猫の病気

猫のてんかん発作(けいれん)の原因や症状と治療や費用は?

猫のてんかんとは?
原因は?

 

猫のてんかんとは、慢性の脳の
病気で
発症率は1%未満とわり
と少ないです。

 

脳内の神経回路がショートして、
突然発作が
起きる病気です。

 

原因としては、若齢の猫で発症
する場合は
ウイルス疾患による
髄膜炎,猫虚血性脳症
によるものが多いです。

スポンサーリンク


7歳以上の高齢で発症する猫の
場合は、
腫瘍や真性多血症などに
よるものが
多いとされます。

 

まったくの原因不明なことも
多く、原因を
特定するのは難しいです。

 

また、てんかんを診断する検査
というもの
がありません。

 

ですから、まずは飼い主さんから
の猫の
発作の状況を詳しく聞く。

 

そして他に同じような発作を
引き起こす病気の可能性がないかを
検査して、そのどれにも当てはまら
なければてんかん発作の可能性が
濃厚となります。

 

たとえば、てんかんのような症状を
起こすものには、低血糖や尿毒症、
肝性脳症や心疾患に
よる失神など
があります。

また中毒も疑われることがあります。

 

これらは血液検査やレントゲン
などである程度は分かります。

 

ただし、脳内というのはCT
MRIの検査になりますがまだまだ
個人の動物病院で行える検査
ではなく一般的ではありません。

 

ですから、ほとんどの病院は
できる範囲の検査で他の病気の有無
を確認して当てはまらなければ

てんかんと診断して治療をはじめることが
多いですね。

 

てんかん発作の症状は?

 

症状はまさに発作ですが、部分的
なものか全身的なものかの2種類
に分けられます。

 

意識が残っていて体が動かない
だけか、もしくは体の部分的な
けいれん
の場合は脳の一部ショート
が起こっていると考えられます。

 

意識の確認のために声をかけて
反応をみてください。

 

全身のけいれんの場合は意識はありません。

 

突然パタンと倒れ、体をのけぞらす
ように
突っ張ります。

 

それから手足を激しくけいれん
させる状態が
しばらく続くときや、
ゆっくり手足を突っ張る
状態の
繰り返しのようなものもあります。

 

この時に奇声を出すこともあります
が、
苦しくて声が出ているわけではありません。

 

そしてこの全身のけいれん自体は
長くても2~3分でおさまります。

 

その後、何事もなかったかのように
なる場合
もあれば、1時間以上ふら
ふらしている場合、
また長い場合
には数日にわたりボーっと
なることもあります。

 

発作の状況を詳しくメモ
するのが大事

 

基本的に発作を起こしたときを
確認できるのは飼い主さんだけです。

 

たまたま動物病院に受診された
ときに発作が起きれば獣医師も
確認できますが、そんなことは
まずないですから。

 

発作の状況はてんかんの診断に
重要な材料と
なります。

 

ですから発作がおきた時の状況を
なるべく
細かく観察して、獣医師
に説明できるように
メモしておくといいです。

 

・発作をおこしたときの状況

・発作はどこから始まったか

・意識はあったか

・発作がおさまるまでの時間

・発作のあとはどうなったか

・発作を起こす前に普段と違った行動があったか

・完全に回復するまでの時間

 

このくらいの情報がわかるといいです。

 

最初はビックリしてそれどころ
じゃないと思いますが。

 

てんかん発作は繰り返しおこります。

 

次からはなるべく観察しましょう。

 

てんかんと診断されて、治療に
入った後も
薬の効果をみるために、
てんかん発作の
観察は非常に重要
となってきます。

スポンサーリンク


治療法は?

 

猫のてんかんの治療は
飲み薬による内科的療法

ほとんどです。

 

人間用の抗てんかん薬を使います。

 

また猫の場合はタウリン
てんかん発作を減少させる効果が
あるとされているので抗てんかん薬
と併用
して使われることが多いです。

 

通常、一日に2回、朝晩の投与と
なりますが状態によっても
頻度や量は変わります。

 

副作用やてんかん発作の状態を
観察しながら少ない投与量から
スタート
します。

 

てんかん発作は長期にわたって
薬を飲んで
いかなければいけない
ので、お薬の投与量
はとても大事になってきます。

 

発作の頻度が増えないように、
かつ最低限の
薬の用量で維持して
いけるように、状態を
見ながら
調整が必要です。

 

定期的に血液検査をしながら、
健康診断をしていくようになります。

治療費は?

 

てんかん発作の治療費は、
はじめにてんかんの診断を下すため
の検査費用
とその後はお薬と定期的
な検査
になります。

 

・初診料(診察、再診料)
500円~3.000円

・血液検査
5.000円~10.000円

・レントゲン
3.500円~7.000円

・ウイルス検査(状況による)
3.500円~10.000円

・注射
1.200円~2.000円

*場合によって最初だけ
抗てんかん薬や
炎症止めの
注射をすることも

・飲み薬(一週間分)
1.000円~2.000円

その後は、
定期的な通院(2~4週間間隔が
多い)
で診察や血液検査と飲み薬
をもらうようになります。

 

薬は長期的、場合によっては一生
飲み続ける
こともあります。

 

もし、脳内の詳しい検査を望む
なら、大学附属の動物病院や、
大規模な動物病院などでCTや
MRI検査などを受けることになります。

 

全身麻酔となりますので、
ネコさんにも負担にはなりますが。

 

その場合の費用は
10万円~30万円ほどになります。

 

猫のけいれんやひきつけなどの発作の原因や考えられる病気!

スポンサーリンク


まとめ・・

 

猫のてんかんは、抗てんかん薬
による
治療で発作を80%近く
抑えることも
可能です。


最初は少しづつ発作を減らして
いくことを
目標に長い目で見守って
いきましょう。

 

数年かかって発作が減ってくる
なんてこともあります。

 

てんかん発作は進行してからでは
薬の
効果が得られないこともあります。

 

発作の回数や状況をよく観察して
獣医師と最善の治療について相談
されてくださいね。

 

そして絶対にやってはいけない
ことが、
発作が減ってきた
(なくなった)からと
言って勝手な
判断で薬をやめることです。

 

今まで、薬で抑えていたショートが
一気に
広がってしまい、興奮したり
最悪の場合
亡くなってしまうこともあります。

 

またこうなってしまうと、それまで
の薬では抑えきれなくなってしまう
こともあります。

 

定期的な検査とおウチでのお薬と
観察が
ちゃんとできれば長生きも可能です。

 

何年間も薬を飲みながら、
元気にしているネコさんも
たくさんいますから。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の認知症(痴呆)が増えてきている!症状や原因と対処法!
  2. 猫の皮膚糸状菌症・真菌症の原因と症状、治療や費用は?
  3. 猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?
  4. 猫の肉球の切り傷や皮剥け、やけどや腫れなどの治療法は?
  5. キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?
  6. 猫の腎不全の症状!末期に見られる痙攣(けいれん)の原因は?
  7. 猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!
  8. 猫の心筋症!遺伝,先天性に多い猫種と兆候や早期発見の方法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP