猫の伝染性腹膜炎(FIP)の原因や症状は?治療や費用について!

猫の伝染性腹膜炎とは?

 

FIV(猫エイズ)Felv(猫白血病)共に
猫の難治性3大疾病
の一つがFIPとも
呼ばれる猫伝染性腹膜炎です。

 

血管や他臓器にさまざまな炎症
を引き起こし、死に至る怖い病気です。

有効な治療法はなく、不治の病と言われます。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の伝染性腹膜炎(FIP)
の原因や症状、治療についてなどを
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<原因について>

 

FIPの原因は、猫腸コロナウイルス(FECV)です。

 

コロナウイルス自体は珍しいものでは
なく、世界中に分布しており、多くの猫
が感染していても、たいした症状も出ず
怖い病気ではありません。

 

猫腸コロナウイルス(FECV)も、
腸細胞内のみで増殖し、下痢などを
引き起こす原因となりますが、病原性
は弱いです。

 

このFECV猫の体内で変異すると
病原性の高い猫伝染性腹膜炎ウイルス
(FIPV)
となります。

 

一度変異したウイルスは、
元に戻ることはありません。

 

FECVから変異したFIPVは、
マクロファージ(白血球の一種)内で増殖し、
全身の組織へ分布し、最終的にFIP
(猫伝染性腹膜炎)を発症します。

 

FECVからFIPVに変異する原因や
メカニズムは明らかになっていませんが、
猫が免疫不全(生体の防御が行えない状態)
に陥ると発症率が高くなる傾向があります。

 

そのため、他の感染症にかかっている猫
抵抗力の弱い猫
ほど感染した場合に発症
しやすい
傾向にあります。

 

特に子猫や幼猫、2歳以下の若い猫
での発症が多く、また多頭飼育下に
おける猫での発症率が高いとされています。
(多頭飼育ほど猫にかかるストレスは
大きく、それが免疫力低下につながる
ためと考えられます)

 

感染経路は猫同士の接触や、感染猫
排泄物、食器やグルーミング、
またケンカによる咬傷などと
言われますが、まだまだ不明なことも多いです。

 

FIPウイルスが、猫以外の
他の動物や
人間に感染することはありません。

 

<症状について>

 

FIPは、

*ウエットタイプ(滲出型)
*ドライタイプ(非滲出型)

という2つの型に分けられますが、
多くの猫に見られるのはウエットタイプです。

 

ウェットタイプの特徴としては、
急性の経過を辿り、腹膜炎や胸膜炎
起こし腹水や胸水
が溜まってきます。

 

その他、

・慢性の下痢や嘔吐
・腎不全(脱水、多飲多尿)
・肝不全(嘔吐、神経症状)
・呼吸器症状

など様々な症状がでます。

 

ドライタイプでは、長期的な経過
辿り、肉芽腫の形成や、ぶどう膜炎など
目の症状が出ることが多いです。

 

その他、
・中枢神経系(脳・脊髄)の炎症
・神経症状(麻痺やけいれん、行動異常など)

が現れたりします。

スポンサー リンク


<検査や診断について>

 

FIPの診断は、血液検査(抗体検査)
数値で判断します。

 

見た目で腹水や黄疸など疑わしい症状
あれば、血液検査でFIP抗体を測定
します。

高い数値が出ていれば確定です。

 

また、症状が出ていない場合は、
検査で数値が低ければ陰性となりますが・・

 

コロナウィルスに感染している猫は
FIP抗体の値が
ある程度高く出るため、
ウィルスを持っているだけ
でFIPVに変異
していないかもしれず、これからFIPを
発症してくるところかも?
という疑いがあります。

 

このようなときは
3ヶ月ほどおいて再検査をして
前回よりも数値が高くなっていれば
FIPと診断されます。

 

<治療法について>

 

残念ながら、FIP(猫伝染性腹膜炎)を
完治させるための有効な治療は
ありません。

 

そのため、症状を和らげる対処療法
となりますが、あまり効果的な治療法
はないのが現状です。

 

・ステロイド剤などの免疫抑制薬
・抗生物質(抗菌剤)

・抗ウイルス剤(インターフェロン)

などを併用していきます。

 

また、症状に応じて、腹水や胸水が
あれば利尿剤や抜く処置をするなど、
なるべく辛くないようにさまざまな
対処療法が検討されます。

 

ステロイドで血管炎を抑えると
一時的に症状が落ち着くこともあり、
短期間は症状の改善がみられることも
ありますが、必ず再発します。

 

<治療費について>

 

猫の伝染性腹膜炎については
治療費は予想できかねますが・・

 

最低限必要な費用を書いておきます。

 

FIPの抗体検査と血液検査
10.000円前後

抗生物質やステロイドの注射
1,500円前後

インターフェロンの注射
2.000円~3.000円

 

その他、症状によってさまざま
な検査やお薬が使われると思います。

治療期間もいろいろです。

 

また、完治できる病気ではないため、
積極的な治療を望まれない飼い主さん
もいらっしゃいます。

 

その場合、安楽死も視野に入る
病気の一つです。

 

<まとめ>

 

FIPの病態の予後は悪く、効果的な
治療法もない病気ですが、なるべく
猫さんが苦しむことのないような
対処療法だけは受けてほしいと思います。

 

また、多頭飼育の場合には、
免疫力低下を招くストレスが多いため、
他の猫さんたちも注意して観察して
あげるようにしてください。

 

飼育環境においても、なるべく
一頭一頭のストレスを最小限に
抑えられるような環境作りを心がけて
あげるといいですね。
(特に仲の良くない猫がいる場合など)

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です