になります。

 

また、アレルギーの原因となる
花粉(植物)が特定できれば、徐々に体を
その物質(アレルゲン)に慣らしていく
減感作療法という方法もあります。

 

ただ、減感作療法は、
長期間かかることと費用も労力
もかかることから、猫の場合は
あまり現実的ではないとされている
ため、行われることは少ないです。

猫の鼻水やくしゃみが止まらない!薬や治療と原因や対処法は?

 

その他、今は体質改善によって
さまざまなアレルギーを克服しようと
いう治療法も人では盛んになって
きていますが、犬や猫などのペット
でも有効性が期待できるため、試してみる
価値はあります。

猫の花粉症にサプリメントの効果は?免疫力は腸内環境がカギ?

原因が季節性の花粉だけであれば
その時期だけ、薬剤投与などの対策を
行えばいいのでそこまで大変ではない
と思いますが、季節関係ないアレルゲン
も原因になっている場合には、体質改善
を考えてみるのもいいと思います。

スポンサー リンク


<花粉症の予防と対策について>

 

花粉症対策は、外に出る猫さんの
場合には何をしても難しい(無理)ですね。
(その場合はまさに体質改善しかないと言えます。)

 

ただ、室内飼育の猫さんであれば
いろいろと対策はあります。

 

基本は人間の花粉症対策と同じです!

 

つまり、飼い主さんも愛猫さんも一緒
に対策ができるということです。

 

まず、絶対に欠かせない一番有効
なのが

空気清浄機!

24時間365日運転が理想です。

 

今の空気清浄機は進化して
スゴイですよね。

花粉を分解できるものもありますからね~

できればそれがいいですよね~
(少しお高いですが・・2万~5万くらい)

 

また、空気清浄機を置く場所も大事!

人や猫が集まるリビングの
エアコンの反対側
の対角線上に置く
と、エアコンの気流でいい感じ
に働いてくれますよ。

 

また、清浄スピードを上げるには、
部屋の広さの3~4倍の適用面積の
ものを選ぶのがベスト
です!

 

次に大事なのが

お掃除!

こまめにやっちゃってください。
愛猫さんのためです^^

 

そして・・

窓を開けない!

 

つまり家の中に花粉を入れない!
ってこと
ですが・・
これは季節によっては厳しいですかね。

 

せめて、花粉の季節だけでも。。
あともちろん外から帰ってきた
人は玄関入るまえに服はたいて
コロコロをして花粉落として
くださいね!
花粉は部屋に持ち込まない!

 

このような予防対策が徹底できれば
お薬も飲まなくても乗り切れるかもです!

 

花粉症の症状を止めるお薬は
基本的にステロイドなのでなるべく
投与量を少なくするにこしたことは
ありません。
(適切な投与量を守っていれば副作用の
心配はありませんが)

 

ただ、できることなら薬剤は最低限に
して対策を行なっていくことが望ましいですから。

 

家族みんなで愛猫を花粉から守りましょう!!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です