猫の膀胱炎の原因や症状と治療法や費用について!

猫がトイレに何度も行く・・
膀胱炎かも?

 

猫は泌尿器疾患が非常に多く、
猫の病気の中で罹患率が最も高くなって
います。
中〜高齢になると腎臓疾患が増えて
きますが、膀胱炎は若い猫でも多く
見られます。

スポンサーリンク


猫はその生態から水をあまり
飲まなくても生きていける体を
しており、飲水量が少ないため、
濃縮された濃いオシッコをします。

 

そのため、膀胱内が常に細菌繁殖しやすい
状態
にあるため、膀胱炎など尿路感染症
が多くなるのです。

 

こちらでは、猫の膀胱炎の原因や
症状、治療などについてまとめて
みましたので参考にしてください。

 

<猫の膀胱炎の原因について>

 

一般的に膀胱炎は、細菌(大腸菌など)
感染が原因で膀胱内で
炎症が起きる
ことで
発症します。(尿道より細菌が侵入)

猫の場合、メス猫の方がオス猫よりも
尿道が短く、細菌が膀胱に侵入しやすい
ため、膀胱炎にかかりやすいです。

 

また、猫のオシッコはもともと酸性
ですが、これがアルカリ性に傾く
細菌が繁殖しやすい状況となります。

 

猫の膀胱炎の原因は主に、

*細菌感染
(尿道より細菌が侵入)

*膀胱結石
(膀胱内に結晶や結石が形成、その刺激
によって膀胱壁が傷付き炎症を起こす)

*特発性(原因不明)
(猫特有とも言える膀胱炎で、尿検査でも
細菌や結石などが見つからないずはっきり
した原因が特定できないもの)

があります。

猫の膀胱炎(特発性膀胱炎)の原因や症状と対処法、治療費用など!

 

細菌感染の膀胱炎は主に、
体調不良やストレスなどで体の抵抗力
(免疫力)が低下した時に、感染を起こし
やすくなります。

 

結晶や結石は、猫の場合には
ストルバイト結石やシュウ酸カルシウム
などがありますが、尿がアルカリ性または
酸性に傾くことで形成され、この原因と
なるのが、食事(キャットフード)による
場合が多いです。
(栄養バランスや品質の悪いフードなど)

 

特発性膀胱炎は、主にストレスが
原因と考えられていますがストレスの
要因となるものは、猫によって異なる
(性格や飼育環境など)ため、その要因
を特定するのは難しいのが現状です。

 

<膀胱炎の症状について>

 

原因はさまざまですが、膀胱炎と
しての症状は基本的に同じです。

 

【頻尿】

炎症の刺激から頻繁に尿意を催すため
トイレに行く回数が増えますが、膀胱が
いっぱいになっているわけではないため
オシッコは少ししか出ず、それでも
残尿感があるため、何度もトイレに行きます。

 

【尿の異常】

初期では見た目では分かりにくい
こともありますが、頻尿になっている
時点で、尿の中には血液やタンパク質
などが混ざっているのが普通(尿検査
で分かる)で、色が濃くなったり濁って
いたりします。

また、匂いが強くなったり、いつもと
違う匂いがしたりなどもあります。

進行すると見た目でもわかるほど
血尿になったり、のようなものが
混ざったり、結石の場合にはサラサラ
と砂状の結晶が出ていたりします。

 

【粗相をする】

頻尿になり、トイレまで我慢できなく
なったり、膀胱の痛みによる不快感
などからトイレ以外の場所で排尿
するなどの粗相が増える場合があります。

 

【その他】

場合によっては、元気や食欲がなく
なったり、いつもと違う場所で寝て
たり、うずくまってたりなどの行動変化
がみられる場合もあります。

 

<膀胱炎の治療法について>

 

治療法は、原因によっても異なるため、
まずは膀胱炎の原因を特定するため
の尿検査をします。

 

基本的には尿検査で一通り分かります
が、場合によっては、レントゲンや
超音波などの検査が必要になることも
あります。
(特に特発性膀胱炎の場合など)

 

尿検査では、細菌や血尿、たんぱく、
結石(結晶)
などを調べます。

 

通常は、病院でオシッコを絞って
出して、検査をすることが多いのですが
膀胱炎で頻繁にトイレに行っている場合
はオシッコを膀胱に溜められない状態の
ため、オシッコが溜まってなく採尿
できないこともあります。

 

このようなときは、一度、抗生物質
で炎症を抑えある程度オシッコが
溜めれるようになってから尿検査
することになります。

 

また、自宅で採尿ができればその方
が猫さんは楽です。

猫の尿検査に必要なオシッコを家で上手に取る方法を紹介!

 

細菌性の膀胱炎だった場合は、
抗生物質で治療します。
注射や飲み薬があります。

 

一週間ほど薬を飲んで、
再検査、状態が良くなっていれば、
念の為、もう1週間程度お薬を続けて
その後は様子見となりますが治りにくい
場合は長引くこともあります。

 

また、お薬を飲んで症状が落ち着いて
きたからと言って勝手にお薬をやめない
ように
してください。

 

通常、お薬を飲んで2~3日で
頻尿症状は
落ち着くことが多いですが、
この段階ではまだオシッコの状態は
正常には戻っていない
ことがほとんどです。

 

ここでお薬をやめてしまうと、
再発しやすくなりますし、次の
ときにお薬の効き目が悪くなることもあります。

 

特に、膀胱炎になりやすい猫さんの
場合には、再発を繰り返すことも
多いです。

 

ですから、きっちりと処方された
お薬を飲んで
再度、尿検査
をして
獣医師の指示に従ってくださいね。

 

膀胱炎の原因が尿結石によるもので
あった場合はそちらの治療も必要になります。

 

猫の尿結石のほとんどは
*ストルバイト結石
*シュウ酸カルシウム

です。

 

抗生物質の投与とともに、結石専用
(尿phを正常に戻し結石を溶かす)

療法食(キャットフード)
を与えることになります。

猫の尿路結石の治療,ケアにおすすめのキャットフードまとめ!

 

特発性膀胱炎が疑われる場合には、
飼育環境の見直しなど猫さんが感じている
と思われるストレスを回避するための
対策を行うようになります。

 

特発性膀胱炎は、放置していても
自然に治癒することも多いですが、
原因を突き止められずそのままにして
いると何度も再発を繰り返します。

 

そして膀胱炎を繰り返すことで
尿道が狭くなったり詰まりやすく
なったりするため、オシッコが出にくく
なってきます。
最悪の場合、閉塞してしまうこともあります。

スポンサー リンク


<膀胱炎の治療費用について>

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

・処置(圧迫排尿)
500円~1.500円

・尿検査
1.500円~3.000円

・抗生物質
内服薬(一週間分目安)
1.000円~2.000円

注射(一回分1本あたり)
1,000円~2.000円

 

抗生物質は、飲み薬注射があります。

最初だけ注射して、後は自宅
で飲み薬を継続。
また最初から飲み薬だけの場合も。

 

尿結石が見つかった場合の治療や
費用はこちら↓

猫の尿石症・尿毒症の原因や症状と治療や費用、予後など!

 

<まとめ>

 

猫は、その起源生態から
泌尿器の病気は宿命とも言われています。
そして、膀胱炎は繰り返しなることが
非常に多いです。

 

しかし食事管理トイレの衛生管理
で予防することは十分可能な病気です。

 

特に食事管理はとても重要です。
品質の悪いキャットフードが膀胱炎の
原因
になっていることもとても多いです。

キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?

 

ネコさんの健康管理のためにも、
キャットフードに気をつけて、
トイレも常に清潔に
しておいて
あげてくださいね。
特に多頭飼育の場合のトイレ環境には
注意してあげましょう。

 

トイレの数は、猫の頭数プラス1が理想です。

また、猫同士、相性が良くない子たち
がいる場合は、トイレも落ち着いて
できるような場所に設置してあげる
ことも大事です。

 

その他、なるべくストレスを与えない
生活環境に気を配ってあげてくださいね。

 

そして、少しでも排尿の状態に異変を
感じたら早期に受診するようにしましょう。

 

特にオス猫で尿路結石が原因の場合
には、尿道閉塞を起こして命に関わる
こともありますし、慢性腎不全の原因
になることもあります。

 

猫は、泌尿器の病気が多いということを
常に意識して、観察しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です