猫の病気

猫の胃拡張・胃捻転の原因や症状と治療法について

 

胃拡張・胃捻転とは?

 

胃がガスや食べ物で拡張
(膨れあがった)し、捻転(ねじれ)
を起こした状態です。

 

放置していると胃の内部で発生
したガスによって
胃はさらに拡張し
門脈や大動脈が圧迫され、
心臓や
胃に血液が行き渡らなくなり、全身
悪影響を及ぼし、数時間で死に至ります。

スポンサーリンク


胃捻転は犬に多い病気で、
猫に発症するのはですが、
発見したらすぐに治療を行わないと
非常に危険です。

 

緊急手術が適用される病気です。

 

症状や原因は?

 

症状としては、猫は吐きたくても
吐けず、
大量のよだれを垂らします。

 

また、胃の中のガスによって
次第にお腹が膨れそれに伴って
元気がなくなり、呼吸が荒くなります。

 

胃拡張・胃捻転の原因は特定
されていません
食べ過ぎや
早食い
食後すぐの運動などが
原因の一つと考えられています。

 

また、隔膜ヘルニアや胃腸炎が
原因
となることもあり、お腹の
手術後に胃の位置がずれること

胃捻転の原因となる場合があります。

 

診断レントゲン検査にて、
胃の状態を見ればすぐに分かります。

 

治療法は?

治療としては、まず胃にチューブ
を入れたり注射針で穴を開ける
などして、胃の中のガスを出します。

 

同時に血管の確保点滴による
ショック症状の
改善によって猫の
状態を安定化します。

 

その後は開腹手術によって
ねじれた胃の整復を行います。

 

また、胃捻転は高い確率で再発する
ので胃の固定を行うことが多いです。
(胃を腹壁に縫い付け固定する)

スポンサー リンク


予防法はあるの?

 

胃拡張・胃捻転は、詳しい原因
が特定できない上に急激に症状
が現れるため、予防は難しい
言わざるを得ません。

 

しかし、食事に注意してあげる
ことで、リスクを
減らせることもあります。

 

ガツガツとごはんをたくさん
食べるネコさんなどは、食事の回数
を増やして
一回の量を少なく
したり、食後すぐに運動したり
しない
ように気を配ってあげるなど。

 

それでももし、万が一

・よだれを垂らす
・吐きそうな素振りがある
・息が荒い
・お腹が膨れてくる

などの異変がみられたら
早急に病院へ行ってください!

 

夜間などでも救急病院に行ってください!

朝まで待っていては手遅れになります!

 

ネコさんの発症は稀ですが、
非常に怖い病気です。
食事に注意しましょう。

 

また、長くネコ(犬も)の食事は
一日2回(朝晩)とされてきまし
たが、今は、食事の回数は多ければ
多いほどいいとも言われます。
(見解はさまざまですが)

 

肥満や糖尿病の予防にもなると
され推奨されています。
(一日の給餌量はもちろん守って)

 

もし、可能であれば、食事回数
を増やしてあげてください。
(4~5回が理想)

 

ネコさんの体にとっては
いいことづくめです。

猫の食事回数は2回じゃ足りない?肥満や病気を防ぐ与え方!

 

あっ でもいつでも食べれる
ように常にごはんを置いておく
のは良くないですよ! 

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 猫が水をよく飲む・飲みすぎると注意!原因や病気の可能性は?
  2. 白猫のオッドアイは耳に障害(難聴)がある?その原因や確率は?
  3. 猫の白内障の原因や症状と検査について!治療法や手術の費用も!
  4. 猫の知覚過敏症とは?原因や症状と治療法や対処法について!
  5. 猫エイズの急性期~無症状キャリア~発症までの期間や余命は?
  6. 猫の腎不全用の療法食の種類や価格と食べない時の対策など!
  7. 猫の糖尿病!インスリン離脱,寛解が望める食事療法や治療とは?
  8. 猫が慢性腎不全から回復することはある?治療や経過について!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

わが家の女王猫たち

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫専門病院

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP