猫の中毒は腎不全になる可能性も!危険な症状と原因や治療法は?

猫の中毒とは、
何らかの薬物や化学物質、食べ物
などを食べたり、舐めたり、
吸い込んだりすることにより
、体の
どこかに機能障害を生じた状態
のこと
を言います。

 

人間は大丈夫でも猫は身体が小さい
ので、少量の物でも中毒を起こす
可能性があります。

スポンサーリンク


また、人とは生理機能が異なるため、
人が平気な
もので様々な中毒を起こす
こともあります。

 

こちらでは、猫の中毒について
原因で多いもの、症状や治療法など
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<症状や危険な状態について>

 

誤飲したものの種類や量、
ネコさんの体格や
体質によって、
症状や発症するまでの時間や
重症度
は異なります。

 

一般的に

・嘔吐や下痢

・よだれ

・オシッコの色がおかしい

・歩き方がおかしい

・貧血や痙攣(けいれん)

などが挙げられますが、
原因物質によって症状はさまざまです。

猫が中毒になる食べ物と植物や花(菊やユリ)の種類や症状は?

 

また、中毒の原因によっては、
腎不全肝不全になってしまうこともあります。

 

特に害虫駆除などに使われる
化学物質は要注意
です。

 

強力な殺虫剤に含まれる
有機リン系の薬剤
は皮膚からでも
吸収され、中毒症状を起こした場合
には流涎失禁震え痙攣を起こ
し、早急に手当てをしないと命に
関わる
ことになります。

 

また、ネズミ駆除剤のクマリン系
の薬剤
では止血異常をきたし、
内蔵やあらゆる器官から出血を
起こし、貧血を起こす
ことがあります。

 

その他、観葉植物による中毒や
腐った食べ物での食中毒により、
嘔吐下痢などをすることもあります。

 

また、人間の食べもののうち、
特にネギ類は、赤血球が壊れやすく
なり、溶血性貧血を起こす
ことがあります。

 

この場合、溶血が起こり、
オシッコの色が赤っぽい褐色や黒色
になったりします。

スポンサー リンク


<原因について>

 

人間が飲む薬やサプリメント
誤って食べてしまったり、
薬品類や観葉植物などの誤飲・
誤食など様々なことが原因となります。

 

また、キャットフードに生えた
カビ
の摂取でも中毒になります。

 

猫に中毒を引き起こす植物には、
ネギ類の他、スズラン(ユリ科)や
アジサイ、朝顔、アイリス、

ジャガイモの芽などもあります。

 

猫は注意深いため、むやみに口に
することは少ないですが、
グルーミング(体を舐める)の習性
があるため、体に中毒物質が付着
してしまうと、それを舐めて中毒
を起こすことがあります。

 

特に遊び盛りの子猫は興味本位
でなんでも
口にしてしまうことも
あるので注意が必要
です。

猫の誤飲について!プラスチックやアルミホイル,おもちゃなど!

 

<治療について>

 

中毒の治療は、その中毒症状に
よりますが、原因を特定して、
ほとんどの場合、内科的治療になります。

 

体内から、中毒物質を排泄させる
ため、吐かせたり、活性炭の投与や
胃洗浄
をします。

 

また、点滴や皮下輸液などが必要になる
ことが多いです。
状態によりますが、入院治療になる
ことも多いです。

 

同時に嘔吐や下痢、痙攣など、
症状に合わせた治療も行っていきます。

猫が吐く!原因や病気の可能性は?変なもの食べたのかしら?

 

<予防や気をつけるべきこと>

 

普段から中毒になるような
危ない薬品や植物、食べ物などは、
猫が接することのないよう保管に
注意
することです。

 

また、外に出るネコさんは、
外で何かに触れたり食べたりして
しまう可能性があります。

 

できれば室内飼育を徹底して
毒性のものに接触することを防ぐ
ようにすることが大事です。

 

とにかく、異変を感じたらすぐ
病院へ
行ってください!

 

なにかを食べている(舐めている)
のを
発見した場合はそのモノも
一緒に持って行って
くださいね。
薬品などはパッケージでもいいです。

 

また、家庭用洗剤(洗濯用洗剤、
シャンプー、クリーナー、石鹸)
などを誤って飲んだりした場合は
応急処置として牛乳を飲ませて
動物病院へ。
(猫は牛乳で下痢をするため、
中毒物質が早く排泄される)

 

中毒物質が早く特定できれば、
そのぶん治療も迅速に行えるため、
早期回復が望めます。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です