猫の急性腎炎(糸球体腎炎)の原因と症状、治療法とは?

猫で最も多い腎臓病は、慢性腎不全
ですが、その他にも腎臓の病気は
色々とあり、炎症によって起こる
腎臓の病気(腎炎)の代表的なのが
糸球体腎炎です。

 

糸球体腎炎は、治らない病気とされる
慢性腎不全とは異なりますが、完治は
難しい病気の一つです。
(原因にもよります)

スポンサーリンク


糸球体腎炎は、急性腎炎とも言われ、
急性腎不全の原因にもなりますが
急性腎不全とはまた異なる病気です。

 

こちらでは、猫の急性腎炎(糸球体腎炎)
の原因や症状、治療についてなどを
まとめてみましたので参考にしてください。

猫の急性腎不全の原因や症状、治療や入院などの費用は?

 

<猫の糸球体腎炎と原因について>

 

腎臓の糸球体(しきゅうたい)に、
炎症が起きている状態
糸球体腎炎と言います

糸球体:腎臓の中の腎小体(球状の小体)
に包まれた細い動脈の塊
細い毛細血管が毛糸の球のように
丸まってできているため糸球体と
呼ばれています。

 

また、ネフローゼ症候群とも呼ばれます。

ネフローゼ症候群:
タンパク尿やアルブミン血症、
高コレステロール血症、浮腫や腹水
などの症状が見られる腎臓疾患の
総称です。

 

腎臓の重要な機能の一つが体内(血液中)
の老廃物や塩分をろ過してオシッコと
して体外に排泄することですが、この
働きを担っているのが糸球体です。

 

心臓から腎臓に流れ込んできた血液は
糸球体を通るときに、赤血球や蛋白以外
はこし出され、ボーマン嚢から尿細管に入ります。

 

そこで必要なものを再度取り込み、
不要なものは、尿として排泄されます。


出典:https://jinentai.com/

猫の糸球体腎炎の原因は、

*免疫反応の異常
(自己免疫疾患)

*ウイルス感染
(猫エイズ、猫白血病、猫伝染性腹膜炎
などのウイルス)

*細菌感染
(溶血連鎖球菌など)

*その他
(他の病気や泌尿器疾患など)

などが挙げられます。

 

ウイルスや細菌感染に対する免疫反応、
または、自己に対する免疫反応(自己免疫
が自分の腎臓を攻撃
)によって特殊な
タンパクが糸球体に結合して
炎症
起こすことで発症することが多いです。

 

その他、高窒素血症尿毒症など
と併発して発症することもあります。

 

体の蛋白が尿の中に失われてしまうため、
尿検査で、アルブミン濃度(タンパク尿)
血液検査で腎臓の数値を見ることで
診断されます。

 

猫は泌尿器系の病気や、
腎臓の疾患が多いので定期的に
尿検査
などをしていると、初期
発見できることもあります。

スポンサー リンク


<糸球体腎炎の症状について>

 

目立った初期症状はほとんどないため
早期発見が難しいです。

 

進行していくと、

*元気消失
*食欲不振、
*むくみ(浮腫)

*脱水
*尿量減少
*血尿・蛋白尿(見た目では分からないことも)

などが見られます。

 

さらに進行すると、
*多飲多尿
*嘔吐や下痢
*軽度の貧血
*高血圧
*体重減少
*腹水貯留

など慢性腎不全の症状
起こってくるようになります。

 

また、蛋白尿が続くと、
ネフローゼ症候群を引き起こします。
(尿中に蛋白質が多量に出てしまい、
血液中の蛋白質が減ってしまうこと
による)

 

<治療について>

 

糸球体腎炎の治療としては、
糸球体腎炎を引き起こしている元の
疾患
がある場合、その疾患の治療
をします。

 

元の疾患でも猫エイズ、猫白血病、
猫伝染性腹膜炎
などのウイルス感染
の場合、完治できる治療法がないので
対処療法となります。
(抗ウイルス剤、抗炎症剤、抗生物質など)

 

症状に応じて、血栓化を防ぐため
の薬を投与したり、血管拡張剤などが
必要になる場合もあります。

 

その他、状態に応じて、

*免疫抑制療法(免疫抑制薬の投与)

*食事療法(腎臓用の療法食)

*腎不全の治療(腎臓の機能補助)

 

原因疾患が分かっていて
治療可能な病気の場合は、
症状は改善することもあります。

 

ただ、多くの場合、自己免疫によるもの
なので、基礎疾患は特定できないことが
多く、また特定できても完治が望めない
場合が多い
のが現状です。

 

最終的には、腎臓の機能が低下して
腎不全となるため、治療も基本的には
慢性腎不全の治療とほぼ同じ対症療法
になります。

猫の慢性腎不全!初期に分かりやすい症状や治療法は?

<まとめ>

 

猫の糸球体腎炎は、

*若い年齢のオス猫

*ウイルス疾患に感染(白血病やエイズなど)

*重度の口内炎

*糖尿病

*心臓疾患

*免疫疾患

*アレルギー体質

などの猫が発症しやすいとされています。

 

予防できることとしては、
この病気の原因になる可能性がある

猫エイズ、猫白血病ウイルスに感染
ないよう、年1回のワクチン接種
(ワクチンがあるのは白血病のみ)や
感染を避ける(外出させない)などとなります。

 

また、早期発見できるように定期的な
健康診断などを受けて、健康管理に
気を配っていくことが大事になります。

 

尿検査は、費用もあまりかからず
自宅でオシッコを採取して行けば
猫さんにも負担をかけないため、
定期的に受けておくといいと思います。
特に上記に挙げたような糸球体腎炎の
リスクが高い猫さんの場合には。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です