猫の白血病ウイルス感染症(Felv)の症状や治療,予防法は?

猫は、ウイルス疾患がとても多く、
カゼ様症状を起こすものから命に
関わってくるものまでさまざまあります。

 

猫カゼとも言われるカリシウイルス
やヘルペスウイルスなどはほぼ100%
の猫さんが罹患しているポピュラーな
ウイルスですが、これらは子猫や体力
の落ちた猫出ない限り、命に関わるような
重篤な症状には陥りません。

スポンサーリンク


しかし、白血病ウイルスは感染して
発症すると助からない怖い感染症です。

 

こちらでは、猫の白血病感染症
(Felv)について、原因や症状、治療法
などをまとめてみましたので参考に
してください。

 

<猫白血病ウイルス感染症とは>

 

猫白血病ウイルスは、
レトロウイルス科に属するウイルスです。

 

感染するとその20~30%の猫に
白血病リンパ腫といった血液のガン
発生します。

 

また、貧血や免疫力の低下、
腎臓病などさまざまな病気の原因になります。

 

ウイルスは感染している猫の
唾液を介して伝染
することが多く、
猫同士のケンカなどで、感染猫から
噛まれた場合などに高い確率で感染
します。

 

また、感染猫となめ合ったり、
同じ食器で飲食をすることによって
感染するこ場合もあります。

 

しかし感染しても発病せず、ウイルスが
体内から消えてしまう場合
もあります。

 

これは、年齢による免疫力(抵抗力)の
違い
によるもので、子猫や若いネコは
ウイルスが消えず、
持続感染となって
しまうことが多い
です。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

 

<症状について>

 

白血病の症状は、

*発熱

*元気消失

*食欲不振

*リンパ節腫大

*白血球減少

*血小板減少

*貧血

などが起こります。

 

その他、発症する病気により
さまざまですが、

*脳神経疾患

*血液疾患

*腫瘍(がん)

*猫伝染性腹膜炎

*口内炎

*気道感染症

*トキソプラズマ症

などの併発があります。

 

感染しているかどうかは
血液検査で簡単にわかります。

 

拾ってきた猫を飼い始める時や、
猫が外に出て
ケンカをしてきた時、
猫白血病ウイルスのワクチン

接種する時などは検査を受けましょう。

猫エイズや白血病の潜伏期間や検査時期、費用は?

 

お外に出る猫さんでケンカをしてきた場合
などは感染の可能性がありますが、
すぐに検査をしても分かりません
(潜伏期間があるため)ので、2~3週間
経ってから
の検査となります。

 

また、もし1回目の検査で陽性
だったとしても消失する可能性もある
ので、3~4ヵ月後にもう一度検査をして、
陽性であればその猫は一生陽性ということになります。

スポンサー リンク


<治療法について>

 

感染初期の場合、
インターフェロン(抗ウイルス剤)
注射することにより、持続感染になる
確率を下げる
ことができる場合もあります。

 

しかし、今現在はまだ、
決定的なウィルス排除の治療法はありません。

 

発症する病気の多くはリンパ種
白血病なのでこれには抗がん剤や
ステロイド
がある程度効果
があります。
ただし、根治は難しいです。

 

その他、発症した病気によって
対症療法免疫力を高めるような
治療をすることになります。

 

基本的に発症してしまえば、状態にも
よりますが、治すことは難しく、症状
を軽減させながらの延命治療になります。

 

また、すでに感染している猫を
発症させない
ようにすることが大事です。
(感染していても発症までの期間を
長引かせればそれだけ余命も長くなります)

 

発症を予防するには、
猫の飼育環境栄養管理とともに
ストレスからの回避が重要です。
要は、免疫力の低下を防ぐということで
猫にとって免疫力(抵抗力)低下を招く
大きな原因がストレスとされています。

 

なるべくストレスを与えないような
生活環境を整えてあげることが
大事になってきます。

 

また、持続的に体に抗ウイルス剤
を吸収させて発症を防ぐ、
インターフェロンを点眼にして
毎日さすという方法もあります。
(目の粘膜を介して吸収させる)

猫のリンパ腫!ステロイドやインターフェロンの治療効果は?

 

<予防のために>

 

・一番有効なのは、外に出さないこと。

・感染源の猫と接触させないこと。

 

そのためには、避妊や去勢手術が
重要になってきますね。

猫の避妊手術の必要性とメリット・デメリット!手術法や費用!

 

白血病ウイルス感染症は多くの場合、
猫同士のケンカで感染します。
猫のケンカ原因のほとんどは発情期
にメス猫を取り合ってするケンカです。

 

そのため、一番感染率が高いのが
ケンカの多い去勢していないオス猫
です。

 

それでもどうしてもお外に出る
ようなら、猫白血病ウイルスの
ワクチン接種
をすること。

 

ただし、ワクチンで100%防げる
かといえばそうとも言い切れません。

 

また、白血病ワクチンには副作用
も報告されています。

猫の混合ワクチンや白血病ワクチンの費用と副作用は?

 

ですから、
猫白血病ウイルス感染症の予防
に最も有効な
手段は、ネコさんに
避妊、去勢をすること!

です。

 

お外に出さないことももちろんですね。

 

そして、多頭飼育の場合には、
他猫とは生活空間を分ける必要が
あります。

もし、多頭飼育で一頭の猫に感染が
分かったら、まずは隔離、そして時期を
見て他の猫も全部検査を受けないといけません。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です