猫の歯周病の原因や症状と治療費用や自宅でのケアなど!

猫はお口の中の病気がとても多いです。

 

特に代表的なのが、歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)
口内炎です。

 

口の中の病気は実際に口の中を
見てみないと分かりづらいため、
発見が遅れやすいです。

スポンサーリンク


こちらでは、猫の歯周病について、
原因や症状、治療やケアについてなどを
まとめてみましたので参考にしてください。

 

<歯周病の原因について>

 

歯周病の原因としては、
単純に言えば歯石・歯垢の中の細菌に
よって、歯グキに
炎症が起きること
です。

 

この他、ネコの代表的なウイスル
疾患であるヘルペスウイルス
カリシウイルスでも慢性の歯肉炎
を起こすことが多くあります。

 

ヘルペスカリシウイルス
いわゆるネコ風邪
を引き起こす
ウイルスです。

 

歯垢や歯石がそんなに付いて
いないのに歯グキが赤くなって
いる場合はウイルスの可能性も高いです。

 

猫のヘルペス!ウイルス性鼻気管炎の症状や治療と治療費は?

猫の鼻水やくしゃみ(猫カリシウイルス)の原因や症状は?(前編)

 

また、歯周病を悪化させる原因
に他の疾患が関連している場合
も多くあります。

 

代表的なのが、糖尿病や、腎不全など。

 

また、他のウイルスとして

・HIV(ネコエイズ)
・FELV(ネコ白血病)

が挙げられます。

 

猫の歯周病はさまざまな要因が
関わって
いることが多いのが現状です。

 

ですから、猫の歯周病で病院に
行くと口内の診察以外に、
ウイルス検査血液検査も必要に
なることが多いです。

 

<猫の歯周病の症状について>

 

猫の歯周病で、一番最初に飼い主
さんが気づくとすれば、口臭だと思います。

程度によりますが・・

 

ネコさんが近くに来て、
ニャーっと鳴いた時・・
んっ?なんか最近臭くない?
って感じが多いと思います。

 

特徴的な匂いとしては腐敗臭
ような感じです。臭いです。

 

もちろん普段からネコさんの
口の中をチェックしている飼い主
さんはその前に気付くでしょうが・・

 

あとは、普段食べているキャット
フード
(ドライフード)を食べなく
なったり
食べ方がおかしくなった
することもあります。

 

硬いものが歯グキにあたると
痛いので
カリカリを食べてる
ネコさんはとても
食べづらくなります。

 

ひどくなってくると歯グキがらの出血や
ヨダレ
も増えます

 

さらに歯槽膿漏になると、
歯がぐらついてきたり口臭もさらに
ひどく
なり、常にヨダレを垂らしている
ような状態になったりします。

 

食べたくても痛くて食べれない
といった
感じで食欲がなくなって
くる場合
も多いです。

 

食事の食べ方もおかしくなってきたり。

 

ご飯の前で悲しい(?)顔で
じ~っと
していたりとか。

 

しきりに顔を洗うしぐさを繰り
返したり、
口周りを気にして
ハニハニ(?)したり。

 

このくらいの状態になると、
ネコさんは口の周りを触られるの
を嫌がりますし、ましてや口の中
を開けて見るということは難しいかもしれません。

 

ですから早めに受診して見てもらいましょう。

歯猫の口臭とキャットフードの関連性!食事選びの重要性とは?

 

また、ウイルスなどが関係している
場合
はそちらの症状も出てくると、
目やにや鼻水などプラスされて、
顔全体がグシュグシュな感じになることも
あります。

スポンサー リンク


<猫の歯周病の治療について>

 

歯石や歯垢が原因であれば、
それを除去することが基本です。

 

また、グラついている歯などは、抜歯をします。

 

ネコ風邪のウイルスが関係していれば
そちらの治療と同時進行で行われます。

 

ただし、ネコさんの歯石除去全身麻酔
必要なりますので麻酔をかけられる体の状態か
ということが大事になってきます。

 

特に高齢のネコさんの場合などは肝臓
や腎臓の機能が
しっかりしていないと
麻酔はとても
危険になってきます。

高齢猫の全身麻酔や手術のリスクは?体に与える影響や負担は?

これは血液検査の結果で判断できます。

 

おそらく最初の検査でこれらも
全部チェックすることになると思います。

 

大丈夫であれば、歯石除去の日程を
決めて予約して改めて連れていくようになります。

 

歯石除去は全身麻酔になります
ので、
他の手術と同様に、麻酔前
の絶食や絶水
が必要となります。

 

病院にもよりますが、
歯石除去(抜歯も含む)の場合、日帰り
で半日入院のことが多いです。

 

朝連れていって、夕方お迎えと
いった感じです。

 

もちろんこれは、ネコさんの年齢や
体の状態・麻酔の覚め具合などに
より
変わってきますので、一泊入院
になる場合
もあります。

 

<歯石除去後のケアについて>

 

退院後は状況によって抗生物質の投薬
が数日必要になることが多いです。
(特に抜歯をした場合など)

 

その後の通院は歯だけの問題であった
場合は必要ないことが多いですが、
ウイルスなどが関係している場合は
その治療
のための投薬や通院が必要になる
こともあります。

 

そして、歯の残り具合にもよりますが、
その後も歯石や歯垢の予防として
自宅でのケアも大事になってきます。

 

でもネコさんの歯みがきはなかなか
難しいですよね。
小さい頃からやって慣れさせていないと
突然やろうとしてもまず無理です。

 

その場合、歯石や歯垢予防専用の
キャットフード(療法食)に変えたり、同じ
ような効果(歯磨き効果)のあるおやつタイプ
のものを与えたりと色々方法はあります。

歯磨きを嫌がる猫にはこれ!おすすめのデンタルケアおやつ!

 

また歯に垂らすだけの液体ハミガキ
もいろんなメーカーから出てますね。

 

ホームセンターやペットショップ
でも購入できます。

 

お宅でできそうなケアをいろいろ
試してみましょう。

 

また、もし全身麻酔がかけられないなど
の状況で歯石除去や抜歯が行えず、口腔
環境の改善ができない場合には歯周病
を治すことは難しく、それ以上の悪化を
抑えるための対処療法になります。

 

状況に応じて抗炎症剤の投与など。
また、前述したような自宅でできるケア
ができるようなら行っておくことで
少しでも症状の軽減ができます。

 

<猫の歯周病の治療費について>

 

診察~全身麻酔での歯石除去(抜歯)
ができた前提での治療費を書いて
いきます。

 

・初診料(再診・診察料)
500円~3.000円

・血液検査(一般・生化学)
5.000円~10.000円

・ウイルス検査(エイズ・白血病)
3.500円~8.000円

・注射(抗生物質や炎症止め)
1.200円~2.500円

*状態に応じて、レントゲン
検査など
入る場合もあります。

・歯石除去(麻酔・その他含む)
10.000円~30.000円

 

その他、歯石・歯垢予防のキャット
フード
は500gくらいで1.500円程度です。

液体ハミガキは1.000円~2.000円ほど。

 

<まとめ>

 

猫の歯周病は、分かりきったこと
ですが口腔ケアが必須です。

 

本当は、ヒトと同じように、毎日の
歯ミガキを習慣づけることができればいいのですが。

 

なかなか猫でそれを実践しておられる方
は極少数だと思われます。
(ウチもしておりません^^;だからウチは
歯磨きオヤツです)

 

できない場合は予防法をいろいろ
試してみましょう。

予防に勝る治療はなし!ですから。

 

ちなみに缶詰などウェットフードよりも
ドライフードの方が歯石は付きにくいです。

 

また、口の中に常に細菌がいる状態では
ネコさんの体にとってもいいわけがありません。

 

口腔内の炎症は、全身の臓器に飛び火して
さまざまな悪影響を与えるとされています。

 

犬でもそうですが、猫も長寿の子は、
口腔内がキレイと言われる通り、
健康長寿には口腔内の衛生環境が深く
関係しています。

 

さまざまな病気の予防、
そして長生きのためにも愛猫の

お口の健康を守ってあげましょう。

 

それができるのは
飼い主さんだけなのですから。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です